【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

タマネギは優れた薬効を持つ食材ですので、積極的にとりたいところですが、毎日、皮をむいて切るところから始めるのは、手間がかかります。タマネギをある程度、下ごしらえした状態で、常備しておくと便利でしょう。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)


油に溶けやすい薬効をいただく健康常備食

タマネギは優れた薬効を持つ食材ですので、積極的にとりたいところですが、毎日、皮をむいて切るところから始めるのは、手間がかかります。
タマネギをある程度、下ごしらえした状態で、常備しておくと便利でしょう。

近年話題の、タマネギを酢漬けにした「酢タマネギ」も、そうした方法の一つです。
そこで今回は、同様に簡便なうえ健康効果のある常備食として、「タマネギのオイル漬け」をご紹介しましょう。

タマネギのオイル漬けは、その名のとおり、みじん切りにしたタマネギを、オリーブオイルに漬け込んだ物です(作り方は下の図解参照)。
タマネギをオリーブオイルに漬けておくメリットは、五つあります。

❶タマネギの有効成分を増やした状態で摂取できる
❷有効成分が体内で吸収されやすくなる
❸オリーブオイルの健康効果もプラスされる
❹保存性が高まる
❺すぐに料理に使えて便利



作り方を順に追いつつ、これらのメリットについて説明しましょう。

タマネギの主成分は、含硫アミノ酸といって、イオウを含んだアミノ酸です。

タマネギを切るとその細胞膜が破壊され、酵素反応が始まります。
まず、辛み成分および催涙成分がほぼ同時に発生し、その後、におい成分などの脂溶性成分へと性質が変化します。
オイル漬けを作る際は、タマネギをみじん切りにするといいでしょう。
繊維を断ち切り酸素に触れる面を多くすると、酵素反応が起こりやすくなります。
細かく刻まなくても、粗みじん程度で十分です。

みじん切りにしたら、におい成分を増やすため、30分~1時間ほど放置し、空気にさらします。
一度こうしておけば、調理のたびに時間をおいて待つこともありません。

その後、清潔な瓶にタマネギを入れ、上からオリーブオイルを、ひたひたになるまで注いでください。

前項で述べたように、タマネギのにおい成分には、多くの健康効果があります(タマネギのにおい成分の記事はこちらを参照してください)。
この成分は脂溶性、つまり油に溶けやすい性質です。

油といっしょにとると、体内で吸収されやすくなるのです。
タマネギをあらかじめオリーブオイルに漬けておけば、わざわざ意識しなくても、油といっしょにとることができます。

オリーブオイルと合わせれば相乗効果!

こうしてタマネギを漬け込んだオリーブオイルには、におい成分が溶け出しています。
このオイルもぜひ、料理に活用してください。

オリーブオイルの主成分は、オレイン酸です。
これは、分子構造の違いから、不飽和脂肪酸のうちのオメガ9系に分類されます。

オレイン酸には、タマネギ同様に、悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を予防・改善する働きがあります。
加えて、高い抗酸化力がある点、老化防止や美肌、整腸に効果がある点などもタマネギと共通しています。

オリーブオイルとタマネギをいっしょにとることで、相乗効果が期待できるのです。
また、抗酸化力があるというのは、酸化しにくいということ。

最近ブームの、オメガ3系のエゴマ油やアマニ油は、酸化しやすく、扱いが難しいものです。
その点、オリーブオイルは、加熱調理にも向いています。

タマネギのにおい成分は、加熱すると10倍以上に増えるので、せっかくオイル漬けにするなら、加熱調理に向く油を選ぶのがベターです。
ちなみに、有効成分として名高いケルセチンも熱に強いので、加熱しても健康効果が損なわれることはありません。

酸化しにくいオリーブオイルに漬け込むことで、タマネギの保存性が高まるのも魅力です。
下ごしらえが済んだ状態のタマネギを、欲しいときにすぐ調理に加えることができるので、利便性にも優れています。

上記の作り方は、最も簡単な方法です。
ひと手間加え、作る段階でタマネギを電子レンジにかけて短時間加熱しておくと、料理にそのまま使う場合でも、より高い薬効が得られます。

前項を参照し、お望みの健康効果に合わせ、加熱する状態とタイミングを選びましょう。
おいしくて健康に役立ち、さまざまな料理に重宝するタマネギのオイル漬けを、ぜひお試しください。

西村弘行
北翔大学・北翔大学短期大学部学長。東海大学名誉教授。名古屋大学大学院農学研究科修士課程修了後、北海道大学にて農学博士号を取得。北海道大学助教授、北海道東海大学教授・学長を歴任し、現在に至る。タマネギのことなら何でもご存じの、タマネギ博士として有名。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


タマネギ 酢タマネギの効果

関連する投稿


健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

私は長年、タマネギの成分や効能について調べてきました。数ある食品の中で、タマネギほど健康効果の高い野菜は、そう多くはありません。その健康効果をもたらす成分は、大きく二つに分かれており、どのような成分で、どんな作用を持つのか、お話ししましょう。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【健康レシピ】玉ねぎが苦手でも美味しく食べられる「玉ねぎジャム」レシピ

【健康レシピ】玉ねぎが苦手でも美味しく食べられる「玉ねぎジャム」レシピ

タマネギが苦手な人でもおいしく食べられる。そのまま食べてもおいしいですし、普段のお料理に少し足すだけで、うま味が加わって、よりいっそうおいしくなります。【解説】五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家)


【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

数年前に、テレビで「酢タマネギ」が取り上げられているのを見ました。そのテレビで、酢タマネギには血液サラサラ効果があり、血糖値を下げ、美容にもよいと知りましたが、そのときは、やってみようとまでは思いませんでした。【体験談】今野真美(主婦・43歳)


【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

私は、10年ほど前からヘモグロビンA1cと血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、「酢玉ねぎ」を知ったので【体験談】森脇喜將(無職・82歳)


【酢玉ねぎ】を食べると私は心臓の苦しさが消えた 夫は血圧が下がって降圧剤が不要になった

【酢玉ねぎ】を食べると私は心臓の苦しさが消えた 夫は血圧が下がって降圧剤が不要になった

私たち夫婦は、1年以上前から「酢タマネギ」を食べています。きっかけは、本屋で見つけた『酢タマネギのすべてがわかる本』(マキノ出版)でした。そこには、酢タマネギを常食すればやせられるし、健康によいと紹介されていました。【体験談】竹村昭子(主婦・81歳)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)