【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。【解説】三浦於菟(東邦大学医療センター大森病院東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


血流がよくなり動脈硬化や脂質異常症も改善する

私は東洋医学の専門家としての観点から、タマネギの薬効についてお話しします。
中国語では、タマネギを「洋葱」といいます。

漢字からもわかるように、もとは西洋原産のネギですが、さまざまな健康効果があることは、中国でも古くから知られてきました。

タマネギは、漢方では主に、
❶去湿化痰作用
❷清熱解毒作用
❸平肝作用の三つの作用があります。

❶は、体内の水分の流れをよくして、タンを取り去る作用。
❷は、熱を冷ます解熱作用。

そして注目すべきは、❸の肝を穏やかに整える作用です。
東洋医学における「肝」の意味するところは、肝臓を中心として関係する範囲全体です。

血を貯蔵して流れを調整し、生命の維持活動に重要な役割を果たします。
情緒や目の働きとも深い関連があります。

肝がいい状態にあると、一種の生命エネルギーである「気」が、体中をスムーズに巡るので健康が保たれます。
逆に、気の巡りが悪いと、全身にさまざまな影響が及びます。

例えば、体の上の部分に気が集まると、頭に熱がこもり、足もとは冷えてしまいます。
健康にいいといわれる「頭寒足熱」ならぬ、「頭熱足寒」。

これは、西洋医学でいう高血圧の状態です。
めまいやほてり、耳鳴りといった自覚症状が現れます。

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。
頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。

それに伴い、めまい、ほてり、頭痛やイライラ、便秘、耳鳴りなどもよくなります。
近視や老眼、白内障といった目の症状の改善にも役立つでしょう。

捨てるにはもったいない強力な抗酸化力!

漢方では、中身の部分に薬効のある食べ物は、その皮の部分にも強い効能があるといわれています。
タマネギの場合、あの茶色い皮です。

タマネギの白い部分を積極的に食べるだけでも、これまで述べてきたような優れた健康効果を得ることができます。
そして、皮の成分を取り込むことで、さらなる効果を実感できます。

また、食べ物の表面である皮の成分を摂取することは、人体の表面に現れた症状を消し去ることに通ずるとも考えられています。
ですから、タマネギの皮は、肌荒れなど皮膚の症状の改善にも、大いに役立つのです。

漢方の古い医学書に、タマネギの皮だけの薬効を解説した文献や臨床例は見当たりません。
それでも、タマネギの持つ三つの作用が、白い部分と同等以上にあることは経験的にわかっており、よく知られています。

科学的に見ると、タマネギの皮には、ポリフェノール(色素成分)の一種であるケルセチンが非常に豊富に含まれています。
ケルセチンは強力な抗酸化力を持ち、高血圧や糖尿病、動脈硬化の予防・改善、アレルギー反応の抑制などに効果があることが、さまざまな研究により判明しています。

このタマネギのケルセチンを手軽に、効率的に摂取するためにお勧めなのが、皮を煎じて、お茶として飲む方法です(作り方は下の図解参照)。
1日にコップ2杯ほど飲用することで、先に挙げた諸症状が改善されると期待できます。

2番煎じまでは、有効でしょう。
タマネギの皮には、ただ捨てるにはもったいないほどの薬効が隠されています。

ぜひお試しになり、健康の向上に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

猫背を固定させないよう、こまめにリセットすること。効果的な方法として考案したのが「背伸ばし体操」です。この体操は、家事や仕事の合間などに手軽にでき、短時間でうつむき姿勢をリセットできます。背伸ばし体操は、ネコ背という姿勢の生活習慣病の「特効薬」と言えるでしょう。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)