【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


代謝を高めて腸内環境も改善

 日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。

 その中で、非常に大きな役目を果たしているのが「麹」です。麹は、蒸した米や麦、大豆などに麹菌を繁殖させたものです。麹がなければ、しょうゆもみそもみりんも酢も作れません。まさに「日本の発酵食品の母」ともいえる存在なのです。
 この麹のよさをダイレクトに活用できるのが「塩麹」です。塩麹は、麹に塩と水を加えて発酵させたもの。そのまま調味料として料理に使うと、さまざまなメリットが得られます。

①料理がおいしくなる
 塩麹には、アミラーゼやプロテアーゼなどの消化酵素が含まれています。これらが、食品のでんぷんやたんぱく質を分解して、甘味やうま味を醸し出し、食べ物をおいしくしてくれます。

②消化吸収がよくなる
 塩麹の消化酵素によって、食品の細胞がある程度分解されるので、消化吸収がよくなり、胃腸への負担が軽くなります。

③肥満予防や免疫力アップに役立つ
 塩麹には、ビオチン(ビタミンB7)を始めとするビタミンB群が豊富です。ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を高めてエネルギーの供給を円滑にし、脂肪や老廃物を排出する作用があるので、疲労の回復を早めたり、肥満を予防したりする効果が期待できます。また、でんぷんが分解されてできるオリゴ糖は、腸で乳酸菌のエサになり、乳酸菌を増やします。
 さらに、レジスタントプロテインという、消化されないたんぱく質も作られます。これは食物繊維と同じように、腸内で脂肪を捉えて排出するため、悪玉コレステロールを減らすことができます。
 このレジスタントプロテインやオリゴ糖の働きによって、腸内環境がよくなると、免疫力(病気に対する抵抗力)が高まり、さまざまな病気を予防できます。

④食品の保存性が高まる
 発酵は、腐敗と原理が同じで、菌が食品の栄養をエサにして繁殖します。その発酵の過程で、有害な腐敗菌の繁殖が抑えられ、腐敗しにくくなるのです。

老化を促進する物質を排除

 このように、塩麹には有用な働きがたくさんあります。加えて、私が塩麹に特に期待しているのが「減塩」です。塩麹を食卓塩の代わりに使えば、簡単に塩分の摂取量を減らせます。

 塩分の取り過ぎが、生活習慣病の大きな原因であることは、誰もが知るところで、高血圧や胃ガン、脳血管障害の発症に、塩分が深く関与しています。しかし、いくら減塩キャンペーンをしても実効性に乏しく、減塩は生活習慣病をコントロールする上での大きな課題でした。
 そこで、食卓塩の代わりに塩麹を使うのです。塩麹には麹が入っているので、その分、体内に取り込まれる塩分量が少なくなります。また、麹によってうま味が増すので、少ない塩味でもおいしく感じられます。

 それだけではありません。食卓塩を塩麹に置き換えることで、食卓塩を台所から駆逐できます。食卓塩のように精製された塩は、99%以上が塩化ナトリウムです。これが悪者で、生活習慣病のリスクを高めます。
 塩麹は、天然塩よりもさらに天然バランスのよい食品です。麹菌という生きたカビ菌が、絶妙なバランスで、天然の体によい物質を生み出します。それが、実はアンチエイジングにもつながるのです。

 私は抗老化・健康長寿という観点から食の研究を進めていますが、抗老化を阻む大きな原因が、人工的な食品です。精製された塩や砂糖、合成保存料、防腐剤、化学調味料、各種添加剤……。こうした人工的な食品が体内に入ると、体が酸化され、老化が進みます。その中でも、特に悪さをするのが、食卓塩と白砂糖です。

 調味料は、一度に使う量は少なくても、毎日三度の食事で使うので、累積するとその影響は計り知れません。それを台所から排除するだけでも、かなりアンチエイジングを推進できるのです。
 そのときに大きな役目を果たすのが、塩麹のような発酵食品です。塩麹を使うと、減塩になるだけでなく、防腐剤や保存料、化学調味料なども減らせます。先に書いたように、発酵によって保存性が高くなり、うま味や甘味が増すからです。

 塩麹は、江戸時代にはすでに、塩の代わりに使われていました。化学調味料も冷蔵庫もなかった時代は、こうした発酵食品を使って食品を保存したり、栄養価を高めたりして、病気を防いでいたのです。
 現代に生きる私たちは、江戸時代の生活に戻ることはできませんが、その知恵を生かすことはできます。ぜひ皆さんも賢い選択をして、台所からアンチエイジングを実践してください。

白澤卓二
順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。日本抗加齢医学学会理事。専門は、寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。『白澤卓二教授の100歳までボケない!太らない!朝のジュース&スープ』(マキノ出版)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


塩麹 免疫 減塩 発酵

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

我が家で天然酵母を作り始めたのは、2002年のことです。グラフィックデザイナーである父が、天然酵母パンの書籍の編集に携わったことがきっかけでした。出版後、全国の読者から、自家製の天然酵母パンが続々と送られてきたのです。【体験談】植田亜弥(COBOウエダ家スタッフ・45歳)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


【腸内環境を整える効果】便秘が解消して痩せた!ウエダ家の「昆布酵母」の作り方・飲み方

【腸内環境を整える効果】便秘が解消して痩せた!ウエダ家の「昆布酵母」の作り方・飲み方

コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし! 食生活に取り入れる人が急増中です。【料理】COBOウエダ家


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)