浅利妙峰さん【塩麹とは何か】米麹・塩・水だけで作れる万能調味料 減塩効果も

浅利妙峰さん【塩麹とは何か】米麹・塩・水だけで作れる万能調味料 減塩効果も

日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。【解説】石川惠美子(ジャーナリスト)


【体にいい万能調味料】「塩麹」の作り方&使い方

現代によみがえった万能調味料

創業320年の糀屋本店。現在の建物は150年前に建てられたもの。なお「糀」は米麹のことで、出来上がりの状態が、米に花が咲いたように見えることから。

 日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。
 みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。

 そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。それは、「塩麹」。料理がなんでもおいしくなると、インターネット上のレシピ投稿サイト「クックパッド」で大人気。そこで、塩麹を手作りから指導し、その普及に努める大分県佐伯市の麹専門店「糀屋本店」を訪ねました。

 佐伯市の中心部にある糀屋本店は、元禄2年(1689年)創業の老舗。店のたたずまいが、長い歴史を感じさせます。
「店は150年前の大火で建て替えましたが、麹を作っている土室は焼けずに残っています。この土室で、320年前から変わらずに麹を仕込んでいるんですよ」と、糀屋本店女将の浅利妙峰さんが、土室に案内してくれました。
 麹(米麹)は、蒸したうるち米に麹菌をまき、土室で寝かせて作ります。よい麹を作るには、温度と湿度の管理がとても大事だそうですが、土室が湿度を自然にコントロールしてくれるのだそうです。
 こうして麹を作っている麹専門店は、今やすっかり数が減ってしまいました。かつては佐伯市内に5軒あった麹屋も、今は糀屋本店のみ。全国でも、大小合わせて1200軒ほどしかないそうです。 

「日本の食文化は、麹などを代表とする発酵食品が支えています。家庭で麹を使って作る手作りの文化を途絶えさせたくない。そんな危機感から、麹の可能性をもっと多くの人に発信しなければと思って製品化したのが、塩麹なんですよ」と妙峰さん。
 塩麹は、江戸時代の文献にも載っている古いものです。これまでは知る人も少なかったのですが、おいしさや使い勝手のよさがじわじわと広がっています。
「塩麹は、麹、塩、水だけで簡単に作れるので、ぜひ手作りしてほしいですね。本当に便利ですよ」(妙峰さん)

 糀屋本店の塩麹を、ひとなめしてみました。最初に塩辛さが舌にピリリときますが、それはすぐに引き、後に、麹のほのかな甘味が残ります。塩だけの塩辛さではない、絶妙なうま味がありました。

320年前に作られた土室で寝かせて麹を作る

素材のうま味を引き出し減塩もできる

 妙峰さんは、塩麹を使った料理レシピを開発し、料理教室で教えています。
「これを使うと、料理の腕は変わらなくても、味は2段階アップします。素材のうま味が引き出されるから、誰が作ってもおいしくなります」(妙峰さん)

 この秘密は、麹菌にあります。麹菌から産生される酵素が、でんぷんをブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。その過程で、素材のうま味が引き出されるのです。
「しょうゆやみそは日本料理には合いますが、中華料理や西洋料理には限界があるでしょ。でも、塩麹は世界中の料理に使えるんです。塩は万国共通の調味料ですから」(妙峰さん)

 さらにうれしいのは、塩麹なら減塩ができることです。塩麹は、麹と塩と水を混ぜて作りますが、塩の割合は全体の8分の1。塩の2倍入れても、塩分は4分の1に抑えられます。それでも塩味は十分感じられるので、結果として減塩になるのです。
「料理に使うときの黄金比率は、素材の重さに対して10%の塩麹です」と言って、妙峰さんが塩麹を使った料理を振る舞ってくれました。イカの塩麹和え、アクアパッツァ、鶏とキビナゴの唐揚げ、そしてピザパイなど。
 どれも調味料は塩麹だけ。味付けは極めてシンプルです。しかし、食べてみてビックリ! とても、塩麹だけで作ったとは思えない、深みのあるおいしさです。

「しょうゆと砂糖で味付けすると、みんな同じ味になってしまうけど、塩麹ならそれぞれの料理の味になるんです。だから、イタリアンにも中華にも合うんですよ」(妙峰さん)
 塩麹は、まさに万能調味料。これ一つあれば、食卓はぐんと豊かになりそうです。

材料は麹と塩と水だけ。塩麹作りにチャレンジ!

塩麹と甘酒で生地を作ったピザ。もちもち食感で美味!

浅利妙峰
糀屋本店女将。麹の素晴らしさを多くの人に知ってもらい、次の世代へと伝えていくために、麹を使った調味料やレシピの考案、料理教室などを精力的に行う「こうじ屋ウーマン」。近著に『浅利妙峰が伝える初めての糀料理』(西日本新聞社)

【体にいい万能調味料】「塩麹」の作り方&使い方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)


【夏冷えを撃退】エアコンの効きすぎ対策にも 炭酸水で割る「手作りジンジャーエール」レシピ

【夏冷えを撃退】エアコンの効きすぎ対策にも 炭酸水で割る「手作りジンジャーエール」レシピ

ジンジャーシロップは、3~4倍で薄めて飲むのが基本。炭酸水でジンジャーエールにするのはもちろん、紅茶、牛乳、フルーツジュース、ビールとも相性がよく、おいしく健康的なドリンクが出来上がります。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【冷え性を改善】夏でも冬でも冷え知らず「ジンジャーシロップ」活用レシピ

【冷え性を改善】夏でも冬でも冷え知らず「ジンジャーシロップ」活用レシピ

ジンジャーシロップは、お酒に入れることもできます。バニラアイスに、ジンジャースライスをトッピングするのもお勧め。いろいろなものにジンジャーシロップとスライスを自由に追加して、毎日手軽にショウガを取る生活をしてみてください。気づいたら“冷え知らず”の体になっている可能性は大です。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【やせる食べ方】ダイエットに効果「酢トマト」基本の作り方

【やせる食べ方】ダイエットに効果「酢トマト」基本の作り方

酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理・レシピ考案・スタイリング】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【ダイエット効果】やせるおかずに一変!「酢トマト」活用レシピ

【ダイエット効果】やせるおかずに一変!「酢トマト」活用レシピ

酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理】柳澤英子(料理研究家・編集者)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】