【変形性膝関節症】安静第一は大間違い!注意が必要な「特発性骨壊死」との違いは

【変形性膝関節症】安静第一は大間違い!注意が必要な「特発性骨壊死」との違いは

運動不足になると体重も増加しがちです。体重が増えれば、ひざにかかる負担はより大きくなります。また、歩く際にバランスを調整する能力も低下します。これも、ひざへの負担を増大させることになります。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授)


使わなければ体の機能は急速に低下する!

ひざ痛に悩んでいる皆さんは、できるだけ痛みがひどくならないよう「安静第一」とお考えになっていませんか?
もちろん、ひざが熱を持って腫はれていたり炎症があったりして、痛みが出ている場合は別です。

無理をして動かさず、安静を保つ必要があります。
しかし、当座の症状が落ち着いて、痛みや腫れが引いたあとも、ずっと安静第一でいることは、ひざ痛の解消にとって決してよくありません。

なぜ、安静第一ではいけないのでしょうか。
中高年以降のかたで、ひざの代表的な病気は「変形性ひざ関節症」です。

主に加齢によって起こる疾患で、ひざの軟骨がすり減って痛みが生じます。
初めは、ひざがこわばるような軽い不快感や違和感から始まり、しだいに痛みが増していきます。

さらに悪化すると痛みが増大し、正座ができなくなったり歩くのがつらくなったりします。
症状が悪化して以降も、その痛みはいつも一定ではなく、痛い日もあれば少し楽な日もあるのが特徴です。

この変形性ひざ関節症の場合、ひどく痛みが出る日に無理をする必要はありませんが、「きょうは少し楽だな」と感じるなら、じっとしているよりもむしろ体を動かしたほうがいいのです。
安静にし過ぎることのマイナス面は、なんといっても「廃用性萎縮」の危険性です。

筋肉や靭帯、骨といった体の組織は、すべて使っているうちはその機能が保たれますが、使われなくなると、急速に低下していきます。
これが廃用性萎縮です。

安静第一でひざを大事にし過ぎると、ひざ周辺の機能が低下し、筋力がどんどん落ちていきます。
その結果、太ももの大腿四頭筋やひざ周りの靭帯など、ひざ関節を支えて負荷を和らげてくれるはずの組織が弱くなってしまうのです。

すると、ひざ関節をきちんと支えることができなくなり、歩行時のひざへの衝撃が大きくなります。
その結果、変形した軟骨をさらに痛めつけてしまうことになります。

運動不足になると、体重も増加しがちです。体重が増えれば、ひざにかかる負担はより大きくなります。
また、歩く際にバランスを調整する能力も低下します。

これも、ひざへの負担を増大させることになります。
このようなさまざまな悪影響が重なると、軟骨の変形が進んでしまうのです。

変形をそれ以上進行させないためにも、できるだけ積極的に体を動かす必要があります。

太ももをできるだけ高く上げて歩くと効果大!

変形性ひざ関節症のかたに勧めたい運動としては、手軽で実践しやすい「ウォーキング」がいちばんでしょう。
私は患者さんに、少なくとも1日30分のウォーキングをお勧めしています。

まとめて時間を取れないというかたには、「1回10分のウォーキングを3回でもいいですよ」といっています。
歩くことは、ひざ周辺の筋力の衰えや機能低下を予防するうえで非常に有用です。

変形してしまった軟骨を元に戻すことはできませんが、運動することで筋肉を強化し、若返らせることは可能です。
ひざ周辺の筋肉が若返って強化されれば、ひざへの負担は減り、痛みも楽になってくるはずです。

歩くことによって、ひざ軟骨の衝撃を和らげる機能を保つ効果も期待できます。
軟骨をそれ以上すり減らさないために、適切な運動による刺激を与えて、軟骨のスポンジ機能を保つことも重要です。

ウォーキングといっても、無理に速く歩く必要はありません。
ご自分のペースでけっこうです。

その際、できるだけ太ももを高く上げて歩くようにしてください。
ひざを支える筋肉を強化する効果が高まります。

もし、歩いている最中や翌日に、ひざに痛みが出た場合、負荷が強過ぎたと考えられます。
炎症や軟骨損傷の原因になるので、歩く距離や時間を減らし、様子を見てください。

靴選びも重要です。ウォーキング用の靴でなくてもかまいませんが、クッション性の高い靴をはいたほうがよいでしょう。
靴底のクッションによって、歩く際にひざが受ける衝撃を和らげることができます。

ちなみに、「特発性骨壊死」という病気には注意が必要です。
変形性ひざ関節症と症状が似ているので間違えやすいのですが、この病気であることを知らずに我慢してウォーキングを実践すると、どんどん悪化してしまいます。

特発性骨壊死の特徴は、夜間痛があることです。
変形性ひざ関節症の場合は、横になっているときには、体重の負荷がかからないためあまり痛みません。

夜、床に就いているときにもひざに痛みがある場合は、特発性骨壊死の疑いがあります。
一度整形外科で診察を受けることをお勧めします。

重大なひざの疾患がなく、変形性ひざ関節症であると診断されたら、小まめに歩く機会を作ってください。
根気よく続ければ、ひざ痛を軽減することができるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

プライマリーウォーキングの特徴は、かかと体重で脚を後ろに残して歩くということです。行進歩行のように脚を前に上げることを意識すると、腸腰筋を緊張させて使うため、筋肉が疲れて腰が丸まってしまいます。ひざや股関節に負担がかかりゆがみや痛みを引き起こすのです。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

私は5~6年ほど前に、急に右ひざが痛むようになりました。そこで2年ほど前から、毎日、お風呂に入ったときに、湯船で10~15分くらい足の爪をもんでみたのです。半年ほどした頃、イスに腰かけたときも、右ひざが曲げられるようになり、左右の足をそろえて座ることができます。階段も平気です。【体験談】加藤静子(主婦・72歳)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)