MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【人気1位】

【人気1位】 "塩麹" の作り方と使い方 簡単に作れる万能調味料

麹・塩・水を混ぜるだけで簡単に手作りできて、食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」。「塩麹」の作り方と使い方をご紹介します。【構成】『安心』編集部

食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」

3ステップで仕込み終了!塩麹の作り方

塩麹の作り方はとても簡単。
麹3:塩1:水3〜4の割合で混ぜ合わせるだけです。
1週間から10日ほどで発酵が進み、まろやかな塩味とうま味のある塩麹が出来上がります。

●材料(作りやすい分量)
生麹……200g
塩……70ℊ
水……200〜250㎖
※塩は天然塩を使います。ただし、岩塩は向かないようです。
※水は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水を使いますが、アルカリ水は適しません。

❶麹をほぐす
麹をよくもみほぐして、パラパラの状態にします。

❷塩を加えてよくもみ込む
麹と塩を混ぜ、手でよくもみ込みます。麹がしっとりして、手で握ると固まるくらいまでもんでください。

❸水を注いで混ぜる
水を注ぎ、白濁するまで手で混ぜ合わせます。水はひたひたの量が目安なので、足りないようなら適宜追加してください。

出来上がり!
味見をして、塩と麹がなじんでほんのり甘味が感じられたら出来上がりです。
※保存容器に移して、常温のまま1週間〜10日ほど置きます。その間、1日1回かき混ぜます。水が少なくなったら、水を適宜足してひたひた状態を保つようにします。

●出来上がったらふたをして、冷蔵庫で保存してください。使用期限の目安は約6ヵ月ですが、期限を過ぎても、味に異常がなければ使用可能です。
●雑菌が入ると腐敗することがあるので、スプーンなどは、きれいに洗ったものを使ってください。
●ドレッシング用の容器などに移しておくと、使いやすく便利です。
●塩麹作りで、もし麹が余ってしまったら、手持ちのみそに加えると、みそがおいしくなります。
●塩麹は、乾燥麹でも作れます。作り方は基本的には同じですが、乾燥麹は戻るまで水を吸うので、常に水がひたひた状態になるように、毎日水を足してください。

塩麹の使い方

素材の重さに対し、10%の塩麹を使用するのが基本です。

【野菜に】
 野菜の重さの10%の塩麹をぬり、容器に入れて一晩寝かせれば、おいしい漬物の出来上がり。時間のない場合は、ビニール袋に野菜と塩麹を入れてもみ、1〜2時間おけば、簡単に浅漬けが作れます。塩麹も洗い流さずに食べることができます。

【肉や魚に】
 素材にまぶして、焼いたり蒸したりしてみてください。塩麹だけでも、驚くほどのおいしさになります。

【その他】
 塩を使うお料理に、塩の代わりに使ってみてください。スープや鍋の味付けにもお勧めです。また、玄米を炊くときに、塩の代わりに塩麹を入れると、おいしく炊き上がります(玄米3合に対し、塩麹大さじ1が目安)

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt