【人気1位】 "塩麹" の作り方と使い方 簡単に作れる万能調味料

【人気1位】 "塩麹" の作り方と使い方 簡単に作れる万能調味料

麹・塩・水を混ぜるだけで簡単に手作りできて、食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」。「塩麹」の作り方と使い方をご紹介します。【構成】『安心』編集部


3ステップで仕込み終了!塩麹の作り方

塩麹の作り方はとても簡単。
麹3:塩1:水3〜4の割合で混ぜ合わせるだけです。
1週間から10日ほどで発酵が進み、まろやかな塩味とうま味のある塩麹が出来上がります。

●材料(作りやすい分量)
生麹……200g
塩……70ℊ
水……200〜250㎖
※塩は天然塩を使います。ただし、岩塩は向かないようです。
※水は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水を使いますが、アルカリ水は適しません。

❶麹をほぐす
麹をよくもみほぐして、パラパラの状態にします。

❷塩を加えてよくもみ込む
麹と塩を混ぜ、手でよくもみ込みます。麹がしっとりして、手で握ると固まるくらいまでもんでください。

❸水を注いで混ぜる
水を注ぎ、白濁するまで手で混ぜ合わせます。水はひたひたの量が目安なので、足りないようなら適宜追加してください。

出来上がり!
味見をして、塩と麹がなじんでほんのり甘味が感じられたら出来上がりです。
※保存容器に移して、常温のまま1週間〜10日ほど置きます。その間、1日1回かき混ぜます。水が少なくなったら、水を適宜足してひたひた状態を保つようにします。

●出来上がったらふたをして、冷蔵庫で保存してください。使用期限の目安は約6ヵ月ですが、期限を過ぎても、味に異常がなければ使用可能です。
●雑菌が入ると腐敗することがあるので、スプーンなどは、きれいに洗ったものを使ってください。
●ドレッシング用の容器などに移しておくと、使いやすく便利です。
●塩麹作りで、もし麹が余ってしまったら、手持ちのみそに加えると、みそがおいしくなります。
●塩麹は、乾燥麹でも作れます。作り方は基本的には同じですが、乾燥麹は戻るまで水を吸うので、常に水がひたひた状態になるように、毎日水を足してください。

塩麹の使い方

素材の重さに対し、10%の塩麹を使用するのが基本です。

【野菜に】
 野菜の重さの10%の塩麹をぬり、容器に入れて一晩寝かせれば、おいしい漬物の出来上がり。時間のない場合は、ビニール袋に野菜と塩麹を入れてもみ、1〜2時間おけば、簡単に浅漬けが作れます。塩麹も洗い流さずに食べることができます。

【肉や魚に】
 素材にまぶして、焼いたり蒸したりしてみてください。塩麹だけでも、驚くほどのおいしさになります。
【その他】
 塩を使うお料理に、塩の代わりに使ってみてください。スープや鍋の味付けにもお勧めです。また、玄米を炊くときに、塩の代わりに塩麹を入れると、おいしく炊き上がります(玄米3合に対し、塩麹大さじ1が目安)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


塩麹 万能調味料 発酵

関連する投稿


【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

【便秘を解消する食べ物】乳酸菌と水溶性食物繊維が豊富な "フルーツ水キムチ"とは

腸内環境を整えるために、毎日摂取したいのが「発酵食品」です。今回ご紹介する「フルーツ水キムチ」も、その一つです。水キムチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく豊富に含み、腸内環境を整えるには抜群の効果があります。しかも、辛くないので食べやすいキムチです。【解説】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


【頑固な便秘】が解消した!乳酸菌がキムチの2倍「フルーツ水キムチ」ダイエット効果も

【頑固な便秘】が解消した!乳酸菌がキムチの2倍「フルーツ水キムチ」ダイエット効果も

フルーツと野菜を漬け汁に入れて漬けこむだけ。翌日には、乳酸菌が普通のキムチの2倍も含まれているといわれる、フルーツ水キムチが出来上がります。トウガラシやニンニクは使わないので、においも辛さもありません。新しい発酵食品の魅力に迫ります。【解説】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


【便秘解消・ダイエット効果】においも辛さもなし!おいしい「フルーツ水キムチ」の作り方

【便秘解消・ダイエット効果】においも辛さもなし!おいしい「フルーツ水キムチ」の作り方

フルーツと野菜を漬け汁に入れて漬けこむだけ。翌日には、乳酸菌が普通のキムチの2倍も含まれているといわれる、フルーツ水キムチが出来上がります。トウガラシやニンニクは使わないので、においも辛さもありません。新しい発酵食品の魅力に迫ります。【監修】奥田涼子(発酵・腸内美人教室主宰)


腸内環境が整う【食べる甘酒とは】作り方と食べ方 ダイエットレシピ(3)

腸内環境が整う【食べる甘酒とは】作り方と食べ方 ダイエットレシピ(3)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みと、お粥のような食感が特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【こうじ納豆の人気レシピ】麹納豆を使ったチャーハンと大根カナッペの作り方

【こうじ納豆の人気レシピ】麹納豆を使ったチャーハンと大根カナッペの作り方

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)