医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

私たちのひざは、さまざまな方向から筋肉によって支えられており、筋肉の強さは、ひざの安定性に直結します。内側広筋が弱くなると、太ももの外側の筋肉に頼って動くため、さらに筋肉の偏りが大きくなります。こうした筋肉のアンバランスがひざに負担をかけ、痛みの原因となるのです。【解説】黒木伸一(くろしん接骨院院長)


ひざを支える筋肉を効率的に強くする!

ひざ痛の患者さんを治療していると、ある共通点に気づきます。
太ももの外側の筋肉がパンパンに張っているのに、太ももの内側からひざのお皿の内側についている筋肉(内側広筋)が弱ってフニャフニャなのです。

ひざ上の内側付近を触ってみてください。
弾力性がなく、押すとすぐに骨を感じませんか。

また、ひざを伸ばして太ももに力を入れたとき、太ももの前面や外側は筋肉がかたく盛り上がるのに、内側は平らなままではありませんか。
どちらも、内側広筋が弱い人に現れる特徴です。

私たちのひざは、さまざまな方向から筋肉によって支えられており、筋肉の強さは、ひざの安定性に直結します。
内側広筋が弱くなると、太ももの外側の筋肉に頼って動くため、さらに筋肉の偏りが大きくなります。

こうした筋肉のアンバランスがひざに負担をかけ、痛みの原因となるのです。
ですから、ひざ痛を改善するためには、太ももの内側の筋肉を強化することが重要です。

筋肉がバランスよく鍛えられると、ひざがしっかり支えられて痛みは軽減します。
また、ひざを動かしやすくなり、階段の上り下りなどが楽になります。

ただ、一つ問題があります。内側広筋は、かなり鍛えにくいのです。
歩くだけではうまく使えないので、ウォーキングでは鍛えられません。

四股やスクワットは、一般的に「太ももに効く」とされますが、よほど意識して動かさないと、内側広筋は十分に強化できません。
鍛えにくい筋肉をどのように鍛えたらいいか、私はいろいろ試しました。

その結果、たどりついたセルフケアが、今回ご紹介する「すり足体操」です。
空手に、「前屈立ち」という基本姿勢があります。

両足を前後に開き、前の足のひざを曲げて腰を落とし、後ろ足を伸ばします。
前の足だけで立ち、後ろの足を前に踏み出したり、蹴りを出したりするけいこをします。

重心を変えずに片足立ちをする訓練になり、その過程で内側広筋が鍛えられます。
私は、前屈立ちにヒントを得て、内側広筋を効果的に鍛える体操を考案しました。

詳しいやり方は、下の写真図解をご覧ください。
イスの背やテーブル、手すりなどにつかまってもけっこうです。

慣れてきたら、両手を広げて、バランスを取りながら行ってみましょう。

すり足体操のやり方

姿勢をまっすぐ保つことでも改善効果は上がる

この体操は、痛むほうの足に体重をかけ、鍛えるのが目的です。
両足とも行う必要はなく、痛む側だけ、1日3回くらい行ってください。

腰を落とすときには、イスから立ち上がるところをイメージしましょう。
ただし、この体操では、背すじをまっすぐ保ち、頭は背骨の真上、顔が正面を向くことが肝心です。

というのも、姿勢の悪さは、ひざ痛を引き起こす有力な要因となるからです。
私たちの頭は、通常5kgほどの重さがあります。

それを、S字状の緩やかなカーブを描く背骨が支え、バネのように衝撃を分散しているのです。
ネコ背になって首が前に出ると、頭が背骨の真上にのらず、頭の重さが分散されません。

さらに、頭の重さで前に傾いた重心とバランスを取るために、腰とひざに負担がかかるのです。
この体操をくり返すことは、姿勢をまっすぐに保つ訓練も兼ねているとお考えください。

また、ひざ痛の人は、大殿筋や中殿筋など、お尻の筋肉も弱っているケースが少なくありません。
お尻の筋肉が弱ると、骨盤を正しく支えられず、歩くたびに骨盤がねじれます。

その動きも、ひざの負担となります。
この体操は、お尻の筋肉も鍛えられるので、骨盤の安定や歩き方の改善にも役立ちます。

ただし、ひざに腫れや熱がある間は体操を控えてください。
症状が落ち着き、医師から運動を勧められてから始めましょう。

また、ひざ関節の変形が進行し、運動を止められている人も行わないでください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ひざ痛

関連する投稿


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 


ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)