MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

「立ち上がるときに痛い」「階段を下るときに痛みが出る」「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは「変形性ひざ関節症」と考えられます。私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授) 

軟骨がすり減らないよう現状を保つことが肝心

「立ち上がるときに痛い」、「階段を上るときはなんともないけど、下るときに痛みが出る」、「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは、「変形性ひざ関節症」と考えられます。
これは、ひざの軟骨がすり減って骨どうしが接触しやすくなることによって、痛みが出たり炎症が起こったりする病気です。

変形性ひざ関節症の主な原因は、加齢によるものです。
50代で約5割、70~80代でおよそ7~8割の人がなるともいわれています。

つまり、変形性ひざ関節症は、私たちの誰もがかかる可能性があるのです。
残念なことに、いったんすり減った軟骨を元に戻すことはできません。

いくらサプリメントや薬を飲んでも、変形した軟骨を元に戻すのはかなり困難といえます。
ですから、軟骨がすり減り始めて痛みを感じるようになったら、軟骨がそれ以上すり減らないよう、現状を保つことが肝心なのです。

また、今のところはひざが悪くなっていないかたも、悪くなる前に変形性ひざ関節症の予防に努めるべきです。
では、変形性ひざ関節症の予防・改善のために必要なポイントについて、別記事では、適切な運動を行い、ひざを支える筋肉を強化することをお勧めしました。

ここでは、特に食生活についてお話ししましょう。
日ごろの食事でまず心がけるべきことは、摂取カロリーを減らして体重を落とすことです。

歩くときにひざにかかる重量は、体重の3倍ともいわれています。
体重が重くなればなるほど、ひざへの負担は大きくなります。
現在、体重がかなり重く、ひざの痛みを感じている人は、ウォーキングなどをしながら減量に努めましょう。

次に、栄養バランスの取れた食事をすることも大切です。
骨や筋肉などの組織は、食事から摂取する栄養素を基に作られています。
炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、バランスよくしっかりとれば、ひざを支える骨や筋肉を丈夫にすることにつながります。

古来、薬として用いられてきたショウガ

抗炎症作用が軟骨のすり減りと痛みを軽減

私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。
ショウガが古来、薬用に利用されてきた健康効果の高い食材であることは皆さんもご存じでしょう。

例えば、ショウガの辛味成分であるジンゲロールは、痛みを抑えたり、抗炎症作用を発揮したりすることが知られています。
また、ショウガを加熱すると、ジンゲロールの一部が、ショウガオールという物質に変化します。
このショウガオールには、血行促進効果があり、冷え症の解消によいとされています。

さらにショウガには、優れた抗酸化作用があります。
変形性ひざ関節症は、ひざの老化によって起こる症状です。
ショウガの持っている優れたアンチエイジング効果は、ひざ痛の緩和にいい影響をもたらすでしょう。

海外の論文などを調べてみると、ショウガを摂取したことで、変形性ひざ関節症の痛みが軽減したという報告がなされています。

例えば、2001年に実施された、マイアミ大学のアルトマン教授の研究は、非常に興味深いものです。
これは、変形性ひざ関節症の患者さん261人を対象にした臨床実験です。
この261人を、ショウガエキスを毎日摂取したグループと、摂取しないグループという二つの群に分け、6週間にわたって、痛みの感じ方がどう変わったかを観察したのです。

すると、ショウガエキスを摂取したグループでは、痛みがおよそ4割軽減したという結果が出ています。
変形性ひざ関節症では、軟骨に炎症が起こると、痛みがひどくなるだけでなく、炎症が軟骨のすり減りを進行させてしまいます。

つまり、炎症を抑えることが、症状の悪化を防ぐことにもつながるわけです。
ショウガが持っている抗炎症作用により、炎症を防いで痛みを軽減すると考えられます。

この実験の場合、ショウガエキスを1日に約60g摂取しています。
市販されているすり下したショウガのチューブにすれば、およそ1本半分ですから、かなりの量です。
実際、これほどの量を毎日摂取することは難しいとは思いますが、いずれにしても、ショウガを積極的に食事の中に取り入れることは、ひざの健康を保つうえで、非常にお勧めです。

ショウガは、炒め物、みそ汁やスープなど、多くのレシピに利用することができます。
すり下ろして紅茶に加えてもおいしいでしょう。
血行と代謝を促進し、ダイエットの補助食品としても有効なので、ひざ痛の大敵である肥満解消にも役立ちます。

ひざ痛にお悩みの皆さんは、日ごろから積極的にショウガを摂取してください。

代謝を上げればダイエット効果も

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt