医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

「立ち上がるときに痛い」「階段を下るときに痛みが出る」「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは「変形性ひざ関節症」と考えられます。私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授) 


軟骨がすり減らないよう現状を保つことが肝心

「立ち上がるときに痛い」、「階段を上るときはなんともないけど、下るときに痛みが出る」、「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは、「変形性ひざ関節症」と考えられます。
これは、ひざの軟骨がすり減って骨どうしが接触しやすくなることによって、痛みが出たり炎症が起こったりする病気です。

変形性ひざ関節症の主な原因は、加齢によるものです。
50代で約5割、70~80代でおよそ7~8割の人がなるともいわれています。

つまり、変形性ひざ関節症は、私たちの誰もがかかる可能性があるのです。
残念なことに、いったんすり減った軟骨を元に戻すことはできません。

いくらサプリメントや薬を飲んでも、変形した軟骨を元に戻すのはかなり困難といえます。
ですから、軟骨がすり減り始めて痛みを感じるようになったら、軟骨がそれ以上すり減らないよう、現状を保つことが肝心なのです。

また、今のところはひざが悪くなっていないかたも、悪くなる前に変形性ひざ関節症の予防に努めるべきです。
では、変形性ひざ関節症の予防・改善のために必要なポイントについて、別記事では、適切な運動を行い、ひざを支える筋肉を強化することをお勧めしました。

ここでは、特に食生活についてお話ししましょう。
日ごろの食事でまず心がけるべきことは、摂取カロリーを減らして体重を落とすことです。

歩くときにひざにかかる重量は、体重の3倍ともいわれています。
体重が重くなればなるほど、ひざへの負担は大きくなります。
現在、体重がかなり重く、ひざの痛みを感じている人は、ウォーキングなどをしながら減量に努めましょう。

次に、栄養バランスの取れた食事をすることも大切です。
骨や筋肉などの組織は、食事から摂取する栄養素を基に作られています。
炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、バランスよくしっかりとれば、ひざを支える骨や筋肉を丈夫にすることにつながります。

古来、薬として用いられてきたショウガ

抗炎症作用が軟骨のすり減りと痛みを軽減

私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。
ショウガが古来、薬用に利用されてきた健康効果の高い食材であることは皆さんもご存じでしょう。

例えば、ショウガの辛味成分であるジンゲロールは、痛みを抑えたり、抗炎症作用を発揮したりすることが知られています。
また、ショウガを加熱すると、ジンゲロールの一部が、ショウガオールという物質に変化します。
このショウガオールには、血行促進効果があり、冷え症の解消によいとされています。

さらにショウガには、優れた抗酸化作用があります。
変形性ひざ関節症は、ひざの老化によって起こる症状です。
ショウガの持っている優れたアンチエイジング効果は、ひざ痛の緩和にいい影響をもたらすでしょう。

海外の論文などを調べてみると、ショウガを摂取したことで、変形性ひざ関節症の痛みが軽減したという報告がなされています。

例えば、2001年に実施された、マイアミ大学のアルトマン教授の研究は、非常に興味深いものです。
これは、変形性ひざ関節症の患者さん261人を対象にした臨床実験です。
この261人を、ショウガエキスを毎日摂取したグループと、摂取しないグループという二つの群に分け、6週間にわたって、痛みの感じ方がどう変わったかを観察したのです。

すると、ショウガエキスを摂取したグループでは、痛みがおよそ4割軽減したという結果が出ています。
変形性ひざ関節症では、軟骨に炎症が起こると、痛みがひどくなるだけでなく、炎症が軟骨のすり減りを進行させてしまいます。

つまり、炎症を抑えることが、症状の悪化を防ぐことにもつながるわけです。
ショウガが持っている抗炎症作用により、炎症を防いで痛みを軽減すると考えられます。

この実験の場合、ショウガエキスを1日に約60g摂取しています。
市販されているすり下したショウガのチューブにすれば、およそ1本半分ですから、かなりの量です。
実際、これほどの量を毎日摂取することは難しいとは思いますが、いずれにしても、ショウガを積極的に食事の中に取り入れることは、ひざの健康を保つうえで、非常にお勧めです。

ショウガは、炒め物、みそ汁やスープなど、多くのレシピに利用することができます。
すり下ろして紅茶に加えてもおいしいでしょう。
血行と代謝を促進し、ダイエットの補助食品としても有効なので、ひざ痛の大敵である肥満解消にも役立ちます。

ひざ痛にお悩みの皆さんは、日ごろから積極的にショウガを摂取してください。

代謝を上げればダイエット効果も

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)


黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)