【ひざ痛に生姜の効果】軟骨再生に役立つ効能 味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

【ひざ痛に生姜の効果】軟骨再生に役立つ効能 味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

「立ち上がるときに痛い」「階段を下るときに痛みが出る」「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは「変形性ひざ関節症」と考えられます。私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授) 


軟骨がすり減らないよう現状を保つことが肝心

「立ち上がるときに痛い」、「階段を上るときはなんともないけど、下るときに痛みが出る」、「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは、「変形性ひざ関節症」と考えられます。
これは、ひざの軟骨がすり減って骨どうしが接触しやすくなることによって、痛みが出たり炎症が起こったりする病気です。

変形性ひざ関節症の主な原因は、加齢によるものです。
50代で約5割、70~80代でおよそ7~8割の人がなるともいわれています。

つまり、変形性ひざ関節症は、私たちの誰もがかかる可能性があるのです。
残念なことに、いったんすり減った軟骨を元に戻すことはできません。

いくらサプリメントや薬を飲んでも、変形した軟骨を元に戻すのはかなり困難といえます。
ですから、軟骨がすり減り始めて痛みを感じるようになったら、軟骨がそれ以上すり減らないよう、現状を保つことが肝心なのです。

また、今のところはひざが悪くなっていないかたも、悪くなる前に変形性ひざ関節症の予防に努めるべきです。
では、変形性ひざ関節症の予防・改善のために必要なポイントについて、別記事では、適切な運動を行い、ひざを支える筋肉を強化することをお勧めしました。

ここでは、特に食生活についてお話ししましょう。
日ごろの食事でまず心がけるべきことは、摂取カロリーを減らして体重を落とすことです。

歩くときにひざにかかる重量は、体重の3倍ともいわれています。
体重が重くなればなるほど、ひざへの負担は大きくなります。
現在、体重がかなり重く、ひざの痛みを感じている人は、ウォーキングなどをしながら減量に努めましょう。

次に、栄養バランスの取れた食事をすることも大切です。
骨や筋肉などの組織は、食事から摂取する栄養素を基に作られています。
炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、バランスよくしっかりとれば、ひざを支える骨や筋肉を丈夫にすることにつながります。

抗炎症作用が軟骨のすり減りと痛みを軽減

私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。
ショウガが古来、薬用に利用されてきた健康効果の高い食材であることは皆さんもご存じでしょう。

例えば、ショウガの辛味成分であるジンゲロールは、痛みを抑えたり、抗炎症作用を発揮したりすることが知られています。
また、ショウガを加熱すると、ジンゲロールの一部が、ショウガオールという物質に変化します。
このショウガオールには、血行促進効果があり、冷え症の解消によいとされています。

さらにショウガには、優れた抗酸化作用があります。
変形性ひざ関節症は、ひざの老化によって起こる症状です。
ショウガの持っている優れたアンチエイジング効果は、ひざ痛の緩和にいい影響をもたらすでしょう。

海外の論文などを調べてみると、ショウガを摂取したことで、変形性ひざ関節症の痛みが軽減したという報告がなされています。

例えば、2001年に実施された、マイアミ大学のアルトマン教授の研究は、非常に興味深いものです。
これは、変形性ひざ関節症の患者さん261人を対象にした臨床実験です。
この261人を、ショウガエキスを毎日摂取したグループと、摂取しないグループという二つの群に分け、6週間にわたって、痛みの感じ方がどう変わったかを観察したのです。

すると、ショウガエキスを摂取したグループでは、痛みがおよそ4割軽減したという結果が出ています。
変形性ひざ関節症では、軟骨に炎症が起こると、痛みがひどくなるだけでなく、炎症が軟骨のすり減りを進行させてしまいます。

つまり、炎症を抑えることが、症状の悪化を防ぐことにもつながるわけです。
ショウガが持っている抗炎症作用により、炎症を防いで痛みを軽減すると考えられます。

この実験の場合、ショウガエキスを1日に約60g摂取しています。
市販されているすり下したショウガのチューブにすれば、およそ1本半分ですから、かなりの量です。
実際、これほどの量を毎日摂取することは難しいとは思いますが、いずれにしても、ショウガを積極的に食事の中に取り入れることは、ひざの健康を保つうえで、非常にお勧めです。

ショウガは、炒め物、みそ汁やスープなど、多くのレシピに利用することができます。
すり下ろして紅茶に加えてもおいしいでしょう。
血行と代謝を促進し、ダイエットの補助食品としても有効なので、ひざ痛の大敵である肥満解消にも役立ちます。

ひざ痛にお悩みの皆さんは、日ごろから積極的にショウガを摂取してください。

→【関連記事】変形性膝関節症を改善する「軟骨再生ウォーキング」
【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事「OK食品・NG食品」を専門医が紹介
【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

私の元気の秘訣は、肝臓にあります。常に肝臓をいたわることを意識し、できるだけ大切にしています。若々しくて健康的な体を維持するには、肝臓を大切にする必要があるのです。肝臓が働きやすいように、肝臓の血流をよくすることも大事です。それには、今回ご紹介する「肝臓の温め」が最適です。【解説】野村喜重郎(野村消化器内科院長)


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)