【作り方・やり方】膝痛を改善するセルフケア「しょうがこんにゃく灸」

【作り方・やり方】膝痛を改善するセルフケア「しょうがこんにゃく灸」

「寒くなるとひざが痛む」という人は多いのではないでしょうか。そうしたひざ痛は、ひざ周辺の筋肉がこわばることで起こっています。ショウガコンニャク灸は、肩こりや腰痛、眼精疲労など、温めることで緩和する症状に効果があります。ひざ痛以外にも活用してください。【解説】橋爪佐和子(鍼灸の四次元堂所長・鍼灸指圧師)


コンニャクから出る蒸気で体の深部まで熱が届く

「寒くなるとひざが痛む」という人は多いのではないでしょうか。
そうしたひざ痛は、ひざ周辺の筋肉がこわばることで起こっています。

このような場合、ひざを温めて血行を促進することが有効です。
筋肉が緩んで、柔軟性を取り戻すことで、痛みが改善するのです。

私が患者さんに勧めるセルフケアに、「コンニャク灸」があります。
灸といっても火は使いません。

70度くらいに温めたコンニャクを手ぬぐいで包み、肌に当てる自己療法です。
ポイントは、コンニャクから出る温かい蒸気です。

東洋医学では、蒸気を含む温熱を「湿熱」といい、皮膚の表面だけでなく、体の深部まで熱を届けたいときに使います。
コンニャク灸は、20分程度で冷めるので、低温ヤケドの心配はありません。

また、皮膚が乾燥しないのも、うれしい利点です。
ひざ痛の患者さんには、ショウガをプラスする「ショウガコンニャク灸」をお勧めしています。

詳しいやり方は、下の写真図解をご覧ください。

ショウガは古来、優れた薬効で重用されてきた生薬(漢方薬の材料)です。

現代の栄養学でも、ショウガに含まれるジンゲオールという成分に、血行を促進する作用が確認されています。
実際、薄く切ったショウガを皮膚に当てるだけでも、皮膚の表面がジワジワと温かくなるのがわかります。

この上からコンニャク灸のスチーム温熱を当てることで、より効果的に血行をよくすることができるのです。
当てる場所は、ひざ裏の真ん中辺りにある委中というツボ。

委中は、ひざ痛改善の特効ツボとされています。
それ以外に、痛む場所に行ってもかまいません。

どちらか一方のひざが痛む場合も、両ひざにショウガコンニャク灸をしましょう。
痛む足を、反対の足がかばって痛くなるのは、よくあることです。

予防を兼ねて、両ひざともにケアしてください。
ショウガコンニャク灸を行うと、その場で痛みが和らぐことも少なくありません。

習慣にすることで、長年悩んでいた痛みが改善し、再発の予防にも役立ちます。
手ぬぐいを使うので、しっかり結べば、家の中の移動程度なら支障ありません。

患者さんのなかには、ショウガコンニャク灸をしながら、デスクワークや家事をこなす人もいます。
50代でバレエを始めた主婦のAさんは、教室に通い始めて1ヵ月ほどでひざ痛を発症。

当院で「ショウガコンニャク灸」を行ったあと、自宅でも毎晩、セルフケアとして行ったところ、1週間で痛みがほとんど解消したと喜んでいました。

肩こりや腰痛眼精疲労にもお勧め

私がコンニャク灸を始めたきっかけは、四次元堂の創始者である祖父にさかのぼります。
祖父は、自然素材で治癒力を引き出す療法を大切にしていて、すでにコンニャク灸も行っていたようです。

そんな祖父の娘である私の母は、鍼灸師ではありませんが、やはりショウガなどの薬効を生活のなかで重視していました。
祖父と母の影響を受けた私が、当院の2代目となったある日、患者さんに「火を使うお灸は怖い」といわれたのです。

そこで、手軽にお灸の効果を得られる方法を考え、コンニャク灸にたどりつきました。
明治を代表する文学者、夏目漱石や正岡子規も、コンニャクを使った治療を行っていたようです。

子規にいたっては、「しぐるるや蒟蒻冷えて腹の上」という俳句を残しています。
また、ショウガなどの生薬を肌につけ、その上にもぐさをのせる灸法も、1600年ほど前から伝承されています。

ショウガコンニャク灸は、肩こりや腰痛、眼精疲労など、温めることで緩和する症状に効果があります。
ひざ痛以外にも活用してください。

ただし、ひざに熱や腫れのあるときは、ショウガコンニャク灸は行わないでください。
温めると痛みが悪化します。

熱や腫れがわからなくても、入浴で体が温まった際にひざが痛む場合は、炎症を起こしている可能性があります。
速やかに専門医を受診しましょう。

橋爪佐和子
鍼灸の四次元堂所長・鍼灸指圧師

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

40代になってからは、日常的に腰痛に悩まされるようになりました。朝、起き上がったときから、すでに腰がつらいのです。腰をかばいながら、仕事を続け、我慢できなくなると整骨院などに通う状態でした。職業病だと半ばあきらめつつ、さまざまな治療を受けていました。【体験談】加山雅夫(仮名・会社員・47歳)


【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方「骨ストレッチ」4選

【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方「骨ストレッチ」4選

私が考案した「骨ストレッチ」は、古武術から学んだ体の動かし方を基礎とした、「筋力」よりも「骨」の動きを重視した体操です。一連の動作を行うことで、体の動きが見違えるようによくなります。骨ストレッチのコツを意識して動くことで、転ばない体を手に入れてください。【解説】松村卓(スポーツケア整体研究所代表)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


最新の投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング