【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。【解説】堀田由浩(統合医療希望クリニック院長)


鎖骨周りの滞りが免疫力を低下させる!

体はどの部位でもそうですが、動かさないとかたまってきます。
特に体幹部は、腕や足と違って、日常生活での動きが少ない部位です。

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。
鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。

というのも、鎖骨の下には、非常に狭い空間に血管(鎖骨下動脈・鎖骨下静脈)やリンパ管、神経が通っているからです。
鎖骨は、いわば交通量の多い交差点の上に架かる歩道橋のようなもの。

歩道橋とその下を通る道路の間に十分なスペースがなければ、スムーズな通行はできません。
血液の流れが悪くなれば、動脈硬化が起こりやすくなりますし、リンパ液の流れが悪くなれば、免疫力も低下します。

なかでも停滞しやすいのは、リンパ管です。
血流はまだ勢いがありますが、リンパの流れは非常に弱いものです。

流れを悪くしたままでは、途端に停滞してしまいます。
鎖骨周りにはリンパ節(免疫細胞であるリンパ球の待機所)がたくさん分布していて、それらは静脈に絡んでいます。

リンパ管が滞るとリンパ節が腫れ、それが静脈を圧迫して血流まで悪くします。
さらには、腫れたリンパ節が鎖骨の圧迫を受けて流れが悪くなり、次のリンパ節を腫らす……といったぐあいに、負の連鎖反応が起こりやすくなります。

このように鎖骨周りは、少しの滞りが多くの問題を発生しやすい場所なのです。
それだけに、鎖骨付近は特に意識して、流れをよくする必要があります。

そこでお勧めするのが、「鎖骨もみ」です。
鎖骨もみは、骨と筋の間に指を入れて、鎖骨周辺をほぐすセルフケアです。

鎖骨とその下の軟部組織の空間を広げ、血液やリンパ液の循環をよくするのに役立ちます。
免疫の中心を担うリンパ球は、リンパ液にのって全身に届けられるため、リンパ液の流れがよくなれば免疫力が高まります。

カゼなどの感染症にもかかりにくくなるでしょう。
女性の場合は、鎖骨周辺でリンパ液が滞ります。

すると、その上流にある乳腺周囲の乳ガンを誘発する危険性も考えられます。
そうした病気のリスクを防ぐためにも、流れはよくしておくべきです。

特に、左の鎖骨下は、両足と左腕を巡ったリンパ液が最終的に静脈へ戻る場所でもあります。
ここでリンパ液が停滞すると、集まってきた老廃物も浄化されず、体内に蓄積してしまいます。

鎖骨もみでリンパ液の流れがよくなれば、老廃物がきちんと排出されるため、むくみが解消し、首周りがスッキリするなどの効果が、実感できると思います。
鎖骨周囲には、耳や目に向かう血管やリンパ管も通っているので、流れをよくしておくことは、目や耳の病気(耳鳴り、難聴、めまい、近視、老眼など)の予防・改善にも役立つでしょう。

深い呼吸に加えると効果はさらに高まる

鎖骨もみを行うと、肺の空気の流れもよくなります。
肺は、入り口と出口が一つなので、浅い呼吸では空気がしっかり入れ換わりません。

ゆっくりとした深い呼吸をすることで、初めて横隔膜(肋骨の内側にある、呼吸を司る大きな筋肉)が上がり、肺の下部まで換気することができます。
ただ、それでも肺の上部は空気の流れが悪くなりがちです。

肺の上部まで換気しようと思うと、鎖骨も上下運動させる必要があります。
走ったあとに息が苦しくて、私たちは肩を上下させてハァハァと呼吸をします。

あれは、肺を上下させて換気をよくしているのです。
同じことが、鎖骨もみでも行えます。

鎖骨の動きがよくなることで、肺が大きく動き、肺の上部の空気の流れもよくなるのです。
空気の流れが悪いと、血液中に酸素が欠乏して、全身の臓器や細胞が十分に機能しにくくなります。

ガンが発生しやすくなるともいわれています。
喫煙が原因ではないとされている肺腺ガンは、まさに肺の換気が悪くなって起こるガンです。

鎖骨もみで換気をよくすることは、ガン細胞の増殖を抑えることにも役立つはずです。
呼吸は、自分の意志で自律神経をコントロールできる、唯一の手段です。

ゆっくりとした深い呼吸は、自律神経の副交感神経(休息時に働く神経)を優位にして、リラックスできます。
そこに鎖骨もみを加えれば、より深い呼吸ができるようになり、自律神経のバランスを整える効果は高まるでしょう。

つまり、自律神経のバランスのくずれが原因となる、さまざまな病気や不定愁訴の改善が期待できるのです。
例えば、肩こりやイライラ、うつ症状、動悸、不眠、高血圧、便秘などです。

なお、鎖骨もみを行ううえで、心配なことがありましたら、必ず医師に相談してください。

堀田由浩
統合医療希望クリニック院長。医学博士。日本外科学会認定医。日本ホリスティック医学協会理事。西洋医学と東洋医学を組み合わせた統合医療を軸に、人間がもともと持っている治癒力を高める療法を研究。ガン患者の治療を中心に、患者の日常生活から病気になった原因を追究・改善していく医療を展開している。また、予防医学の重要性を浸透させるため、全国で講演活動を多数行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング