MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。これが腰痛の引き金となります。ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。【解説者】出沢明(出沢明PEDクリニック院長)

太ももの裏側がかたいと腰に大きな負担がかかる

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症のように、痛みやしびれを引き起こす原因がはっきりしている腰痛を「特異性腰痛」といいます。
一方、原因が特定できない腰痛を「非特異性腰痛」といい、いわゆるギックリ腰や慢性腰痛がこれに当たります。

ただ、慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。
太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。
 
ハムストリングスとは、半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の総称で、骨盤の下端にある座骨結節から、ひざまでつながっています。
ハムストリングスがやわらかく、十分に伸縮すれば、前屈するときに、骨盤はスムーズに大きく前方に回転し、関節を使って体を前に倒すことができます。

しかし、ハムストリングスがかたいと、前屈しても骨盤が引っ張られて動けず、股関節を使うことができません。
そのかわりに、腰椎を曲げて前屈するので、腰に大きな負担がかかるのです。

これが腰痛の引き金となります。 
ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。

体の深部で腰を支える重要な筋肉も鍛えられる

そこで、私は3年ほど前に、ハムストリングスをやわらかくするエクササイズを考案しました。
それが、「波止場のポーズ」です。
やり方は、下の図解をご覧ください。

7秒キープする動きを左右10回ずつ、これを1セットとします。
このエクササイズは、波止場(埠頭)にある杭に足をのせる船乗りのポーズに似ていることから、「波止場のポーズ」と名づけました。

波止場のポーズを行うと、ハムストリングスが伸展と収縮をくり返すので、柔軟性が回復します。
波止場のポーズは、朝昼晩、1日3セット行うのがお勧めです。

継続的に行うことで、よりいっそうハムストリングスがやわらかくなり、腰への負担が減って、腰痛の予防や改善につながります。
もちろん、1日3セット以上行ってもかまいません。

波止場のポーズの優れている点は、深部筋群である腸腰筋も動かせるところです。
腸腰筋は、腰を支えている重要な筋肉ですが、鍛えないとすぐに衰えてしまいます。

その腸腰筋にも収縮や伸展の動きを与えて、鍛えることができるのです。
波止場のポーズは、慢性腰痛のかたにお勧めのエクササイズです。

腰に激痛や熱がある人や、下肢にしびれが出ている人はほかに原因が考えられるので、行わないでください。
整形外科を受診し、医師の指示に従いましょう。

私自身も波止場のポーズを、行っています。
私は毎日、何人もの患者さんの手術をするので、立ちっぱなしの前傾姿勢を取っている時間が長く、腰に大きな負担がかかっています。
 
そこで、腰痛予防のために、時間を見つけては、波止場のポーズを実践しているのです。
手術中も、足もとに小さな台を置き、左右の足を交互にのせるようにしています。

こうした習慣のおかげで、今のところ、腰痛には見舞われていません。
さらに、波止場のポーズを始めてから、便秘が改善しました。

股関節を曲げて足を上げる体勢は、直腸と肛門の角度を変えて、排便しやすい状態になるようです。
大切なのは、ハムストリングスを柔軟にすることです。

ちょうどいい高さのイスがなくても、階段などで行うことができるので、外出先でもこまめに行ってください。

波止場ポーズのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt