医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。これが腰痛の引き金となります。ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。【解説者】出沢明(出沢明PEDクリニック院長)


太ももの裏側がかたいと腰に大きな負担がかかる

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症のように、痛みやしびれを引き起こす原因がはっきりしている腰痛を「特異性腰痛」といいます。
一方、原因が特定できない腰痛を「非特異性腰痛」といい、いわゆるギックリ腰や慢性腰痛がこれに当たります。

ただ、慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。
太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。
 
ハムストリングスとは、半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の総称で、骨盤の下端にある座骨結節から、ひざまでつながっています。
ハムストリングスがやわらかく、十分に伸縮すれば、前屈するときに、骨盤はスムーズに大きく前方に回転し、関節を使って体を前に倒すことができます。

しかし、ハムストリングスがかたいと、前屈しても骨盤が引っ張られて動けず、股関節を使うことができません。
そのかわりに、腰椎を曲げて前屈するので、腰に大きな負担がかかるのです。

これが腰痛の引き金となります。 
ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。

体の深部で腰を支える重要な筋肉も鍛えられる

そこで、私は3年ほど前に、ハムストリングスをやわらかくするエクササイズを考案しました。
それが、「波止場のポーズ」です。
やり方は、下の図解をご覧ください。

7秒キープする動きを左右10回ずつ、これを1セットとします。
このエクササイズは、波止場(埠頭)にある杭に足をのせる船乗りのポーズに似ていることから、「波止場のポーズ」と名づけました。

波止場のポーズを行うと、ハムストリングスが伸展と収縮をくり返すので、柔軟性が回復します。
波止場のポーズは、朝昼晩、1日3セット行うのがお勧めです。

継続的に行うことで、よりいっそうハムストリングスがやわらかくなり、腰への負担が減って、腰痛の予防や改善につながります。
もちろん、1日3セット以上行ってもかまいません。

波止場のポーズの優れている点は、深部筋群である腸腰筋も動かせるところです。
腸腰筋は、腰を支えている重要な筋肉ですが、鍛えないとすぐに衰えてしまいます。

その腸腰筋にも収縮や伸展の動きを与えて、鍛えることができるのです。
波止場のポーズは、慢性腰痛のかたにお勧めのエクササイズです。

腰に激痛や熱がある人や、下肢にしびれが出ている人はほかに原因が考えられるので、行わないでください。
整形外科を受診し、医師の指示に従いましょう。

私自身も波止場のポーズを、行っています。
私は毎日、何人もの患者さんの手術をするので、立ちっぱなしの前傾姿勢を取っている時間が長く、腰に大きな負担がかかっています。
 
そこで、腰痛予防のために、時間を見つけては、波止場のポーズを実践しているのです。
手術中も、足もとに小さな台を置き、左右の足を交互にのせるようにしています。

こうした習慣のおかげで、今のところ、腰痛には見舞われていません。
さらに、波止場のポーズを始めてから、便秘が改善しました。

股関節を曲げて足を上げる体勢は、直腸と肛門の角度を変えて、排便しやすい状態になるようです。
大切なのは、ハムストリングスを柔軟にすることです。

ちょうどいい高さのイスがなくても、階段などで行うことができるので、外出先でもこまめに行ってください。

波止場ポーズのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

朝起きた時の腰痛が「股関節回し」で解消!ネコ背も改善して後ろ姿に自信

腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)


「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

「11円スリッパ」で冷えが解消!坐骨神経痛の症状も消えていった

もう十数年前ですが、腰やひざに激痛が走るようになりました。病院に行くと座骨神経痛と診断されました。その後は自宅でこのスリッパをはき続けました。そして何ヵ月かが経過し、ふと気づくと、腰やひざの痛みがぜんぜん出なくなっていたのです。【体験談】片山富美子(会社経営・70歳)


ねじると痛む腰痛が「へそさすり」で大軽快!寝返りも楽に打てる

ねじると痛む腰痛が「へそさすり」で大軽快!寝返りも楽に打てる

寝返りを打つのもひと苦労です。普通なら意識せずにクルッと寝返りを打てるはずが、私の場合、できません。腰がねじれると痛いので、体を1本の棒のようにイメージして、ヨッコイショと力を入れないとできないのです。そこで相談をしに行くと、いい方法があると教えてくれたのが、「へそさすり」です【体験談】黒川幸代(仮名・50歳・会社員)


頭皮の痛いところに集中マッサージ「前頭部ほぐし」の3大効果とやり方

頭皮の痛いところに集中マッサージ「前頭部ほぐし」の3大効果とやり方

「前頭部ほぐし」は誰でもできる効果の高い健康法です。1日1回やればじゅうぶん。シャンプーのときに行うと、習慣になりやすいです。頭にあるポイントは脳神経ともつながっています。ですから脳の働きが悪くなって起こる「うつ病」や「しつこい体の痛み」に悩んでいる人には、特にお勧めです。【解説】加藤直哉(健康増進クリニック副院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)