【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、対策と治療法

【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、対策と治療法

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


股関節の痛みは、腰痛やひざ痛も併発することもある

 股関節は、体の中でいちばん大きな関節です。
 左右の太ももの付け根にあり、胴体と下肢(足)をつないで、立つ、座る、歩くなど、あらゆる動作の「要」となっています。

 股関節が痛むと行動に制限がかかるため、家の中に引きこもりがちになる人が、少なからずいます。痛みがひどければ夜も眠れず、さらに過度な鎮痛剤の服用により胃の調子を悪くする人もいます。
 下肢に負担がかかるので、腰痛やひざ痛を併発することもあるでしょう。痛みにより姿勢が悪くなれば見た目も老けます。

 このように、動作の要である股関節は、生活のあらゆる事柄に影響を及ぼすのです。そのため、股関節に負担をかけない生活を送ることこそが、いつまでも心と体を若く保つための秘訣といえるでしょう。

 股関節が痛む原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。
 実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。

 実際、変形性股関節症は圧倒的に女性に多く、男女比では男性の7倍に上ります。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。後で触れますが、その9割以上は「臼蓋形成不全」という遺伝的な要因で発症しています。

 日本人の女性だからといって、すべての人が変形性股関節症にかかるわけではありません。しかし、「股関節が弱点」と知ることは大切です。股関節の異変にいち早く気付き、対策を取れるからです。
 もちろん、男性にも股関節のトラブルは起こるので、用心は必要です。
 以下で股関節の特徴に触れながら、股関節に起こるトラブルについて解説します。

股関節の軟骨がすり減り、臼蓋と大腿骨頭がこすれ合い炎症を起こす

 股関節は、骨盤の下部にある臼蓋というくぼみに、大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)がすっぽりはまりこむ形になっています(股関節のしくみの図参照)。

 臼蓋と大腿骨頭は、それぞれクッションのような弾力性のある軟骨(関節軟骨)で覆われています。軟骨には潤滑油の働きがあり、股関節は前後左右あらゆる方向になめらかに動くことができます。
 股関節は上半身の全体重を支えながら、下肢の動きを支持しているため、大きな負担がかかる部位です。

 普通に歩くだけでも、股関節には体重の3~4・5倍の負荷がかかります。階段の上り下りでは、体重の6・2~8・7倍もの負荷がかかります。体重が50㎏あれば、歩行時には150~225㎏、階段の上り下りでは310~435㎏の負荷が股関節にかかる計算です。

 日常的に負担がかかる上、加齢に伴って、股関節の軟骨はすり減っていきます。先に述べた変形性股関節症は、軟骨が減り、臼蓋と大腿骨頭がこすれ合って関節が変形したり、炎症を起こしたりして痛みが生じる病気です。

 変形性股関節症の引き金となる臼蓋形成不全は、大腿骨頭を支える臼蓋が、生まれつき浅いために、軟骨がすり減りやすくなるものです。
 臼蓋形成不全があっても、若いときは軟骨が元気で関節にかかる負荷を受け止められるため、症状はほとんど出ません。しかし、年齢とともに軟骨が傷み、40~50代になると痛みが出る人が多くなります。

 世界的にみると、遺伝的な素因で変形性股関節症を発症する例は、イタリアの北部で見られる程度です。アメリカ人は肥満が原因で発症し、遺伝的な要因は、ほぼゼロです。
 なぜ日本人の女性に臼蓋形成不全が多いのか、その原因は明らかになっていません。

 また、生まれつき股関節を脱臼している先天性股関節脱臼も、女性に多くみられるもので、変形性股関節症の原因になります。
 なお、通常、先天性股関節脱臼は乳児期に治療をして治すため、本人も知らないことが多いようです。

体重を減らし、股関節まわりの筋肉を強くする方法が有効

 変形性股関節症は、初期には自覚症状が軽く、関節の痛みがひどくなるころには、ほとんどの人が進行期~末期段階に達しています。足の付け根に痛みが出るようになると、立つ、歩くなど日常の動作が制限され、症状が進むと寝たきりになってしまうこともあります。

 関節の変形が進むと姿勢のバランスが悪くなり、ネコ背やお尻を突き出す姿勢になりがちです。悪い姿勢は外見的に老けて見えるだけでなく、内臓を圧迫し体調不良を招きます。下肢への負担も増し、腰痛やひざ痛を併発します。

 安静にしていても、股関節は痛みます。そのため、最初にお話ししたように、寝不足になったり、痛みのストレスからうつ病を発症したり、痛み止めの副作用で胃腸障害を起こしたりする人もいます。このように股関節の不調は、全身に悪影響を及ぼします。

 病気が重度に進行した場合、劇的な改善を期待できる治療法は、人工股関節手術です。手術で痛みは取れるので、末期でもあきらめることはありません。
 しかし、手術はあくまで最終手段です。まずは股関節に負担をかけないよう気をつけて、病気の進行にブレーキをかけることが大切です。

 股関節自体は、骨と骨の接合部分なので、直接鍛えることはできません。そのため、体重を減らし、股関節まわりの筋肉を強くする方法が有効です。
 股関節の具合がよくなれば、全身が若返り、気持ちも明るさを取り戻すことができます。具体的な方法を参考にして、股関節の負担を減らしましょう。

石部基実
 1982年、北海道大学医学部卒業。北海道大学医学部整形外科、アメリカRochester大学医学部整形外科、NTT東日本札幌病院整形外科部長、同病院人工関節センター長を経て、2008年に石部基実クリニックを開設し、現職。現在まで、6000例を超える人工股関節手術実績がある。少林寺拳法正拳士四段。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)