医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

オーブンで簡単【焼きバナナの作り方】ダイエット効果抜群 シワやたるみも撃退

オーブンで簡単【焼きバナナの作り方】ダイエット効果抜群 シワやたるみも撃退

焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 


25年毎日食べているバナナがパワーの源!

 22歳で美容業界に入った私は、常に「ベストコンディションで能力を発揮し、成果を上げるにはどうすればよいか」を意識して仕事に励んできました。おかげさまで、業務内容も年々広がりを見せています。

 そんな私のパワーの源は、もう25年近くも毎日食べ続けている、バナナです。

 就職したばかりのころは、疲れた日には帰りにシュークリームを買うなどして、なんとかしのいでいました。ただ、甘い物を食べると、頭がぼんやりするのが気になります。翌日も、スッキリ目覚められず、ベストな状態で仕事に臨めないのです。

 当時私は、美容のプロとして肌のことを語るうえで必要だという考えから、栄養学の勉強もしていました。その過程で、砂糖や小麦粉が肌や体に悪影響を及ぼすことを知りました。
 そこで、目をつけたのがバナナ。バナナなら安くて、1年じゅう手に入り、甘い物を食べたい欲求も満たしてくれます。砂糖と違い、頭がぼんやりすることもありません。疲れ知らずで、仕事に集中できます。

 また、皮をむくだけで手を汚さず食べられて、ボリュームもあるので、時間がないときのランチ代わりにも重宝します。
 そんなわけで、私にとってバナナは、主食といっても過言ではないのです。

 忙しいときはそのまま食べることも多いのですが、私のお気に入りは、「焼きバナナ」。数年前にベトナムを旅行した際、屋台で食べた焼きバナナがおいしくて、妙に元気がわいてきたのです。それ以来、自分でも作って食べるようになりました。

 私の作り方をご紹介しましょう。
① バナナをきれいに洗い、フォークで皮に数ヵ所、穴を開ける。
② アルミホイルにのせ、オーブントースターで15分ほど焼く。

 たったこれだけ、とても簡単です。皮ごと焼くと、甘みが濃縮され、トロトロになります。
 そのまま食べるのも好きですが、ときどきアレンジを加えると飽きないので、お勧めです。ココア&シナモン、ハチミツ&レモン、溶かしチョコレート、ラム酒やブランデーなどが、よくマッチします。また、粗塩を少しかけると、塩キャラメルのような味になります。

過敏性腸症候群が改善した男性もいる!

 使うバナナは、見切り品でじゅうぶん。むしろそのほうが、よく熟れていておいしくいただけます。

 焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。

 夜、帰りが遅くなると、夕食代わりに焼きバナナを食べることもあります。たいてい、1食に2本くらい食べます。
 焼きバナナを続けていると、便秘になることが、まずありません。お通じは1日2回、スルンと出ます。

 実は私はかなりの大食漢で、お酒も大好きなのですが、もう長い間、ベスト体重の48kgをキープしています(身長は160cm)。食べた分だけ、しっかり出せているからでしょう。太りにくい体づくりに、バナナが役立っていると感じています。

 美肌効果も抜群です。バナナを常食する以前には、生理前の肌の不調、夜更かしの代償として出ていた乾燥ジワ、疲れからくるたるみに悩まされていましたが、今は肌の不調を感じることはありません。シワやたるみも、気にならないほどです。

 美容関連のセミナーやブログでも、焼きバナナを勧めているので、実践しているかたから、多くの反響を頂戴します。
 ほぼ全員から寄せられるのは、「お通じがよくなった」「肌の不調が改善した」という声です。なかには、「ストレスによる過敏性腸症候群が改善した」という男性の声もありました。

 ほかにも、「カゼをひかなくなった」「情緒不安定な日が減った」「むくみが軽減した」「よくケーキを食べていたのをやめて、焼きバナナにしたら、3kg減量できた」など、さまざまな効果が報告されています。

 これらの効果は、1日2本を食べて、だいたい1ヵ月前後で現れるようです。早い人では、「翌日に効果を実感した」というケースもあります。

 おいしくて、体重維持や美肌づくりにも役立ち、仕事に全精力を傾けるために欠かせないパートナー。バナナは、もう私の人生から切り離せません

焼くと果物本来の健康的な甘みが強まる(里見英子クリニック院長 里見英子)

 バナナに豊富に含まれるカリウムは、むくみ解消に役立ちます。また、食物繊維とオリゴ糖は、便通を改善します。お通じがよくなれば、肌の調子も上向き、免疫力も高まります。現れたさまざまな効果は、こうしたバナナの作用によるものです。
 焼くことでバナナの甘みは強くなりますが、人工的な甘さと異なり、果物本来のものなのでお菓子よりずっと健康的。ケーキを焼きバナナにしたらやせたというのも、自明の理でしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)