MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血糖値を下げる【膵臓のツボ】の効果!「太ももの1点押し」のやり方

血糖値を下げる【膵臓のツボ】の効果!「太ももの1点押し」のやり方

糖尿病の場合、血液検査で血糖値の高さを指摘され、食事療法や服薬で治療に当たっているケースがほとんどです。それなのに、「数値が改善しない。どうしたらいいか」という相談を、よく受けます。そんな患者さんに勧めているのが、左足にあるツボ(糖尿穴)を刺激する「太ももの1点押し」です。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)

10 人全員の血糖値が 下がった「糖尿穴」

私の治療院には、腰痛、ひざ痛、股関節痛など、痛みの症状に悩む患者さんが、連日訪れます。

患者さんの話をよく聞き、状態を把握したうえで、鍼や灸、整体、マッサージ、指圧などのなかから、最も適した方法を選び治療に当たっています。
 
関節痛だけでなく、ほかの悩みを抱えている患者さんも少なくありません。
なかでも多いのが、「糖尿病を改善したい」という患者さんです。

糖尿病の場合、血液検査で血糖値の高さを指摘され、食事療法や服薬で治療に当たっているケースがほとんどです。

それなのに、「数値が改善しない。どうしたらいいか」という相談を、よく受けます。
そんな患者さんに勧めているのが、左足にあるツボを刺激する「太ももの1点押し」です。

このツボは、私の師匠である宮本紘吉先生から「膵臓のツボ」として教えてもらいました。
そのため、私は膵臓の働きが衰えている患者さんに、このツボ押しをよく行ってきました。

あるとき、「膵臓は血糖値を下げるインスリンを出す臓器だから、糖尿病も改善するのでは」と思いついたのです。

そこで、3年ほど前に、糖尿病の患者さん10人に協力してもらい、左太もものツボを押す前後で、血糖値の変化を調べました。
すると、10人全員の血糖値が下がったのです。

後日、このツボが「糖尿穴」と呼ばれていることを知りました。
それ以来、私は糖尿病に悩んでいる人に、左太ももの中心を押すように勧めています。

体の左側に現れる四十肩ひざ痛、腰痛にも著効

では、やり方をご紹介しましょう。

❶ひざが直角になる高さのイスに腰かけます。

❷ツボの位置は、左足のつけ根からひざまでの中間点で、太ももの幅の左右中央です。
この周辺を目安にして、指で前後左右に皮膚をなぞり、グッと押してみて痛いところを探します。
その痛い場所が糖尿穴です。

❸両手の親指を重ねてツボの上に置き、グッと体重をかけて5秒ほど押し続けます。
これを3回ほどくり返します。

このツボは、ひざを直角にしたときに現れるので、①の姿勢を保って押しましょう。
糖尿病やその傾向のある人が押すと、強い痛みを感じますが、そうでない人はさほど痛くないはずです。
 
テレビを見ているときや、公園のベンチなど、ひざが直角になるイスに腰かけているときなら、いつ行ってもかまいません。
1日に何回行ってもけっこうです。

「なぜ左足なのか」という理由は、はっきりわかりません。
ただ、インスリンの分泌腺を持つ膵臓が、体の左寄りにあることが関係していると思われます。

私の治療経験から見ても、糖尿病は、膵臓がある体の左側のトラブルと連動することがわかっています。
例えば、糖尿病の人は多くの場合、左の股関節がかたく、開きにくいのです。

左太ももの糖尿穴を押すと、血糖値が下がるとともに、左股関節の動きがよくなるケースが多く見られます。

また、糖尿病の人は、左手が上がりにくいという特徴もあります。
糖尿穴を押すと、左手もスムーズに上がるようになります。

糖尿病のうち、このツボ押しが効くのは、膵臓からのインスリンの分泌が悪い人と、左の股関節がかたくなっている人です。

糖尿病には、肝臓の機能低下が関係している場合があります。
肝臓が原因の場合、このツボを押しても効果はありません。

糖尿穴を押しても血糖値が下がらなければ、肝臓の機能低下を疑ってください。

糖尿穴は、体の左側に出た痛みやしびれにもよく効きます。
私の経験では、四十肩、ひざ痛、腰痛、座骨神経痛などの改善に、著効を発揮します。

糖尿病だけでなく、体の左側に痛みやしびれ、動きにくさなどが現れたら、すぐにこのツボを押してみてください。
症状の改善が期待できるでしょう。

自分の手の指を使うツボ押しは、誰でも簡単にできて、安全な方法です。
病院での糖尿病治療と併行して、日々の生活に取り入れてください。

解説者のプロフィール

佐々木繁光
1957年、千葉県生まれ。日本大学薬学部卒業後、薬剤師として病院に勤務。鍼灸師とあんまマッサージ指圧師の資格を取得し、治療家の道へ進む。治療院での施術のほか、整体教室を開催するなど、セルフケアにも力を入れている。共著に『一瞬整体で痛みが消える! 病気が治る!』
(マキノ出版)などがある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt