【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


便秘を治すと尿毒素の血中濃度が減少した!

最近、腸内環境が慢性腎臓病(CKD)に与える影響が、多くの論文でわかってきました。
腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。

しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。
実際、初期の慢性腎臓病の段階でも、血液中に尿毒素が増えていることがわかっています。

こうして蓄積した尿毒素は、腎臓に直接、悪影響を及ぼし、慢性腎臓病をさらに悪化させるのです。
この尿毒素は、腸内細菌叢(多種多様な腸内細菌の集まり)のバランスがくずれると増加する傾向にあります。

それは、尿毒素を作っている主犯が、腸内の悪玉菌だからです。
東北大学の実験では、腎不全の状態にした(腎機能を低下させた)マウスに便秘薬(ルビプロストン)を投与したところ、排便が促進され、腸内環境が改善。

腸内の善玉菌が増え、尿毒素の血中濃度が減少しました。
こうしたことから、慢性腎臓病の人は、便秘などを防ぎ、「腸内細菌叢をよい状態に保つことが、病気の進行を抑制するポイント」になると考えられます。

これは、慢性腎臓病が起こす炎症からもいえることです。
末期腎不全(腎機能が著しく低下している状態)の患者さんの血液を調べると、炎症を起こす物質の濃度が非常に高くなっていることがわかっています。

体内に炎症を起こす物質が増えると、活性酸素(病気や老化の元凶物質)の産生が促進され、病状がさらに悪化します。
では、なぜ慢性腎臓病に炎症が起こるのでしょうか。

その一因として、慢性腎臓病を招く糖尿病や高血圧、感染症などの基礎疾患(原因となる病気)が考えられます。
腸内細菌叢の影響はどうでしょう。

腸内細菌叢のバランスがくずれると、酸化や炎症を促進する物質が作られ、腸内で炎症を起こします。
すると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまう「リーキーガット症候群」を招くようになります。

その結果、炎症を起こす物質がどんどん体内に入り込んで、腎臓など体の各所で炎症を引き起こすのです。
それに、前述した腸の悪玉菌がつくる尿毒素や、その代謝物も炎症を招くと考えられます。

ですから、腸内細菌叢の悪化も、慢性腎臓病の炎症に、大いに関係しているでしょう。

カリウム制限が腸内細菌叢を悪化させる

一方、慢性腎臓病になって腎機能が低下すると、腸内環境を悪化させることもわかっています。
腎臓でうまく処理できなくなった尿毒素はアンモニアや水酸化アンモニウムといったアルカリ性物質を産生し、腸内のpH(水素イオン指数・酸性<7<アルカリ性)を上昇させます。

本来、腸内は弱酸性ですから、アルカリ性に傾けば乳酸菌などの善玉菌が育ちにくくなります。
腸内細菌叢はさらにバランスをくずし、腸の炎症が進行します。

また、腎機能が低下すると、尿から排泄されるべきシュウ酸が出ていかず、腸管内に大量に分泌されます。
シュウ酸はミネラルやビタミンを吸着して便といっしょに排出してしまいます。

つまり、ミネラルやビタミン不足を招くことになります。
さらに、腎機能の低下によって水分の調節ができなくなると、腸の細胞(腸管上皮細胞)が、むくむようになります。

それが腸の機能障害の要因になります。
このように、慢性腎臓病は腸に悪影響を及ぼします。

それが慢性腎臓病自体を悪化させるという悪循環を生むのです。
なお、慢性腎臓病の治療にも、腸の状態を悪化させるものがあります。

その一つがカリウム制限です。
慢性腎臓病が進行し、体内のカリウム濃度が高くなると、その患者さんにはカリウムを多く含む食品を制限する指導が行われます。

カリウムは生の野菜に多く含まれるので、生野菜を控え、湯通しした野菜を食べることになります。
生野菜を控えることで、ふだんの食物繊維量が不足する人もいるでしょう。

すると、大腸の細胞のエネルギー源となる短鎖脂肪酸が減ります。
短鎖脂肪酸は、腸内細菌が食物繊維を発酵させてつくる脂肪酸です。

腸の免疫機能を高め、アレルギーやガンを防ぐ働きがあります。
ですから、食物繊維の不足は、大腸の状態の悪化につながるのです。

野菜は湯通しすると、水溶性のミネラルやビタミンが損なわれます。
慢性腎臓病の患者さんは、ただでさえ腸の機能が低下して栄養の吸収が悪くなっているのに、栄養の少ない野菜を食べることで、体の栄養状態はさらに悪くなります。

また、慢性腎臓病の患者さんは、水分調節がうまくできなくなり、水分制限が行われることもあります。
これも便秘を招き、腸の状態を悪化させます。

加えて、慢性腎臓病の治療には投薬も欠かせません。
しかし、薬は化学物質であり、腸内細菌を減少させる傾向にあります。

そして、腸の免疫機能も衰えさせてしまうのです。
以上のことから、慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。

具体的な方法については、別記事でお話しします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【ダイエット効果】甘くて美味しい最強の美容食「マシュマロヨーグルト」

【ダイエット効果】甘くて美味しい最強の美容食「マシュマロヨーグルト」

ダイエット中とはいえ、甘いものをどうしても口にしたくなることもあるでしょう。その点、マシュマロヨーグルトは甘くておいしいので、我慢によるストレスがかからず、楽しみながら毎日続けられるのです。朝食に食べると、優れた美容・健康効果がもたらされます。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【ダイエット・便秘に効果】美肌になる「マシュマロヨーグルト」基本の作り方&デザートレシピ

【ダイエット・便秘に効果】美肌になる「マシュマロヨーグルト」基本の作り方&デザートレシピ

作り方はとても簡単。一度に4食分作り、毎朝1回食べる(4日で食べきる)のが基本です。記事内では、マシュマロヨーグルトを使ったアレンジデザート3品をご紹介します。ダイエット中でも安心して食べられるうえ、多くの女性が気にしている便秘や肌トラブルの改善が期待できます。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)