MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)

たんぱく質は量より質を見直すことが大事

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。
そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。

尿毒素は腸内細菌によって作られます。
その原料となるのはたんぱく質です。

一般的に、腎臓病の食事療法では、たんぱく制限が重要視されます。
しかし私は、たんぱく質の量より質を見直すことが大事だと考えています。

例えば、
①ハム・ウィンナー・ベーコンなどの加工肉②良質なエサを食べて育った牛肉や近海で捕れた魚③豆腐や納豆など植物性の食品、では同じ量のたんぱく質をとったとしても、質が全く異なります。

腸内環境を悪くして尿毒素を増やすのは圧倒的に①。
そして、②の動物性より③の植物性のほうが、腸への負担は少なくなります。

また、腎機能が衰えると、尿から排泄されるべきリンが排泄されず、血中濃度が上がります。
リンの濃度が上がると、動脈硬化を招いたり、骨の形成に支障を来したりします。

リンを調整する腎臓の負担を減らすためにも、リンのとり過ぎには注意しなければなりません。
リンを多く含むのも、たんぱく質です。

これも、動物性より植物性のほうが排泄されやすいということが、研究でわかっています。
なお、リンは市販の弁当や加工食品などにも入っているので、注意が必要です。

「pH調整剤」と表示されている食品添加物などが、リン(無機リン)に該当します。
このリンは、動物性のたんぱく質よりもさらに排泄されにくいのです。

微量でも腎臓への負担が大きくなります。
たんぱく質は、納豆や豆腐などの植物性を中心に、動物性なら近海の小魚などをとり、加工肉や加工食品はできるだけ控えるようにしましょう。

もちろん、便秘を防ぐことも重要です。
腎臓病になるとカリウム制限のため、生野菜を食べないという人がいます。

しかし、腎機能(GFR)がG3b(30〜44)までで、カリウム値が正常なら、制限する必要はありません。
むしろ野菜で食物繊維をとり、便秘にならないように注意すべきです。

カリウム値が高めの人の場合、野菜はゆでたり、煮たりして食べるか、生なら小皿に少量程度とるといいでしょう。
また、小麦(パン、うどん、パスタなど)、乳製品(牛乳、アイスクリームなど)、砂糖、スナック菓子などは、腸の炎症を引き起こしやすいので控えてください。

小麦はIgA腎症(腎臓にIg Aという物質が付着して炎症を起こす病気)との関連も指摘されています。
農薬を使った野菜や果物、遺伝子組み換え食品、化学調味料、食品添加物の多い加工食品も、腸内細菌にダメージを与えるので避けてください。

塩分も質が重要です。
とり過ぎは禁物ですが、ミネラル豊富な自然塩を適度にとることは、エネルギー維持のために必要です。

解毒作用のある梅干し(塩分制限がある場合は、梅肉エキス)やラッキョウ、乳酸菌を多く含むみそやぬか漬けなどの発酵食品もお勧めです。

腎機能が18から28へと大幅に回復した

では、腸にいい食事をとり、腎臓病の悪化を防いでいる症例を2例紹介しましょう。

●Aさん(72歳・男性)
Aさんは2年前にクレアチニン値が3.6mg/dL(男性の基準値は0.6〜1.1mg/dL)まで上がり、他院で透析を勧められていました。

腎機能は14.4(基準値は60未満)で、末期腎不全の状態でした。
しかし、カリウム値は正常だったので、私は生野菜を適量食べるようアドバイス。

砂糖を含む佃煮は梅干しに替え、パンや加工食品、それまで毎日食べていた甘いお菓子を控えてもらいました。
以前から飲んでいた経口吸着薬(クレメジン)と痛風薬は継続しています。

2年後の現在、Aさんのクレアチニン値は3.2mg/dLと少し改善。
腎機能は17に回復しました。

透析をすることなく、毎日元気に過ごしておられます。

●Bさん(68歳・男性)
Bさんは、ネフローゼ症候群(血中の低たんぱく状態)から慢性腎臓病となり、3年前に来院しました。

主なたんぱく質である血中アルブミンの値は1.3g/dL(基準値は3.9〜5.2g/dL)、へモグロビン値は7.8g/dL(男性の基準値は13〜17g/dL)、腎機能は18.47といずれもかなり低下した状態でした。

薬は自己判断でやめてしまい、食事は玄米食とイモ、野菜しか食べていないといいます。
そこで、遅延型アレルギー検査(食物摂取後、数時間から数週間後に現れるアレルギーの検査)で陽性だった卵、ショウガ、小麦を避け、質のいいたんぱく質を含む通常食に変えてもらいました。

貧血改善のため、玄米より消化のいい5分づき米で栄養補給を図り、増血剤の注射も行っています。
その結果、現在は貧血が改善し、へモグロビン値は12g/dLまで回復。

アルブミン値は2.6g/dL、腎機能は28.64まで戻りました。
この2人のように腎機能がG4(15〜29)やG5(15未満)まで進むと、本来は、腎機能の悪化は一気に加速します。

それが回復傾向にあるというのは奇跡的なことです。
腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。

腸内環境を整える心得

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)
更新: 2018-09-25 18:15:47
慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)
更新: 2018-09-25 07:00:00
私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-11 16:14:21
腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)
更新: 2018-05-16 16:30:00
症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))
更新: 2018-05-15 16:22:18
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt