医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


たんぱく質は量より質を見直すことが大事

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。
そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。

尿毒素は腸内細菌によって作られます。
その原料となるのはたんぱく質です。

一般的に、腎臓病の食事療法では、たんぱく制限が重要視されます。
しかし私は、たんぱく質の量より質を見直すことが大事だと考えています。

例えば、
①ハム・ウィンナー・ベーコンなどの加工肉②良質なエサを食べて育った牛肉や近海で捕れた魚③豆腐や納豆など植物性の食品、では同じ量のたんぱく質をとったとしても、質が全く異なります。

腸内環境を悪くして尿毒素を増やすのは圧倒的に①。
そして、②の動物性より③の植物性のほうが、腸への負担は少なくなります。

また、腎機能が衰えると、尿から排泄されるべきリンが排泄されず、血中濃度が上がります。
リンの濃度が上がると、動脈硬化を招いたり、骨の形成に支障を来したりします。

リンを調整する腎臓の負担を減らすためにも、リンのとり過ぎには注意しなければなりません。
リンを多く含むのも、たんぱく質です。

これも、動物性より植物性のほうが排泄されやすいということが、研究でわかっています。
なお、リンは市販の弁当や加工食品などにも入っているので、注意が必要です。

「pH調整剤」と表示されている食品添加物などが、リン(無機リン)に該当します。
このリンは、動物性のたんぱく質よりもさらに排泄されにくいのです。

微量でも腎臓への負担が大きくなります。
たんぱく質は、納豆や豆腐などの植物性を中心に、動物性なら近海の小魚などをとり、加工肉や加工食品はできるだけ控えるようにしましょう。

もちろん、便秘を防ぐことも重要です。
腎臓病になるとカリウム制限のため、生野菜を食べないという人がいます。

しかし、腎機能(GFR)がG3b(30〜44)までで、カリウム値が正常なら、制限する必要はありません。
むしろ野菜で食物繊維をとり、便秘にならないように注意すべきです。

カリウム値が高めの人の場合、野菜はゆでたり、煮たりして食べるか、生なら小皿に少量程度とるといいでしょう。
また、小麦(パン、うどん、パスタなど)、乳製品(牛乳、アイスクリームなど)、砂糖、スナック菓子などは、腸の炎症を引き起こしやすいので控えてください。

小麦はIgA腎症(腎臓にIg Aという物質が付着して炎症を起こす病気)との関連も指摘されています。
農薬を使った野菜や果物、遺伝子組み換え食品、化学調味料、食品添加物の多い加工食品も、腸内細菌にダメージを与えるので避けてください。

塩分も質が重要です。
とり過ぎは禁物ですが、ミネラル豊富な自然塩を適度にとることは、エネルギー維持のために必要です。

解毒作用のある梅干し(塩分制限がある場合は、梅肉エキス)やラッキョウ、乳酸菌を多く含むみそやぬか漬けなどの発酵食品もお勧めです。

腎機能が18から28へと大幅に回復した

では、腸にいい食事をとり、腎臓病の悪化を防いでいる症例を2例紹介しましょう。

●Aさん(72歳・男性)
Aさんは2年前にクレアチニン値が3.6mg/dL(男性の基準値は0.6〜1.1mg/dL)まで上がり、他院で透析を勧められていました。

腎機能は14.4(基準値は60未満)で、末期腎不全の状態でした。
しかし、カリウム値は正常だったので、私は生野菜を適量食べるようアドバイス。

砂糖を含む佃煮は梅干しに替え、パンや加工食品、それまで毎日食べていた甘いお菓子を控えてもらいました。
以前から飲んでいた経口吸着薬(クレメジン)と痛風薬は継続しています。

2年後の現在、Aさんのクレアチニン値は3.2mg/dLと少し改善。
腎機能は17に回復しました。

透析をすることなく、毎日元気に過ごしておられます。

●Bさん(68歳・男性)
Bさんは、ネフローゼ症候群(血中の低たんぱく状態)から慢性腎臓病となり、3年前に来院しました。

主なたんぱく質である血中アルブミンの値は1.3g/dL(基準値は3.9〜5.2g/dL)、へモグロビン値は7.8g/dL(男性の基準値は13〜17g/dL)、腎機能は18.47といずれもかなり低下した状態でした。

薬は自己判断でやめてしまい、食事は玄米食とイモ、野菜しか食べていないといいます。
そこで、遅延型アレルギー検査(食物摂取後、数時間から数週間後に現れるアレルギーの検査)で陽性だった卵、ショウガ、小麦を避け、質のいいたんぱく質を含む通常食に変えてもらいました。

貧血改善のため、玄米より消化のいい5分づき米で栄養補給を図り、増血剤の注射も行っています。
その結果、現在は貧血が改善し、へモグロビン値は12g/dLまで回復。

アルブミン値は2.6g/dL、腎機能は28.64まで戻りました。
この2人のように腎機能がG4(15〜29)やG5(15未満)まで進むと、本来は、腎機能の悪化は一気に加速します。

それが回復傾向にあるというのは奇跡的なことです。
腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。

腸内環境を整える心得

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

よい眠りを得るための栄養成分もあるのです。その一つが「L-トリプトファン」。卵にはL-トリプトファンが豊富に含まれ、炭水化物といっしょに取ると脳に伝達されやすくなるという性質があります。腸は脳と強い相互関係があり、ヨーグルトなどで腸内環境を整えることが重要です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

ヨガでは「頭を使ったら、足を使いなさい」と言います。頭を使いすぎると、頭がうっ血するからです。「悩みやストレスで便秘になる」と言われますが、これはまさに、頭の使いすぎによるうっ血で、体の他の器官(腸)まで悪くなることの、わかりやすい例です。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

私がテレビ番組で紹介し、実際に常食している「酢キャベツ味噌汁」を紹介しましょう。酢キャベツをそのまま食べるのに飽きてしまい「味噌」に入れてみたのです。味噌は良質の発酵食品であり善玉菌の塊です。味噌汁に酢キャベツを加えれば、これ以上の腸内環境改善食はありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

変化は早くも2日目に現れました。便通が1日に3回もあったのです。それまで自分が便秘という意識はありませんでした。同時に食欲が自然と収まり、ドカ食いをしなくなりました。意味なく食べないというか、おなかがぐうっと鳴るまで、食べなくても平気でいられるようになったのです。【体験談】大城さちこ(仮名・派遣社員・52歳)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)