【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


押して痛ければ腎臓が弱っている!

東洋医学でいう「腎」は、尿の生成だけでなく、体の成長や生殖機能・骨や歯の形成や維持などにも関与します。
腎臓と、腎臓の上下に位置する副腎や生殖器の働きを包括したものと考えられています。

腎はいわば、「元気の源」です。
しかしその生命力も、加齢により、徐々に弱ってきます。
また、食事や生活習慣の乱れによっても腎機能は低下します。

すると、「むくむ」「疲れやすい」「だるい」「足がつる」「やる気が出ない」「精力の衰えを感じる」といった症状が現れるようになります。
血圧の上昇や、血尿も、腎が疲れているサインです。
こうした不調が続く場合は、一度、内科を受診することをお勧めします。
検査の結果、腎機能が著しく低下しているようであれば、早急な治療が必要になることもあります。

一方、腎機能は低下していても、すぐに治療を必要としない場合があります。
こうしたケースでは、まず生活習慣を改めるのが先決です。
それと並行し、セルフケアとしてお勧めなのが、指圧などのツボ刺激です。

東洋医学では、「気」や「血」といった生命エネルギーの流れを整えることで、体に現れている症状や不調を解消します。
この気の通り道が「経絡」です。

経絡は、内臓機能と密接に関連づけられており、例えば、腎臓とかかわりが深いのは「腎経」というように、細かく分類されています。
そして、経絡上にあるのが「経穴」、いわゆるツボと呼ばれる治療点です。
症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。

また、ツボは治療にも使えますが、診察にも活用されます。
ツボを押して痛むようなら、そのツボに対応する臓器に異常を生じているといえます。
そのため、位置とやり方さえ適切であれば、患者さん自身が刺激しても、治療に十分役立つのです。

そこで、特に腎機能向上に効果的で、押しやすいツボを紹介しましょう。
ツボの位置と刺激の方法は、下の図を参照してください。

一つ目は、「築賓」です。腎経のツボで、ふくらはぎの内側に位置します。
腎機能が弱っている人は、ここを押すと、強い痛みを感じるでしょう。

下半身の血流を改善し、冷えや、足のむくみ、腰痛などの緩和にも効果的です。

透析による腰痛の改善にも役立つ!

二つめは、足裏の「湧泉」です。
このツボは、腎経の起点であり、足先から全身の血行を促進するため、冷えに効くツボとして、よく知られています。

三つめは、腰にある「腎兪」です。
このツボは脊椎(背骨)の両わきを通る膀胱経に属する「兪穴」の一つ。

兪穴は、体の諸機能を無意識下で調整している自律神経と内臓のつながりに作用するため、内臓疾患の治療には欠かせないツボです。
また、腎不全で人工透析を受けている人は、寝た姿勢のまま何時間も治療を受けるため、腰痛に悩むことが多いようです。

そして腎兪は、実は腰痛治療に使われる定番ツボでもあります。
腎兪への刺激は、腎臓の血流を直接増やすうえ、腰痛の改善にも役立ちます。

腎機能が落ちている人にとって、大変有用なツボです。
腎臓の血流低下は、腎機能を悪化させます。

体が冷えるなどして血流が悪くなれば、腎臓のろ過機能は落ち、体内に老廃物がたまります。
ですから、これらのツボへの刺激で、冷えや腎臓への血流を改善すれば、腎機能の向上につながるのです。

とはいえ、やり過ぎは禁物です。
なかでも、透析を受けるほど重度の腎臓病の場合や、高齢のかたは、筋肉や皮膚が弱くなっています。

強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】