MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!

【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)

どんな薬も腎障害を引き起こす危険性がある

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。
たくさんの薬を飲むことに、不安や抵抗を感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。
なぜなら、腎機能が低下している人、特に末期腎不全の人は、薬で補わなければ本来の体の機能が果たせなくなっているからです。

6〜7種類もの薬が出されていたとしても、末期腎不全の人にとっては、それが生きていくために必要不可欠なものなのです。
とはいえ、薬は代謝の過程で必ず腎臓を通るため、どんな薬でも腎臓にダメージを与え、腎障害を引き起こす危険性があることも事実です。

では、特に腎障害を招きやすい注意すべき薬をいくつか紹介しましょう。
薬剤性腎障害の原因として多いのは、上位から順に、①鎮痛薬として一般的に使われているNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、②抗ガン剤、③抗菌薬(抗生物質)、④造影剤(画像診断検査時に使う薬)という統計が出ています。


①NSAIDs
最も多いNSAIDsは、ステロイドでない解熱鎮痛薬の総称。
アスピリンやイブプロフェンなど、市販されている鎮痛薬もすべて含みます。

血管拡張作用を抑制する働きがあるため、腎臓への血流が低下し、虚血性の腎障害を招くのです。
慢性腎臓病の患者さんは、市販の鎮痛薬でも使用しないことです。


②抗ガン剤
抗ガン剤のなかにも腎毒性の強いもの(シスプラチンやメトトレキサートなど)があり、糸球体腎炎や尿細管障害などを起こします。

また、ガン患者は抗ガン剤に加えて、免疫抑制剤や抗生物質などの腎障害の副作用を持つ薬の投与も少なくありません。
腎機能の低下している人は、これらの薬の用量に注意が必要です。


③抗菌薬
我が国は、抗菌薬の使い過ぎといわれています。

そのため、抗菌薬による腎障害も少なくないのです。腸内環境も悪くなります。
慢性腎臓病患者は、安易に抗菌薬治療を受けてはいけません。


④造影剤
画像診断の検査で使う造影剤によって、腎臓への血流障害、尿細管障害を起こし、腎機能に悪影響を及ぼします。
慢性腎臓病の患者さんに使うと、急激に腎機能が低下して急性腎不全になり、透析が必要になるケースもあるので要注意です。


このほか、抗リウマチ薬、抗甲状腺薬、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカー、漢方薬などによる、腎障害の報告もされています。
なお、アメリカの統計でも、薬剤性腎障害を起こす原因薬として、いちばん多いのは非ステロイド性抗炎症薬です。

しかし、2〜4番は、プロトンポンプ阻害薬、H2ブロッカー、抗てんかん薬です。
日本はこれらの薬の害に対する認識が低いため、前述した統計結果には入っていないのでしょう。

慢性腎臓病で注意が必要な薬

市販薬、サプリメントもむやみに飲まない!

こうした薬剤性腎障害のリスクを少しでも減らすためには、無駄な薬は使わないことです。
とはいえ、最初に述べたように、腎臓病の患者さんにとって薬を勝手にやめるのは危険です。

では、どうしたらよいのでしょうか。
やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。

例えば、「以前、ひざ痛があって鎮痛薬を処方してもらったけど、今は痛みがない」というのであれば、鎮痛薬はもう必要ないかもしれません。
「胃薬を処方してもらっているけど、胃の症状はない」というのであれば、その薬をやめてもいいかもしれません。

そういったことを医師に相談してください。
湿布薬などの貼り薬は見落としがちですが、これもやはり薬です。

慢性腎臓病の人も、そうでない人も、使っている薬のすべてが必要かどうかを確認し、不要な薬を一つでも減らすことが大事です。
注意してほしいのは、できるだけ腎臓内科の専門医に相談することです。

腎臓の専門医はさまざまな副作用を考慮しながら慎重に薬を処方します。
他科で処方された薬もすべて開示して、指示を仰ぎましょう。

加えて、市販薬、サプリメントなども、自己判断でむやみに飲まないことです。
これらもすべて腎臓を通って代謝されます。

健康によいといわれる青汁も、カリウムの数値が高い人は安易に飲まないことです。
思いのほかカリウムが含まれていて、不整脈などを起こす高カリウム血症を招く危険性があるからです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)
更新: 2018-09-25 18:15:47
慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)
更新: 2018-09-25 07:00:00
私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-11 16:14:21
腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)
更新: 2018-05-16 16:30:00
症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))
更新: 2018-05-15 16:22:18
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt