MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!

首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!

首、肩、背中のこりを訴える人は多いですが、意外と誰も気づかないのが、「手のひら」のこりです。なかでもこりやすいのが、母指球という親指のつけ根のふくらみ部分。このこりをほぐすと、首や肩のこりを始めとする上半身の症状が改善します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)

解説者のプロフィール

班目健夫
青山・まだらめクリニック院長。自律神経免疫治療研究所所長。医師医学博士。免疫力を高めて、あらゆる症状の改善をはかるため、自律神経免疫治療を中心に診療している。『「首すじを押す」と超健康になる』(マキノ出版)など著書多数。
●青山・まだらめクリニック
https://www.dr-madarame.com/

親指のつけ根の筋肉が首、肩まで連動している

 首、肩、背中のこりを訴える人は多いですが、意外と誰も気づかないのが、「手のひら」のこりです。なかでもこりやすいのが、母指球という親指のつけ根のふくらみ部分。ここを、反対側の親指でギュッと押してみてください。強い痛みや、硬いしこりがあったらそれは「こり」です。

 このこりをほぐすと、それだけで上半身の筋肉の緊張がほぐれ、首や肩のこりを始めとする上半身の症状が改善します。
 私がそのことを発見したのは、1年ほど前のことでした。それまで、腕のつけ根にお灸やマッサージをしてこりをほぐし、残ったこりを手のひらで取っていました。ところがその方法だと、こりの程度が強い人は改善に時間がかかります。

 もっと早くこりをほぐす方法がないか考えていたところ、東洋医学には、体の端(末端)を刺激すると、内臓(体幹)に効果が出やすいという原則があり、親指のつけ根を中心に手のひらのほうからほぐす治療法を取り入れてみたのです。すると、首や肩のこりだけでなく、頭痛、不眠、めまい、耳鳴り、セキ、さらには体幹部の痛みや腰痛まで改善することがわかりました。実際に改善した患者さんの例を紹介しましょう。

 Sさん(50代・女性)は、娘さんが引っ越しすることになり、その手伝いに行きました。そこで働きすぎ、肩がバリバリにこってしまい、来院されました。
 肩が痛くてどうしようもないというSさんに、私は親指のつけ根にお灸をして筋肉をほぐしました。すると肩のこりがスッと消え、その日1日がとてもらくだったそうです。しかしある程度時間がたつとぶり返すので、Sさんには自分で親指のつけ根をもんでもらいました。それをくり返すうちに、すっかり肩こりがなくなりました。

 めまいが改善した人もいます。
 Nさん(80代・女性)は2年前にメニエール病で来院され、そのときは首を横に回すと浮き出る首のすじ(椎前筋群)をほぐしてよくなりました。
 最近、再びめまいが起こるようになったと来院。ところが、今回は首が固まってまったく動かず、椎前筋群をほぐせません。そこで、代わりに親指のつけ根をもんだところ、その場で首が60度も回るようになったのです。これには、ご本人はもちろん、付き添いの娘さんもびっくりしていました。

手首近くの筋肉を丹念にもむのがコツ

 親指のつけ根を刺激するだけで、こうした効果が出るのはなぜでしょうか?

 それは、手から肩までの筋肉が関節を介してつながっているからです。
 親指のつけ根の筋肉は手首につながっています。さらに、手首から前腕部の筋肉が始まり、ひじ関節を介して上腕二頭筋と関係がでてきます。そして腕の筋肉は、肩につながっているので、親指のつけ根をもめば、腕から肩までの筋肉が一気にほぐれるのです。

 また、肩関節には九つの筋肉がついており、その中の大胸筋という筋肉がほぐれると、拮抗筋(伸ばす筋肉と縮む筋肉というように、反対の動きをする筋肉)である肩の僧帽筋もほぐれて、上半身がゆるみます。
 上半身の筋肉がゆるむと、筋肉の中を走っている血管の血流がよくなり、痛みやこりが取れていくのです。また、指先から脳につながっている神経の回路もスムーズに流れ、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きが整うようになります。すると、こりだけではなく、頭痛、耳鳴り、めまいといった上半身のさまざまな症状が改善していくのです。

 では、親指のつけ根のもみ方を説明しましょう。
 まず、手首付近の筋肉からほぐしていきます。ここから、腕、肩、首の筋肉までつながっているので、もまないと上半身全体がほぐれません。そこから、親指のつけ根のふくらみ全体をやさしくほぐしていきます。硬かったり、痛いところがあったらそれがこりです。そこを、親指の腹で気持ちよいくらいの強さでもみほぐします。強く押しすぎると逆に筋肉が硬くなってしまいます。もみほぐすのは、30秒ほどでいいでしょう。基本的には両手をもみほぐしますが、こりの強いほうだけでもかまいません。

 最後に太いマジックや小型のすりこぎなどを親指のつけ根に当て、縦、横、斜めなど、いろいろな方向に転がすと、血流が促進され、より筋肉がほぐれます。

 こりは一度では完全にほぐれませんから、何度もくり返してください。そして必ず、する前とした後でこりが軽減しているか確認し、症状の変化を見てください。それをくり返すことで、ほぐし方が上達し、症状も改善していくでしょう。

親指のつけ根のもみ方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt