MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【クレアチニン値を下げる方法】

【クレアチニン値を下げる方法】 "ふくらはぎマッサージ" のやり方

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)

老廃物の排出を促進し血液を浄化する!

ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていることは、ご存じの人も多いでしょう。

心臓は、人体においてポンプの役割を果たし、血液の3割を頭部へ、7割を心臓から下へと送ります。
しかし、下半身へ送られた血液を心臓に戻すためのポンプはありません。

心臓に戻るはずの静脈血は、重力の影響を受け、どうしても下半身に滞りがちになります。
全身の血流が悪くなると、必要な酸素や栄養素が、各器官の細胞に行き渡らなくなります。

また、静脈血が停滞すると、老廃物を回収して静脈に流れ込むリンパの流れも悪化します。
リンパの働きは、体内の免疫システムを機能させるうえでも、重要です。

血流の悪化は、体内の各所の機能を低下させるため、さまざまな疾病の要因となるのです。
そこで重要となるのが、ふくらはぎの存在です。

運動などによってふくらはぎを効果的に動かすと、筋肉がポンプの役割を果たします。
下半身に滞った静脈血を、心臓へと戻してくれるのです。

また、ふくらはぎ同様に、足の裏の重要性も見逃せません。
足の裏は、「内臓の鑑」といわれるほど、反射区(全身の各臓器や器官につながる末梢神経)が集まっています。

腎臓の反射区は、足の裏の、中央より少し上辺りです。
反射区を刺激すると、その部分に対応する臓器へ集中的に血液が送られることが、研究で判明しています。

そこで、私たちのクリニックで治療に取り入れているのが、「内臓トレーニング」です。
これは、ふくらはぎや足の裏などへの刺激に重点を置いた独自の理学療法です。

内臓の活性化を図り、自律神経のバランスを整えるため、数々の方法を組み合わせ、血流を改善します。
滞った血流がスムーズになれば、老廃物の排出が促進されるので、血液が浄化されます。

腎臓は、体内で血液をろ過して、老廃物を尿として体外に排出する、浄水場のような存在です。
体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減ります。

腎臓の負担が減れば、衰えていた機能が回復します。
内臓トレーニングが、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのは、こうしたわけなのです。

7割以上が腎機能を改善・維持している!

内臓トレーニングでは、自力療法として、ふくらはぎを効果的に動かす歩き方や、マッサージ法などを指導しています。
同時に、より治療効果を高めるため、専用の低周波電気治療器を用いています。

もともと人間の体には、微弱な電流が流れています。
この生体電流に似た低周波の電流を人体に通電すると、筋肉が収縮して血行がよくなります。

この治療法は、半世紀以上前から研究され、主に肩こりなど、筋肉痛の治療に使われてきました。
その治療を受けた患者のなかに、腎臓をはじめとした内臓機能の回復例が多く見られたことに着目したのが、内臓トレーニング理論の始まりです。

腎機能を測る目安の一つに、クレアチニン(Cr)値があります。
基準値は医療施設によって異なりますが、5・0mg/dl前後(腎臓の残存機能10%)になると、人工透析の導入が検討され始めるようです。

Cr値は、一度上がり始めるとなかなか下がらないといわれています。
しかし、内臓トレーニングを実践した腎臓病の患者さん192人のCr値を調べたところ、45・3%が低下し、25・5%が維持しています(2006年12月~2011年12月、内臓トレーニング協会調べ)。

つまり、ふくらはぎなどへの刺激により、全身の血流をよくすることで、7割以上の患者さんが、腎機能を改善または維持できているのです。
次に、その一例をご紹介しましょう。


85歳の男性・Aさんは、大の美食家でした。

糖尿病性腎症を患っても、食事療法を拒んできた結果、症状が悪化。
Cr値は4・85mg/dlまで上がり、主治医から人工透析を勧められるようになりました。

内臓トレーニングを友人の紹介で知り、熱心に取り組んだところ、1ヵ月後には、Cr値が一気に2・52mg/dlまで降下しました。
しかし、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す数値であるヘモグロビンA1cは、まだ10・1%もありました(基準値は4・6~6・2%)。

そこで、さらに根気よく継続したところ、3ヵ月後には、Cr値が2・01mg/dl、ヘモグロビンA1cの値も、7・1%まで下がりました。
主治医からは、「これは奇跡。透析の必要は、一生ないでしょう」と、太鼓判を押されたそうです。

そして半年経ったころには、Cr値は1・81mg/dlまで降下。
ヘモグロビンA1cは6・0%と、ついに基準値内まで下げることができたのです。
人工透析の危機を脱出し、糖尿病も乗り越えたAさんは、5年ほど経った今も元気に暮らしています。


内臓トレーニング理論の根幹は、ふくらはぎなどへの刺激による血流促進と、自律神経系の安定化です。
治りにくいといわれる腎臓病を克服する突破口は、この二つにあるのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt