【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)


老廃物の排出を促進し血液を浄化する!

ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていることは、ご存じの人も多いでしょう。

心臓は、人体においてポンプの役割を果たし、血液の3割を頭部へ、7割を心臓から下へと送ります。
しかし、下半身へ送られた血液を心臓に戻すためのポンプはありません。

心臓に戻るはずの静脈血は、重力の影響を受け、どうしても下半身に滞りがちになります。
全身の血流が悪くなると、必要な酸素や栄養素が、各器官の細胞に行き渡らなくなります。

また、静脈血が停滞すると、老廃物を回収して静脈に流れ込むリンパの流れも悪化します。
リンパの働きは、体内の免疫システムを機能させるうえでも、重要です。

血流の悪化は、体内の各所の機能を低下させるため、さまざまな疾病の要因となるのです。
そこで重要となるのが、ふくらはぎの存在です。

運動などによってふくらはぎを効果的に動かすと、筋肉がポンプの役割を果たします。
下半身に滞った静脈血を、心臓へと戻してくれるのです。

また、ふくらはぎ同様に、足の裏の重要性も見逃せません。
足の裏は、「内臓の鑑」といわれるほど、反射区(全身の各臓器や器官につながる末梢神経)が集まっています。

腎臓の反射区は、足の裏の、中央より少し上辺りです。
反射区を刺激すると、その部分に対応する臓器へ集中的に血液が送られることが、研究で判明しています。

そこで、私たちのクリニックで治療に取り入れているのが、「内臓トレーニング」です。
これは、ふくらはぎや足の裏などへの刺激に重点を置いた独自の理学療法です。

内臓の活性化を図り、自律神経のバランスを整えるため、数々の方法を組み合わせ、血流を改善します。
滞った血流がスムーズになれば、老廃物の排出が促進されるので、血液が浄化されます。

腎臓は、体内で血液をろ過して、老廃物を尿として体外に排出する、浄水場のような存在です。
体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減ります。

腎臓の負担が減れば、衰えていた機能が回復します。
内臓トレーニングが、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのは、こうしたわけなのです。

7割以上が腎機能を改善・維持している!

内臓トレーニングでは、自力療法として、ふくらはぎを効果的に動かす歩き方や、マッサージ法などを指導しています。
同時に、より治療効果を高めるため、専用の低周波電気治療器を用いています。

もともと人間の体には、微弱な電流が流れています。
この生体電流に似た低周波の電流を人体に通電すると、筋肉が収縮して血行がよくなります。

この治療法は、半世紀以上前から研究され、主に肩こりなど、筋肉痛の治療に使われてきました。
その治療を受けた患者のなかに、腎臓をはじめとした内臓機能の回復例が多く見られたことに着目したのが、内臓トレーニング理論の始まりです。

腎機能を測る目安の一つに、クレアチニン(Cr)値があります。
基準値は医療施設によって異なりますが、5・0mg/dl前後(腎臓の残存機能10%)になると、人工透析の導入が検討され始めるようです。

Cr値は、一度上がり始めるとなかなか下がらないといわれています。
しかし、内臓トレーニングを実践した腎臓病の患者さん192人のCr値を調べたところ、45・3%が低下し、25・5%が維持しています(2006年12月~2011年12月、内臓トレーニング協会調べ)。

つまり、ふくらはぎなどへの刺激により、全身の血流をよくすることで、7割以上の患者さんが、腎機能を改善または維持できているのです。
次に、その一例をご紹介しましょう。


85歳の男性・Aさんは、大の美食家でした。

糖尿病性腎症を患っても、食事療法を拒んできた結果、症状が悪化。
Cr値は4・85mg/dlまで上がり、主治医から人工透析を勧められるようになりました。

内臓トレーニングを友人の紹介で知り、熱心に取り組んだところ、1ヵ月後には、Cr値が一気に2・52mg/dlまで降下しました。
しかし、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す数値であるヘモグロビンA1cは、まだ10・1%もありました(基準値は4・6~6・2%)。

そこで、さらに根気よく継続したところ、3ヵ月後には、Cr値が2・01mg/dl、ヘモグロビンA1cの値も、7・1%まで下がりました。
主治医からは、「これは奇跡。透析の必要は、一生ないでしょう」と、太鼓判を押されたそうです。

そして半年経ったころには、Cr値は1・81mg/dlまで降下。
ヘモグロビンA1cは6・0%と、ついに基準値内まで下げることができたのです。
人工透析の危機を脱出し、糖尿病も乗り越えたAさんは、5年ほど経った今も元気に暮らしています。


内臓トレーニング理論の根幹は、ふくらはぎなどへの刺激による血流促進と、自律神経系の安定化です。
治りにくいといわれる腎臓病を克服する突破口は、この二つにあるのです。

→【関連記事】慢性腎臓病(CKD)の検査・数値の見方
→【関連記事】クレアチニン値を下げる運動で ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!
→【関連記事】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【長時間透析のメリット】長時間透析とは? 食事制限なしで高血圧性心不全を予防

【長時間透析のメリット】長時間透析とは? 食事制限なしで高血圧性心不全を予防

現在、日本で行われている透析療法は、週に3回、4時間透析が主流です。しかし、この透析には問題が多々あります。私は日本に透析療法が導入された1967年ごろから、透析医療に携わってきました。そうしたなかで、私が最も頭を悩ませたのが、「高血圧性心不全」でした。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】