【自分できる】手のツボマッサージ シミやシワ、頬のたるみ対策に「手もみ美容」が効く

【自分できる】手のツボマッサージ シミやシワ、頬のたるみ対策に「手もみ美容」が効く

年齢を重ねていくほど、深刻な問題になっていくお肌のトラブル。シミ、そばかす、ほおのたるみといった美容の悩みをお持ちの女性は少なくありません。年齢のせいにして美肌をあきらめているかたはいませんか。そんなかたはぜひ一度、手をもんだり押したりしてみてください。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


森田真理
「Mari鍼灸Salon」オーナー。19歳でエステティシャンになり多くの顧客をもつようになるが、激務がたたり30代で寝たきり生活になる。闘病中に鍼灸治療に出合い早稲田医療専門学校に入学。後に渡米し解剖学を習得。さらに東洋医学を徹底的に学び36歳で鍼灸国家資格を取得。現在に至る。著書に『手から体を癒す』(ブルーロータスパブリッシング株式会社)がある

手のひらと甲が全身の臓器や骨に対応

 年齢を重ねていくほど、深刻な問題になっていくお肌のトラブル。シミ、そばかす、ほおのたるみといった美容の悩みをお持ちの女性は少なくありません。しかし、なかには年齢のせいにして、美肌をあきらめているかたもいるのではないでしょうか。そんなかたはぜひ一度、手をもんだり押したりしてみてください。

 私が日々サロンで実践している「手もみ美容」は、韓国の民間療法である高麗手指鍼や東洋医学を基にした美容・健康法です。

 顔のむくみやたるみには即効性がありますし、シミ、そばかす、下腹部のポッコリ感などは毎日続けることで改善が期待できます。

 東洋医学への興味と高麗手指鍼を実践するようになったのは、私自身の治療体験がきっかけです。
 私は10代でエステティシャンとなり、日々お客さまの心身のケアに努めていました。エステティシャンという仕事は、一見華やかな仕事のように思われがちですが、実は大変な肉体労働です。長年、施術に携わっているうちに、私は、ひどい腰痛に悩まされるようになりました。そこへ過労によるストレスも加わり、30代にして、ほぼ寝たきりの状態に陥ってしまったのです。

 多くの病院や整体に通ったものの、症状はまったく改善しませんでした。しかし、鍼灸の治療を受けたところ、みるみる腰痛がよくなったのです。

 これを機に私は東洋医学に関心を持ち、鍼灸治療を勉強。その後、美容に特化した鍼灸治療を行うサロンをオープンし、現在に至っています。
 この鍼灸治療の勉強中に出合ったのが、高麗手指鍼でした。

高麗手指鍼は、韓国の伝統医療を基に、1970年代に理論がまとめられた民間療法です。高麗手指鍼では、手のひらと指に全身の各部位を反映する反射区があると考えます。 

 手のひら側は体の前面、つまり、おなか側を反映しています。顔を反映する反射区は中指の腹に、内臓を反映する反射区は、中指下の手のひらを中心に心臓、胃、おへそ、子宮、生殖器とあり、そこから横に各臓器の反射区があります。

 手の甲側には、体の背面・背中側を反映する反射区があります。これらの反射区を温める、もむ、押すなどすることで、その部位の不調が改善します。

 もともと私の左目はひどい弱視で、眼鏡やコンタクトレンズを使っても視界はぼんやりとしか見えませんでした。

 しかし、あるセミナーで高麗手指鍼の先生と知り合い、左目に対応する中指の腹に鍼を打ってもらったところ、その場で視界がクリアになったのです。

 数日後、私のサロンに、目を開けるのも辛そうなほど大きなものもらいのできたお客さまがお見えになりました。先日の実体験が記憶に残っていた私は、試しに、そのお客さまの中指の腹にお灸をすえてみました。すると、期待どおりにその場でものもらいがしぼみ、赤みが引いていったのです。

 このときの経験が基になり、私は今でも患者さんに施術をするさいは、てい鍼(刺さない鍼)とお灸を使っています。

ヘアピン、つまようじがあれば自宅でもできる

 サロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。

 体に不調のある人は、手のひらや指にある不調箇所の反射区を指でもんだり、押したりしてみてください。強い痛みやゴリゴリ、ゴツゴツといったしこりのようなものを感じるなど、なんらかの反応があるはずです。
 こうした反応のある箇所を中心にもんだり、押したりすれば、反映された体の部位の不調の多くは改善していきます。

 各反射区をピンポイントで刺激したい場合、てい鍼の代わりに、ヘアピンやつまようじ(先端が尖っていない側)、ボールペンのお尻など、棒状のものを利用するといいでしょう。

 東洋医学では、病気の多くは血液が汚れて滞ることが原因と考えられています。血液の汚れや滞りは内臓の働きも低下させます。実は、顔のむくみやたるみ、シミ、そばかす、下腹部のぽっこり感、抜け毛といった悩みの多くは、加齢の影響だけでなく、内臓の働きの低下も関係しているのです。

 例えば、東洋医学では腎臓の働きが低下すると、目の下にクマが生じたり、シミやそばかすができたりするといわれています。また、女性は男性よりも筋肉が少なく、子宮や卵巣など腹部に臓器が多いため、もともと下腹部がポッコリと出やすくなっています。それに加えて胃の働きが低下すると、胃が下がったり胃腸にガスがたまったりして下腹部のポッコリ感が増すのです。

ヘアピンやつまようじなどの先端が尖っていない部分で押す

手のひらの血流をよくすると内臓の働きも向上

 手や指を押したり、もんだりしたときに強い痛みやゴリゴリとしたしこりなどの反応を感じるときは、その位置が反映する体の各部位で血液が滞っていると思われます。この反応をつぶすようなつもりで約30秒から1分ほど強めにもんだり、押したりすれば、各部位の血液の流れがよくなり、内臓の働きも向上するはずです。

 現代医学でも、手には1万7000本もの神経が通っているといわれています。これは、体のほかの部位と比べてもはるかに多い数です。手の反射区を押しもみすれば、その刺激が神経を通って脳へと伝わり、さらに、脳から体の各部位へ伝わって不調が改善するのです。

 ピアノの奏者など、ふだん手指を多く動かす人は、心身の若々しい人が多いように思います。彼らは手指を動かすことで、全身の反射区が自然と刺激されているのでしょう。

 手もみ療法は、いつでもどこでも、気づいたときに行えるのも魅力です。1日に何回行ってもかまいません。入浴時やテレビを見ながら、信号待ちの時間などに行うといったルールを決めてしまえば、習慣として身につけやすいはずです。

 ただし、発熱時、お酒を飲んだ後、ケガなどで出血をしているときは避けてください。
 45~55歳の更年期の女性は、女性ホルモンのバランスが乱れるため体調が変動しやすくなります。美容の面でも、それまでの状態を維持するのが大変なはずです。
 以前は睡眠時に回復できていたはずの疲労が残り、それが積み重なることによって、肌や髪、体形などが変わりやすくなるのです。

 こうした更年期から始まる美容の悩みにも、手もみ美容はお勧めです。手をもむことで血液の流れがよくなり、内臓の働きが向上すれば、女性ホルモンのバランスの乱れからくる不調も改善しやすくなるからです。

 更年期以降の女性もあきらめることはありません。食を含む生活習慣を変えて、まだまだきれいになれると思えば、心身は必ず若返ります。その手始めに、ぜひ手もみ美容をお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)