MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
眼科医推奨・老眼の治し方!簡単回復トレーニング「目のスクワット」

眼科医推奨・老眼の治し方!簡単回復トレーニング「目のスクワット」

私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)

解説者のプロフィール

本部千博
ほんべ眼科院長。ほんべ視力健康研究所所長。
1985年、岐阜大学医学部卒業。協立総合病院で研修後、内科医として勤務。
89年、岐阜大学医学部眼科教室に入局。2005年より現職。
「近視・老眼は治せる」をモットーに、独自の視力回復法や生活指導によって、近視予防や老眼防止などに成果を挙げている。

●ほんべ眼科
https://www.honbe-ganka.com/

60歳の今も視力は1・0

 健康診断などで視力が低下したという結果が出ても、急いでメガネを作る必要はありません。切実に困ったことがない限り、少しの間は様子を見るといいでしょう。
 なぜなら視力は、体調や体のリズム、気分、姿勢、天候などによって絶えず変化しているからです。一度の検査結果から、すぐに決めつけられるものではありません。
 以下のような、私自身の経験もあります。

 中学生のとき、眼科で行った視力検査で、右目の視力が0・3と出ました。医師からは、「すぐにメガネを作りましょう」と言われましたが、このとき私は、医師の言うことを聞きませんでした。
 まず自分なりの改善策を試すことを考えたのです。そのときに実行したのは、遠くの風景を見るようにしたり、寝ながら読書をすることをやめたり、勉強机の照明を明るくしたり、目を休ませる時間を作ったりといったことです。その結果、視力は1・0まで回復しました。

 私のケースは、おそらく一時的にピント調節力が下がって視力が低下する「仮性近視」だったと思われます。
 多くの人は、眼科医から「視力低下のためにメガネが必要」と言われれば、すぐにメガネを作るのではないでしょうか。すると、視力は落ちたまま固定されます。それどころか、メガネに慣れることで、視力はさらに落ちていくこともあるのです。

 メガネをかければ周囲がはっきり見えますが、それはそもそも、目の本来的な機能が回復したからではありません。
 目がメガネに慣れてしまうと、自分の目が本来持っているはずの見ようとする力が失われ、かえって近視や老眼の進行が進んでしまうのです。
 私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っている「目のスクワット」にあるのです。

目のスクワットのやり方

遠近を交互に見る目のスクワット

 加齢によって足腰が衰えてきたら、スクワットで足の筋肉を伸び縮みさせて強化することがよいとされています。これと同様に、目が衰えてきたら、目の筋肉を伸び縮みさせて目の筋肉を鍛えることが効果的です。

「目のスクワット」のやり方は極めて簡単で、実際のスクワットのように体に負荷がかかりません。近くと遠くを交互に見るだけでいいのです。
 目にとって、レンズの役割を果たしているのが水晶体です。物を見るとき、水晶体のそばの毛様体筋という筋肉が伸び縮みすることで、水晶体の厚みを変え、目のピント調節を行っています。
 しかし、現代人の多くは、近くばかり見る生活をしています。その代表例は、テレビやパソコンです。近距離にある画面に焦点を合わせて、何時間もジッと凝視してしまいがちです。

 こうして近場ばかりを見つめていると、毛様体筋が疲れ切ってこわばり、水晶体の厚みが変わりにくくなります。こうして、近眼や老眼になり、視力低下が起こってきます。
 毛様体筋が疲弊しているときには、眼球の向きを上下左右に自由に動かす6本の筋肉群(外眼筋と総称します)もこわばっています。毛様体筋や外眼筋が緊張していると、目の血流が悪くなり、目の酸欠状態が引き起こされます。

 また、毛様体筋から分泌される房水という目の体液の循環も悪くなるため、栄養が十分に届けられなくなります。
 こうして目のコンディションが低下すれば、近視や老眼、目の充血、ドライアイなどの諸症状も起こりやすくなります。
 そんな現代人の悪化した目を変革するのが、目のスクワットなのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt