医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ガス腹でお腹が張る】対策に ガス抜き「手のツボマッサージ」のやり方

【ガス腹でお腹が張る】対策に ガス抜き「手のツボマッサージ」のやり方

お腹にガスが溜まる「ガス腹」を解消し、ぽっこり出た下腹を引き締める「手もみ美容」をご紹介しましょう。自宅でも簡単にできて、即効性がある施術です。高麗手指鍼をベースとした、手の反射区を利用したツボマッサージ。ぜひお試しください。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


森田真理
「Mari鍼灸Salon」オーナー。19歳でエステティシャンになり多くの顧客をもつようになるが、激務がたたり30代で寝たきり生活になる。闘病中に鍼灸治療に出合い早稲田医療専門学校に入学。後に渡米し解剖学を習得。さらに東洋医学を徹底的に学び36歳で鍼灸国家資格を取得。現在に至る。著書に『手から体を癒す』(ブルーロータスパブリッシング株式会社)がある

下腹ぽっこりを解消する「手もみ美容」のやり方

下腹部がぽっこり出ている人は、胃腸の働きが悪く、おなかにガスがたまっている場合が多い。へそから大腸のあたりを広範囲に刺激することで、胃腸の働きが改善されれば、下腹部の出っ張りの解消が期待できる。また、心身を安定させる幸福物質・セロトニンは、腸で9割が作られる。ストレスを感じている人、リラックスをしたい人も、へそから大腸のポイントを刺激し、腸を元気にするのをお勧めする。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ガス

関連する投稿


腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

高齢になるにつれ、腸の動きは衰えます。腹痛や便秘だけにとどまらず、腸の機能の低下は免疫力も落とし、それが体全体への悪影響となって現れます。末永く健康を維持するためにも、腸もみをうまく活用するといいでしょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長総合診療科教授)


【酢ニンニクの作り方と健康効果】失敗しないで美味しく作るポイント

【酢ニンニクの作り方と健康効果】失敗しないで美味しく作るポイント

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


ヨーグルトでは効果なしの「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

ヨーグルトでは効果なしの「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

不調を訴えて来られる患者さんに、私はよく「パンと牛乳をやめてください」といいます。というのも、パンや牛乳は、腸の炎症を引き起こし、さまざまな病気の原因になることがわかっているからです。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)