MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ドライアイ対策や目が冷たく感じるときに効果あり!簡単、目の体操のやり方

ドライアイ対策や目が冷たく感じるときに効果あり!簡単、目の体操のやり方

目のトラブルを改善するために目を温めることは、治療の基本です。私のクリニックでは、遠赤外線の温熱治療器を使うこともあります。眼底出血の患者さんに温熱治療器を使ったところ、レーザー治療でも効果がなかったのに、症状が目覚ましく改善したこともあります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)

解説者のプロフィール

本部千博
ほんべ眼科院長。ほんべ視力健康研究所所長。
1985年、岐阜大学医学部卒業。協立総合病院で研修後、内科医として勤務。
89年、岐阜大学医学部眼科教室に入局。2005年より現職。
「近視・老眼は治せる」をモットーに、独自の視力回復法や生活指導によって、近視予防や老眼防止などに成果を挙げている。

●ほんべ眼科
https://www.honbe-ganka.com/

目を温めたら眼底出血も改善した

 長時間にわたってテレビやパソコンなど、近くの画面を見続けると眼球が固定されます。目の筋肉が緊張し、目や目の周囲の血行が滞ってくるのです。
 このように目を動かす筋肉がこわばり、運動不足になると、眼球にゆがみが生じ、近視や遠視、乱視、ドライアイなどの症状が出やすくなります。

 また、目の血流も悪化するために、目のピント調整がうまくいかず、近視や老眼なども進行します。
 こんなとき、閉じたまぶたに手を当てると、手が温かく感じると同時に、目がひんやり冷たくなっていることに気づくでしょう。これは、目の血流が滞り、冷えているからです。

 この状態を改善するためには、まず目を温めることです。そのための方法としては、手のひらをこすり合わせて温め、その手でまぶたを覆うといいでしょう。
 目のトラブルを改善するために目を温めることは、治療の基本です。私のクリニックでは、遠赤外線の温熱治療器を使うこともあります。眼底出血の患者さんに温熱治療器を使ったところ、レーザー治療でも効果がなかったのに、症状が目覚ましく改善したこともあります。

 こうして目を温め血流を改善した後、眼球を動かす「眼球グルグル体操」をしてください(図参照)。
 眼球を右回り、左回りと各10回グルグル回してください。目や目の周辺に張り巡らされた毛細血管の隅々にまで血液が送られ、目の筋肉が鍛えられます。

 この一連の目の体操によって、目のコンディションを整え、目の若さを保つことができるのです。
 偶然にも、別記事の戸谷さんは私の勧める眼球体操と、まったく同じことを行っていました。この目の体操を毎日続けてきたことが、老眼を予防し、現在の視力維持につながっていることは間違いありません。
 また、戸谷さんは90歳を超えてなお、「もう年だから目がよく見えなくても仕方ない」とあきらめませんでした。そのことが、実は目の若々しさを保つ最大の理由なのだと思います。

眼球グルグル体操のやり方

まばたき1回するだけで目薬1滴分に相当

 ところで、目のトラブルとして最近、急増しているのがドライアイです。
 ドライアイが急増する背景には、最初に挙げたようなテレビやパソコン、スマホなど、近くの画面を見続けるような生活が一般的になったことがあります。

 ドライアイは、目の表面(角膜)が乾燥する病気で、代表的な症状は、目が疲れやすい、充血する、ゴロゴロする、物がかすんで見える、目が乾いた感じがするといったものです。
 ドライアイには2種類あり、一つは涙が出る量が少ないために乾燥するタイプ(涙液減少タイプ)。もう一つが、涙の質が低下するタイプです。

 ドライアイという名前から、前者のタイプが多いと思われていますが、実は患者さんの8割以上が後者のタイプなのです。
 涙は単なる水ではなく、涙腺から分泌される水分と、まぶたの縁にあるマイボーム腺から分泌される油が混じり合ったものです。

 目の表面が潤うのは、まばたきによって目の下にたまっている涙が引き上げられるからです。この涙に油が十分混ざっていれば、涙は目の表面に長くとどまり、乾燥しません。涙に油が足りないために、目は乾燥し、ドライアイになるのです。

 ドライアイを自分で防ぎ、治す方法としてお勧めなのは、意識的なまばたきです。図のような、「まばたき体操」も効果的でしょう。
 ドライアイに悩む人の多くは、近くの画面を凝視してまばたきの回数が減り、目が乾燥しやすくなっています。

 そのような状態を改善するのに、まばたき体操は役立ちます。まばたき1回は、目薬1滴分の効果があるのです。
 若々しい目を保つために、ここで紹介した2つの目の体操をぜひお試しください。

まばたき体操のやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
更新: 2018-07-28 17:47:33
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
更新: 2018-04-20 18:35:19
寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 
更新: 2018-09-18 18:03:52
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt