【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


発酵によって有益なアミノ酸がグンと増加!

今、米こうじから作る「食べる甘酒(生甘酒)」が大ブームになっています(作り方は別記事参照)。
しかし、米こうじから作られた甘酒について、ヒトへの機能性を科学的に検証した報告は、これまでほとんどありませんでした。

そこで、私は2015年、大手酒造メーカーとの共同研究により、その機能性について確かめることにしました。
この研究結果は、昨年12月に放送された「あさイチ」(NHK総合)で取り上げられ、大きな話題を集めました。

被験者は、当大学の女子大学生12名です。
米こうじと水だけで作ったノンアルコールの甘酒を、6名には100g、残りの6名には200g、毎日就寝前に飲むことを4週間続けてもらいました。

なお、甘酒とは別に、3食はしっかりとってもらいました。
飲み方は指定しなかったので、冷たい状態で飲んだ人もいれば、人肌程度に温めて飲んだ人もいたようです。

4週間後、皮膚の溝の面積から肌のキメを測定すると、どちらのグループも、腕・首の肌のキメが整うという傾向が確認できました。
また、肌の水分量は、腕と首のどちらも増えました。

そして、100g飲んだ人よりも、200g飲んだ人のほうが水分蒸発量は抑えられ、肌の水分量が高くなったのです。
皮膚はいくつもの層でできていて、いちばん上の角質層は、バリア機能を果たしています。

外部の刺激から守ったり、肌から水分が蒸発するのを防いだりしているのです。
肌のキメが整うと、このバリア機能が高まります。

その結果、水分を肌に閉じ込め、肌の水分量が増えたと考えられます。
被験者の実感としては、「冬でカサカサだった肌がモッチリした」「吹出物が減った」「肌にハリが出た」「化粧のりがよくなった」などの声が聞かれました。

肌以外の効果では、ひどい便秘が改善した人や、血液中のヘモグロビンの量が増えて貧血が改善した人もいました。
なお、被験者たちは、ふだんの食事に甘酒をプラスしたにもかかわらず、体重が増加する人はいませんでした。

では、米こうじの甘酒が、どうして肌によい効果をもたらしたのでしょうか。
私の専門は、アミノ酸研究です。

アミノ酸は、肌や髪を作るのに必要なたんぱく質の構成成分で、ネックレスのように連なっています。
そして、それが一つに分離されて遊離アミノ酸になると、さまざまな機能を発揮することがわかっています。

そこで、私は甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析しました。
すると、発酵によって、総量がグンと増えることが確認できたのです。

加えて甘酒は、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかりました。
体内に活性酸素が増えると細胞が傷つけられるため、多くの肌トラブルにつながります。

ですから、抗酸化作用のある甘酒を定期的に摂取することは、肌を良好に保つためにも有効なのです。

1g 20 万円相当の美肌物質も含まれている

数ある抗酸化物質のなかでも、アミノ酸の一種「エルゴチオネイン」は、ビタミンEの7千倍の抗酸化力を持つといわれています。
「最強の抗酸化物質」とも呼ばれ、絶大な美肌効果を持つこの合成商品は、なんと1gあたり約20万円もする貴重な物です。

甘酒には、このエルゴチオネインが含まれていることが、別の研究で報告されているのです。
そのほか、甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサになります。

腸内環境が整うので、美肌効果につながると考えられます。
体内に腐敗物質がたまると、血液が汚れて肌荒れの原因になります。

腸内環境が整えば、腐敗物質の生成が減少します。
腸での栄養成分の吸収が上がるため、肌の状態も改善しやすくなるのです。

今回、私が行った研究は、被験者の平均年齢が21・4歳と若かったため、シミやシワへの効果は確認できませんでした。
しかし、角質層が整って肌の新陳代謝が正常化すれば、シミ・シワなども消えやすくなります。

幅広い世代の肌トラブルの改善も期待できるでしょう。
甘酒は、糖質が高いため、とり過ぎはよくありませんが、1日200g 程度を毎日摂取すれば、肌にも体にもよい効果が期待できます。

なお、研究で使った甘酒は、新たな菌の繁殖を防ぐ目的から、加熱殺菌をして酵素を死滅させています。
市販されている甘酒と同じ状態です。

ですから、手作りの生甘酒を摂取すれば、酵素が生きたままとれるので、より高い美容・健康効果が得られるでしょう。
ぜひ皆さんも、生甘酒で美肌づくりを目指してください。

高岡素子
神戸女学院大学人間科学部教授

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )