【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


奥津純子
フードデザイナー。美術短大卒業後、グラフィックデザイナーを経て転身。「ふだんの食材でおもてなし」をコンセプトに、楽しんで食べられる空間をデザインする料理家。レシピ提供、コラム執筆、企業メニュー開発、料理講師などとして各種メディアで活躍。著書に『タラゴンさんちの大満足ごはん200』(集英社)がある。ブログは「タラゴンの挿し木」で検索。

料理上手でハイカラな祖父から受け継いだ一品

タマネギのオイル漬けは、親子三代にわたって、我が家の常備食です。
祖父は仕事を引退してから、よく海外に出かけていました。

どこか外国でタマネギのオイル漬けの作り方を覚え、自宅でも作るようになったそうです。
祖父は料理上手で、当時からすると、かなりハイカラなほうでした。

来客が多い家だったので、タマネギのオイル漬けを使ったさまざまな料理を作り、振る舞っていたとのこと。
祖父からレシピを受け継いだ母も、冷蔵庫にこれを常備していました。
そんなわけで、私の家でも、タマネギのオイル漬けは欠かせません。

毎日のように料理に加えて、家族皆で食べています。
タマネギのオイル漬けの、基本的な作り方は、下の図解のとおりです。

調味料は、目安となる分量を載せていますが、実際は、タマネギの量や、瓶の大きさなどによって多少異なります。
お好みもあると思うので、適宜、調整してください。

使うオイルは、ブドウの種から作られた、グレープシードオイルがお勧めです。
香りやクセが少なく、どんな料理にも合わせやすいからです。

スーパーなどで購入できます。
また、グレープシードオイルは冷えても固まりにくいので、その点でも適しています。

というのも、油によっては、冷蔵庫で保存すると固まってしまうからです。
もちろん、湯せんするなどして温めれば溶けますが、私は生のシャキシャキ感が好きなので、熱を加えないで済むよう、もともと固まりにくい油を選ぶようにしています。

固まりにくいという点では、サラダ油を使ってもいいでしょう。

毎日食べて家族皆カゼ知らずで元気!

タマネギのオイル漬けはどんな料理にも応用自在ですが、私はたいてい、ドレッシングやソースにします。
例えば、マヨネーズと、ゆで卵、それにパセリを加えれば、とてもおいしいタルタルソースが作れます。

トンカツやステーキにタマネギのオイル漬けをのせて、しょうゆやポン酢をかければ、ひと味変わった和風に変身。
また、ケチャップとマヨネーズを混ぜれば、タマネギ入りのオーロラソースになります。

ニンニクを入れたしょうゆと合わせ、刺し身にかければ、カルパッチョの出来上がりです。
祖父は、タマネギのオイル漬けに、輪切りのレモンとスライスした新巻鮭を漬け込み、サーモンマリネを作っていました。

こうして毎日のように、タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。
今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。

私は料理家として講師もしており、料理教室やインターネット上のブログなどで、このレシピを紹介することもあります。
そのたびに多くのかたから反響があり、大変好評です。

血糖値が高かった50代の女性は、このタマネギのオイル漬けをよく活用していたところ、次の健康診断で基準値内になったと、喜んで報告してくださいました。
おいしくて健康にもいいタマネギのオイル漬けを、ぜひお試しください。

強力な抗酸化作用が体の免疫力を高める(北翔大学・北翔大学短期大学部学長・西村弘行)

奥津さんは毎日のようにタマネギのオイル漬けを料理に活用され、ご家族は皆カゼ知らずとのこと、なによりですね。
タマネギに豊富に含まれるケルセチン類は強力な抗酸化作用を持つため、体の免疫力を高めます。

みじん切りにして油や調味料と和え、数日おくことで、辛みが抜けて食べやすくなります。
タマネギを生で楽しみたい人に適した食べ方といえます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

来年で芸能生活40年を迎える私ですが、「もう歌手生命は終わりだな」と覚悟したことがありました。原因は、慢性腎不全です。45歳のとき、突然疲労感から抜け出せなくなり、歌うときにも声に力が入らなくなってしまったのです。【解説】松原のぶえ(歌手)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)