MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
加齢黄斑変性の症状が改善 視力も向上 目の悩みには「番茶シップ」がお勧め

加齢黄斑変性の症状が改善 視力も向上 目の悩みには「番茶シップ」がお勧め

疲れ目をはじめ、緑内障、白内障、老眼、加齢黄斑変性などの改善や、視力アップなど、目に対して有効な自然療法である「番茶シップ」をご紹介しましょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)

番茶シップとは

 私のクリニックでは、最先端の西洋医学だけではなく、東洋医学や自然療法を積極的に導入した統合医療も行っています。 この自然療法の代表の一つであるマクロビオティック(玄米菜食を中心とした食事療法)では、番茶が頻繁に使われます。優れた健康効果のあることが、昔から知られているからです。

 ここでは、疲れ目をはじめ、緑内障(視神経に障害が起こり視野が狭くなる病気)、白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気)、老眼、加齢黄斑変性(網膜の中心の黄斑が加齢とともに変性し視力が低下する病気)などの改善や、視力アップなど、目に対して有効な自然療法である「番茶シップ」をご紹介しましょう。

 番茶シップは、煮出した番茶に少しの塩を入れ、そこに浸したタオルで目を温めるだけの療法です。たったこれだけで、目の血行を促進する効果と、目を引き締める効果があります。
 温かい番茶に浸したタオルを目に当てると、その温熱効果によって、目や目の周辺組織が温められ、血行が促進されます。

番茶シップの効果

 また、マクロビオティックの考え方では、食品は体を温める物と体を冷やす物に分けられますが、番茶は前者です。番茶シップによって、番茶の成分が皮膚から浸透すれば、体内から冷えを取る効果が期待できます。
 目と、その周辺組織が温められ、血流がアップすれば、固まった筋肉がほぐれ、動きが正常化します。その結果、疲れ目や、疲れ目が悪化して起こる眼精疲労、そしてドライアイ、老眼に強力な効果を発揮します。

 疲れ目は、眼球を支える6本の筋肉(外眼筋)が硬直し、筋肉疲労を起こすことが原因です。パソコンやスマートフォンなどを長時間使い続ければ、目のピントを同じ距離で合わせ続けることになり、当然、目には大きな負荷がかかります。

 番茶シップで目を温め、外眼筋などの血流を促進して筋肉の硬直をほぐせば、疲れ目は深刻化せずに改善するでしょう。
 老眼は、加齢によって水晶体の弾力が低下し、さらに水晶体の厚みを変える筋肉である毛様体筋の筋力が衰え、水晶体の厚みの調節がうまくできずに起こります。

 このように老眼は老化現象のため、根治はできません。しかし、番茶シップは、目やその周辺組織の血行を促進することにによって、老眼の進行を遅らせます。番茶シップで、老眼鏡が不要になったという人もいるほどです。

 また、番茶には、渋味成分のタンニンが豊富に含まれています。タンニンには収斂作用(組織や血管を縮める働き)があり、目やその周囲の組織が引き締められます。
 この作用により、目にたまった余分な水分が排出され、眼圧を左右する房水と呼ばれる目の体液が調節されます。その結果、緑内障を改善へと導くのです。

番茶シップの作り方とやり方

水晶体の白濁が軽快!

 ここで、番茶シップが効果を上げた症例をいくつか紹介しましょう。

 1人目は、加齢黄斑変性に悩む60代の女性です。
 その女性は視力が0.2まで悪化し、裸眼での自動車免許の更新を危ぶまれました。どうしても裸眼でクリアしたいと考え、一念発起して、番茶シップを行ったのです。
 そうしたところ、3ヵ月後には視力が0.8まで上昇しました。念願かなって、裸眼で運転免許の更新に成功したのです。

 2人目は、白内障に悩む76歳の女性です。この女性は、10年以上前に白内障を発症し、2010年に来院したときには、肉眼でも黒目の白濁がわかるほどになっていました。
 眼科医からは手術を勧められていましたが、手術を拒否していました。当院で治療をしながら、自宅では番茶シップを中心とした自然療法に取り組んでもらったのです。
 1年ほど番茶シップを続けてもらったところ、水晶体の白濁が軽減しました。2012年には眼科で日帰り手術を受けましたが、白内障が改善していたため、体への負担が軽い日帰り手術で済ますことができたと喜んでいました。番茶シップで、水晶体の濁りが軽減した貴重な症例といっていいでしょう。

 3人目は、眼圧の高さに悩む32歳の男性です。
 この男性は、20代から両目の眼圧が上昇し、点眼薬による治療を5年ほど続けていました。しかし、思うように眼圧は下がりません。当院に通院し、治療のかたわら、自宅で番茶シップを行いました。
 熱心な取り組みの結果、20mmHg以上あった眼圧が、1年後には、16~18mmHgに低下したのです(正常値は10〜20mmHg)。ご本人は、「失明の危機を回避できた」と喜んでいました。

 目の悩みを持つ人は、番茶シップを試すといいでしょう。

解説者のプロフィール

三浦直樹
みうらクリニック院長。1968年、大阪府生まれ。兵庫医科大学卒業。「難病といわれてもあきらめない」をモットーに、手技療法、カウンセリングや催眠療法などを、必要に応じて西洋医学と組み合わせながら治療を行っている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00
老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)
更新: 2018-07-28 17:47:33
「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)
更新: 2018-04-20 18:35:19
寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 
更新: 2018-09-18 18:03:52
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt