【食べる米ぬか】作り方と利用法 腸をきれいにする効果 美容活用レシピ(3)

【食べる米ぬか】作り方と利用法 腸をきれいにする効果 美容活用レシピ(3)

米ぬかには玄米の優れた栄養が凝縮されています。食べることで腸の状態がよくなり免疫力がアップし生活習慣病やアレルギー症状の改善、美肌に玄米同等の効果を発揮してくれるのです。こうばしくて甘くコクのあるおいしさはクセになります。ふだんから玄米派の人はもちろん、白米派の人には特にお勧めのレシピです!【料理】竹内ひろみ(料理家)


食べる米ぬかの作り方

高野豆腐のドライカレー

野菜のうまみが凝縮!

【材料】(2 人分)
高野豆腐…1枚
タマネギ…小1/ 2個
ニンジン…1/ 4本
エリンギ…1本
ピーマン…1個 
オリーブオイル…大さじ1/ 2
塩…少々 
カレー粉…小さじ1(お好みで調整)
食べる米ぬか…大さじ1/ 2
以下Ⓐ
野菜ジュース(甘くない物)…150mL
酒…大さじ1 
しょうゆ…大さじ1/ 2
コンソメ(顆粒)…小さじ1
(エネルギー:167kcal,塩分1.4g/1人分)

【作り方】
❶高野豆腐は湯で戻し、フードプロセッサーにかけて細かくする。
❷野菜はすべてみじん切りにする。
❸フライパンにオリーブオイルを引き、②のタマネギをしんなりするまで炒め、塩を加える。
❹①と、②の残りを入れ、炒め合わせる。
❺カレー粉と米ぬかを振り入れ、Ⓐを加え、汁気がほぼなくなるまで煮る。
❻ご飯といっしょに器に盛る。好みで野菜を添える。
※手順①は、包丁で代用可。

エビ団子の和風煮

つなぎに使うとまとまりがよい

【材料】(2 人分)
エビ…100g 
ネギ(みじん切り)…1/ 4本分
カブ…1個 
ニンジン…1/ 4本
シメジ…1パック(100g) 
出汁…200mL
以下Ⓐ
食べる米ぬか…大さじ1/2  
塩…少々 
ショウガのしぼり汁…1片分
以下Ⓑ
塩…ひとつまみ
酒…大さじ1
みりん…小さじ1
薄口しょうゆ(なければ濃口)…小さじ1
片栗粉…大さじ1
(エネルギー:111kcal,塩分1.2g/1人分)

【作り方】
❶カブとニンジンは食べやすい大きさに切り、ゆでる。シメジは石突きを除いてほぐし、塩と酒各少々(分量外)を振って蒸す。
❷エビは殻を除き、フードプロセッサーにかけ、すり身状になったらⒶを入れてさらに回し、ネギを加え、よく混ぜる。
❸出汁を温めてⒷで調味した中に、4 等分した②をスプーンですくって落とし、火が通ったら取り出す。
❹③の出汁に、同量の水(分量外)で溶いた片栗粉を加え、とろみをつける。
❺①と、③のエビ団子を器に盛り、④をかける。
※手順②は、包丁やすり鉢で代用可。

豚肉の竜田揚げ

米ぬかのツブツブ感が楽しい

【材料】(2 人分)
豚もも薄切り肉…120g
片栗粉…大さじ2
食べる米ぬか…大さじ1
揚げ油…適量
以下Ⓐ
しょうゆ、みりん…各大さじ1
ニンニク(すりおろし)…1片分
(エネルギー:208kcal,塩分1.4g/1人分)

【作り方】
❶豚肉にⒶをもみ込み、下味をつける。
❷片栗粉と米ぬかを合わせ、①にまぶす。
❸揚げ油を170 度に温め、②をからりと揚げ、器に盛る。好みで野菜を添える。

白身魚のパン粉焼き

粉チーズと合わせてコクが倍増!

【材料】(2 人分)
タラ…2切れ
ハーブソルト(なければ塩)…少々
パン粉…1/ 4カップ(約10g)
食べる米ぬか…大さじ1
粉チーズ…大さじ1
薄力粉…大さじ2
溶き卵…1個分
オリーブオイル…適量
(エネルギー:201kcal,塩分0.6g/1人分)

【作り方】
❶タラにハーブソルトを振る。
❷パン粉に米ぬかと粉チーズを合わせて混ぜる。
❸①に薄力粉をはたき、溶き卵、②の順にまぶす。
❹フライパンにオリーブオイルを多めに引き、③を両面がキツネ色になるまで揚げ焼きにして、器に盛る。好みで野菜を添える。

抹茶のマフィン

砂糖少なめでも十分な甘さ!

【材料】(マフィン型4個分)
薄力粉…120g
以下Ⓐ
食べる米ぬか…大さじ1
抹茶…小さじ2 
砂糖…50g
ベーキングパウダー…小さじ1
塩…ひとつまみ
以下Ⓑ
米油…30g
牛乳(または豆乳)…70mL
(エネルギー:250kcal,塩分0.2g/1個分)

【作り方】
❶ふるった薄力粉をボウルに入れ、Ⓐを加え、泡立て器でよく混ぜる。
❷Ⓑをよく混ぜ、①に加え合わせ、4等分して型に入れる。
❸ 170 度に温めたオーブンに②を入れ、20 ~ 25 分焼く。

白ゴマのプリン

二層に分かれておしゃれ!

【材料】(プリン型2個分)
牛乳…300mL
食べる米ぬか…大さじ1/ 2
砂糖…大さじ2
白ねりゴマ…大さじ1
ゼラチン…5g
(エネルギー:199kcal,塩分0.1g/1個分)

【作り方】
❶鍋に牛乳、米ぬか、砂糖、ねりごまを入れ、よく混ぜ合わせてから中火にかける。
❷砂糖が溶け、ふつふつしてきたら火を止め、水(分量外)でふやかしたゼラチンを加える。
❸②の粗熱を取り、カップに入れ、冷蔵庫で2 ~ 3 時間冷やし固める。好みでメープルシロップをかけ、ドライフルーツを飾る。

竹内ひろみ
料理家。栄養士・国際中医薬膳師。料理教室「ひろろクッキング」主宰。"ココロとカラダが元気になる食" をテーマに、無理なく続けられるヘルシーでシンプルな食生活を提案している。

食べる米ぬか活用レシピ(1)
食べる米ぬか活用レシピ(2)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


米ぬか

関連する投稿


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(2)

腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(2)

米ぬかには玄米の優れた栄養が凝縮されています。食べることで腸の状態がよくなり免疫力がアップし生活習慣病やアレルギー症状の改善、美肌に玄米同等の効果を発揮してくれるのです。こうばしくて甘くコクのあるおいしさはクセになります。ふだんから玄米派の人はもちろん、白米派の人には特にお勧めのレシピです!【料理】竹内ひろみ(料理家)


腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(1)

腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(1)

米ぬかには玄米の優れた栄養が凝縮されています。食べることで腸の状態がよくなり免疫力がアップし生活習慣病やアレルギー症状の改善、美肌に玄米同等の効果を発揮してくれるのです。こうばしくて甘くコクのあるおいしさはクセになります。ふだんから玄米派の人はもちろん、白米派の人には特にお勧めのレシピです!【料理】竹内ひろみ(料理家)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)