【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる、抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。しかし、どれほど治療が進歩しても、ガン予防の重要性に変わりはありません。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


抗がん剤の研究者だからこそ予防の重要性を痛感

 私は長年、副作用のない抗がん剤を目指して研究を続けてきました。従来の抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞も傷つけてしまうため、吐き気や脱毛、食欲不振、造血機能障害、神経障害など、さまざまな副作用を伴います。

 私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。
 しかし、どれほど治療が進歩しても、「そもそもがんにならないようにする」ことの重要性に変わりはありません。
 私は、抗がん剤の研究を行う一方で、がん予防の研究も進めてきました。

 長年の研究から得た結論は、「がん予防には野菜スープがいちばん」ということです。

 がんの発症には、猛毒の活性酸素がかかわっています。紫外線、化学物質、タバコ、慢性炎症などが呼吸で取り入れた酸素から活性酸素や一酸化窒素を生じさせ、細胞や遺伝子を傷つけ、正常細胞をがん細胞に変異させます。活性酸素を消去することが、がん予防に直結するのです。

 私たちの体には、活性酸素を消去する物質を作る働きが備わっています。ところが年齢とともにこの働きは低下し、活性酸素を処理しきれなくなります。

 そこで、役立つのが野菜スープなのです。野菜には活性酸素を消去するさまざまな抗酸化物質が含まれています。
 代表がファイトケミカル(植物が紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質の総称。植物の色素や香り、苦味などを構成している成分)です。トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、ファイトケミカルは身近な野菜に豊富に含まれています。

 ファイトケミカルのがん予防に関する研究は欧米を中心に進み、発がん物質の解毒、がん細胞の成長・増殖の抑制、免疫力を高めてがん細胞への攻撃力を強化するなどの働きが認められています。野菜を十分に食べ、ファイトケミカルをとることが、がん予防の最善策といえましょう。

野菜の抗酸化成分をとるにはスープがベスト

 野菜といえば、サラダで食べる人が多いようです。しかし、生野菜をそのまま食べた場合、ファイトケミカルはわずかしか吸収できません。
 ファイトケミカルの多くは、野菜の細胞のなかにあります。細胞は、セルロースという食物繊維の一種でできた頑丈な細胞壁に包まれています。

 ファイトケミカルを取り出すには、細胞壁を壊さなくてなりませんが、人間の体内では、セルロースを消化できません。
 野菜を嚙んだり、包丁で刻んだりした程度では大半の細胞壁は壊れず、細胞の中の有効成分を吸収できないのです。
 実際、生野菜を食べた後に検便を行って便を観察すると、野菜の細胞は未消化のままそっくり便に排泄されています。

 野菜の有効成分をあますところなくとるベストな方法が、野菜を加熱し、スープとしてとることです。野菜をゆでるだけで頑丈なセルロースの細胞壁はあっけなく壊れ、細胞や細胞膜からファイトケミカルがスープに溶け出すからです。

 私たちの実験で、野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、野菜を5分間煮出したゆで汁のほうが10倍~100倍強いことが明らかになっています。(グラフ参照)

 野菜スープには、ビタミン類、ミネラル類など、ファイトケミカル以外の有効成分も丸ごと溶け出しています。野菜スープをとることで、サラダとは比較にならない強力な抗酸化パワーを得られます。
 野菜を加熱すると、ビタミンCが壊れてしまうのではないかと、心配するかたがいるかもしれません。ビタミンC単体では加熱に弱いのは確かです。

 しかし、野菜に含まれるビタミンCは、種々の抗酸化成分の働きで安定化し、壊れにくくなっています。
 スープ作りのポイントは、複数の野菜を入れること。さまざまな成分の相乗的な働きで抗酸化パワーがより高まります。
 お勧めは、ホウレンソウ、コマツナ、ブロッコリーなど緑の濃い野菜、旬の露地野菜です。これらは抗酸化作用が強いことが実験でわかっています。

 私も、毎日朝食で野菜スープを欠かさずとっています。量は大きめのマグカップに7分目ほど。減塩を意識してスープに味つけはしていませんが、隠し味にみそや岩塩、カレー粉を少し入れることもあります。
 家内が作る野菜スープには、タマネギやニンジン、ジャガイモ、セロリ、カボチャ、ダイコンの葉など、季節ごとに旬を迎える6種類ほどの野菜が入っています。
 野菜の3倍ほどの水を鍋に入れて1時間弱煮たあと、ハンドミキサーでトロトロのポタージュ状にするのが我が家流です。
 のどごしがなめらかなスープは朝食にぴったりです。みなさんも野菜スープを健康維持にお役立てください。

ポタージュにすると口当たりがよく飲みやすい!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )