医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる、抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。しかし、どれほど治療が進歩しても、ガン予防の重要性に変わりはありません。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


抗がん剤の研究者だからこそ予防の重要性を痛感

 私は長年、副作用のない抗がん剤を目指して研究を続けてきました。従来の抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞も傷つけてしまうため、吐き気や脱毛、食欲不振、造血機能障害、神経障害など、さまざまな副作用を伴います。

 私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。
 しかし、どれほど治療が進歩しても、「そもそもがんにならないようにする」ことの重要性に変わりはありません。
 私は、抗がん剤の研究を行う一方で、がん予防の研究も進めてきました。

 長年の研究から得た結論は、「がん予防には野菜スープがいちばん」ということです。

 がんの発症には、猛毒の活性酸素がかかわっています。紫外線、化学物質、タバコ、慢性炎症などが呼吸で取り入れた酸素から活性酸素や一酸化窒素を生じさせ、細胞や遺伝子を傷つけ、正常細胞をがん細胞に変異させます。活性酸素を消去することが、がん予防に直結するのです。

 私たちの体には、活性酸素を消去する物質を作る働きが備わっています。ところが年齢とともにこの働きは低下し、活性酸素を処理しきれなくなります。

 そこで、役立つのが野菜スープなのです。野菜には活性酸素を消去するさまざまな抗酸化物質が含まれています。
 代表がファイトケミカル(植物が紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質の総称。植物の色素や香り、苦味などを構成している成分)です。トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、ファイトケミカルは身近な野菜に豊富に含まれています。

 ファイトケミカルのがん予防に関する研究は欧米を中心に進み、発がん物質の解毒、がん細胞の成長・増殖の抑制、免疫力を高めてがん細胞への攻撃力を強化するなどの働きが認められています。野菜を十分に食べ、ファイトケミカルをとることが、がん予防の最善策といえましょう。

野菜の抗酸化成分をとるにはスープがベスト

 野菜スープには、ビタミン類、ミネラル類など、ファイトケミカル以外の有効成分も丸ごと溶け出しています。野菜スープをとることで、サラダとは比較にならない強力な抗酸化パワーを得られます。

 野菜を加熱すると、ビタミンCが壊れてしまうのではないかと、心配するかたがいるかもしれません。ビタミンC単体では加熱に弱いのは確かです。

 しかし、野菜に含まれるビタミンCは、種々の抗酸化成分の働きで安定化し、壊れにくくなっています。
 スープ作りのポイントは、複数の野菜を入れること。さまざまな成分の相乗的な働きで抗酸化パワーがより高まります。

 お勧めは、ホウレンソウ、コマツナ、ブロッコリーなど緑の濃い野菜、旬の露地野菜です。これらは抗酸化作用が強いことが実験でわかっています。

 私も、毎日朝食で野菜スープを欠かさずとっています。量は大きめのマグカップに7分目ほど。減塩を意識してスープに味つけはしていませんが、隠し味にみそや岩塩、カレー粉を少し入れることもあります。

 家内が作る野菜スープには、タマネギやニンジン、ジャガイモ、セロリ、カボチャ、ダイコンの葉など、季節ごとに旬を迎える6種類ほどの野菜が入っています。

 野菜の3倍ほどの水を鍋に入れて1時間弱煮たあと、ハンドミキサーでトロトロのポタージュ状にするのが我が家流です。
 のどごしがなめらかなスープは朝食にぴったりです。みなさんも野菜スープを健康維持にお役立てください。

 野菜といえば、サラダで食べる人が多いようです。しかし、生野菜をそのまま食べた場合、ファイトケミカルはわずかしか吸収できません。

 ファイトケミカルの多くは、野菜の細胞のなかにあります。細胞は、セルロースという食物繊維の一種でできた頑丈な細胞壁に包まれています。

 ファイトケミカルを取り出すには、細胞壁を壊さなくてなりませんが、人間の体内では、セルロースを消化できません。
 野菜を嚙んだり、包丁で刻んだりした程度では大半の細胞壁は壊れず、細胞の中の有効成分を吸収できないのです。
 実際、生野菜を食べた後に検便を行って便を観察すると、野菜の細胞は未消化のままそっくり便に排泄されています。

 野菜の有効成分をあますところなくとるベストな方法が、野菜を加熱し、スープとしてとることです。野菜をゆでるだけで頑丈なセルロースの細胞壁はあっけなく壊れ、細胞や細胞膜からファイトケミカルがスープに溶け出すからです。

 私たちの実験で、野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、野菜を5分間煮出したゆで汁のほうが10倍~100倍強いことが明らかになっています。(グラフ参照)

ポタージュにすると口当たりがよく飲みやすい!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


野菜スープを飲んで周りが驚く透明美肌をゲット! 目尻のシミも消失

野菜スープを飲んで周りが驚く透明美肌をゲット! 目尻のシミも消失

スープを飲み始めて1カ月半ぐらいたった頃、昼ご飯を食べるためにマスクを外しました。すると、同僚に「肌ツヤがいい!透明感があってきれい。なにか肌にいいことやっているでしょ」と言われました。花粉症で肌のコンディションが最悪のときにほめられ、びっくりしました。【体験談】森由美子(会社員・41歳)


抗がん剤の世界的権威が推奨!がん予防には「サラダより野菜スープ」が効果

抗がん剤の世界的権威が推奨!がん予防には「サラダより野菜スープ」が効果

がんを始め病気の発生には、活性酸素が密接にかかわっており、活性酸素を消去することが、病気の予防につながると考えられています。野菜は、活性酸素を消去する抗酸化成分であるファイトケミカルを豊富に含んでいるのです。ファイトケミカルを効率よく利用するには、サラダより野菜スープがお勧めです。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

熊本大学名誉教授の前田浩先生は、ノーベル化学賞の候補にも名が挙がる、抗がん剤の世界的研究者です。前田先生が、病気予防とアンチエイジングに考案したスープの本『最強の野菜スープ』が今、大きな反響を呼んでいます。【監修】前田浩(熊本大学名誉教授)【レシピ・料理】古澤靖子(料理研究家)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)