【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


最近注目の善玉菌を増やすと判明!

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。
甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。

これまでの研究で、こうじが体内の脂肪を減らしたり、悪玉と呼ばれる血中のLDLコレステロール値や血糖値を下げたりするなど、さまざまな健康効果が報告されています。 
しかし、どんな成分がこうした機能をもたらすかは、わかっていませんでした。

こうじの機能成分等についての研究データは、これまできわめて少なく、ようやく研究が進んだばかりなのです。
そんななか、私たち研究チームは、こうじに含まれる新しい成分と機能を発見しました。

それが、「こうじセラミド(グルコシルセラミド)」です。
セラミドは、肌の保湿作用がある物質として有名ですが、それと同じ成分が、こうじに多量に含まれていると判明したのです。

特に、生甘酒には、高濃度で含まれていることもわかりました。
こうじセラミドは、肌への美容効果だけではなく、健康にもよい効果をもたらします。

食べた物は通常、小腸で分解され、吸収されます。
しかし、こうじセラミドは、小腸ではなく大腸で分解されます。

そこで私たちは、こうじセラミドが腸内細菌になんらかの影響を及ぼしているのではないかと考え、マウスに与えてみました。
すると、こうじセラミドが腸内細菌のエサになり、ある善玉菌を増やすことがわかったのです。

その善玉菌とは、最近注目されている「ブラウティア・コッコイデス」という菌です。
ブラウティア菌は、日本人の腸に多く存在する腸内細菌で、これがいると不安感が少なくなる、という報告もあります。

和食を食べると気持ちが落ち着くのは、この菌の影響があるのかもしれません。
善玉菌といえば、ビフィズス菌や乳酸菌が有名ですが、それだけが腸内に存在すればいいわけではありません。

最近のアメリカの研究によると、善玉菌に多様性があるほうが、健康効果が高いそうです。
ですから、生甘酒をとってブラウティア菌が増えれば、さらなる腸内環境の改善効果が期待できるのです。

肝臓の脂肪代謝を促進!糖尿病の改善にも期待!

こうじセラミドは、メタボリック・シンドロームの改善の可能性もあると、我々の研究結果は示しました。
こうじセラミドの大半は大腸まで届きますが、残りの一部は小腸で分解され、肝臓に運ばれます。

そこで我々は、肝臓の脂肪代謝について研究した結果、こうじセラミドが、肝臓内のPPARという因子に作用し、脂肪代謝を活性化させると、細胞レベルで発見したのです。
実際、マウスを使った実験では、肝臓のコレステロール値が有意に低下しました。

PPARは、糖の代謝の活性を促すため、糖尿病にも効果的に働く可能性があると考えています。
生甘酒の場合、糖質が多いので大量にとってはいけませんが、少量であれば改善の期待が持てます。

また、私たちは最新の研究で、肉との食べ合わせに、こうじセラミドが有効であるという可能性を示唆する結果も得ています。
肉を食べ過ぎると、脂肪を分解する胆汁酸が大量に分泌されます。

胆汁酸が出過ぎると、腸内細菌叢を乱し、腸の粘膜を傷つけてしまいます。
しかし、こうじセラミドには、胆汁酸から腸内細菌叢を保護する作用があるとわかったのです。

これらの実験は、まだヒトでは確認されていません。
動物実験や試験管内の実験段階ですが、ヒトによる健康効果も、十分期待できると考えています。

ですから、毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。
続けることが大切です。

1日コップ1杯分を飲めばいいでしょう。
胃酸で生甘酒の酵素が失われないよう、食後に飲むことをお勧めします。

ちなみに、私も、毎日少量の生甘酒を飲んでいます。
そのおかげで、便通がよくなり、肌がスベスベになりました。

生甘酒などの発酵食品は、遠い祖先から何百年にもわたって受け継がれてきた、貴重な贈り物です。
しかし今、そのこうじ文化が衰退しつつあります。

その伝統を途絶えさせないためにも、さらなるこうじの研究を進めていきたいと思います。

北垣浩志
佐賀大学農学部教授

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )