MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)

最近注目の善玉菌を増やすと判明!

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。
甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。

これまでの研究で、こうじが体内の脂肪を減らしたり、悪玉と呼ばれる血中のLDLコレステロール値や血糖値を下げたりするなど、さまざまな健康効果が報告されています。 
しかし、どんな成分がこうした機能をもたらすかは、わかっていませんでした。

こうじの機能成分等についての研究データは、これまできわめて少なく、ようやく研究が進んだばかりなのです。
そんななか、私たち研究チームは、こうじに含まれる新しい成分と機能を発見しました。

それが、「こうじセラミド(グルコシルセラミド)」です。
セラミドは、肌の保湿作用がある物質として有名ですが、それと同じ成分が、こうじに多量に含まれていると判明したのです。

特に、生甘酒には、高濃度で含まれていることもわかりました。
こうじセラミドは、肌への美容効果だけではなく、健康にもよい効果をもたらします。

食べた物は通常、小腸で分解され、吸収されます。
しかし、こうじセラミドは、小腸ではなく大腸で分解されます。

そこで私たちは、こうじセラミドが腸内細菌になんらかの影響を及ぼしているのではないかと考え、マウスに与えてみました。
すると、こうじセラミドが腸内細菌のエサになり、ある善玉菌を増やすことがわかったのです。

その善玉菌とは、最近注目されている「ブラウティア・コッコイデス」という菌です。
ブラウティア菌は、日本人の腸に多く存在する腸内細菌で、これがいると不安感が少なくなる、という報告もあります。

和食を食べると気持ちが落ち着くのは、この菌の影響があるのかもしれません。
善玉菌といえば、ビフィズス菌や乳酸菌が有名ですが、それだけが腸内に存在すればいいわけではありません。

最近のアメリカの研究によると、善玉菌に多様性があるほうが、健康効果が高いそうです。
ですから、生甘酒をとってブラウティア菌が増えれば、さらなる腸内環境の改善効果が期待できるのです。

肝臓の脂肪代謝を促進!糖尿病の改善にも期待!

こうじセラミドは、メタボリック・シンドロームの改善の可能性もあると、我々の研究結果は示しました。
こうじセラミドの大半は大腸まで届きますが、残りの一部は小腸で分解され、肝臓に運ばれます。

そこで我々は、肝臓の脂肪代謝について研究した結果、こうじセラミドが、肝臓内のPPARという因子に作用し、脂肪代謝を活性化させると、細胞レベルで発見したのです。
実際、マウスを使った実験では、肝臓のコレステロール値が有意に低下しました。

PPARは、糖の代謝の活性を促すため、糖尿病にも効果的に働く可能性があると考えています。
生甘酒の場合、糖質が多いので大量にとってはいけませんが、少量であれば改善の期待が持てます。

また、私たちは最新の研究で、肉との食べ合わせに、こうじセラミドが有効であるという可能性を示唆する結果も得ています。
肉を食べ過ぎると、脂肪を分解する胆汁酸が大量に分泌されます。

胆汁酸が出過ぎると、腸内細菌叢を乱し、腸の粘膜を傷つけてしまいます。
しかし、こうじセラミドには、胆汁酸から腸内細菌叢を保護する作用があるとわかったのです。

これらの実験は、まだヒトでは確認されていません。
動物実験や試験管内の実験段階ですが、ヒトによる健康効果も、十分期待できると考えています。

ですから、毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。
続けることが大切です。

1日コップ1杯分を飲めばいいでしょう。
胃酸で生甘酒の酵素が失われないよう、食後に飲むことをお勧めします。

ちなみに、私も、毎日少量の生甘酒を飲んでいます。
そのおかげで、便通がよくなり、肌がスベスベになりました。

生甘酒などの発酵食品は、遠い祖先から何百年にもわたって受け継がれてきた、貴重な贈り物です。
しかし今、そのこうじ文化が衰退しつつあります。

その伝統を途絶えさせないためにも、さらなるこうじの研究を進めていきたいと思います。

こうじに含まれる新しい成分と機能を発見

解説者のプロフィール

北垣浩志
佐賀大学農学部教授

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
人間はコラーゲンをそのまま摂取しても消化できません。しかし加熱すると、構造が壊れてゼラチンになり、簡単に消化できるようになります。ゼラチンを酵素で細かく分解するとペプチドになります。肌ダメージが気になる方はゼラチンやペプチドを食べる習慣をつけると良いでしょう。【解説】佐藤健司(京都大学大学院農学研究科教授・農学博士) 
更新: 2019-04-13 18:00:00
炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えてより美容効果が上がるはず、と考えました。重曹もクエン酸も食品添加物として使われるほど安全な成分でスーパーなどで安価に購入できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2019-02-21 09:46:08
日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)
更新: 2018-10-14 20:00:00
足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2018-10-07 07:00:00
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2018-10-06 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt