【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

甘酸っぱくてプルーンのような、フルーツのような黒ニンニク。白いニンニクからは想像もできない味わいです。しかも、薬効は生のニンニクよりはるかに高い。そんな黒ニンニクが、生のニンニクと炊飯器があれば自宅で作れるとあって、今、全国でブームになっています。【監修】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


黒ニンニク作りが全国でブーム

 甘酸っぱくてプルーンのような、フルーツのような黒ニンニク。白いニンニクからは想像もできない味わいです。しかも、薬効は生のニンニクよりはるかに高い。
 そんな黒ニンニクが、生のニンニクと炊飯器があれば自宅で作れるとあって、今、全国でブームになっています。
 ただ、作る際に、ニンニクの強いにおいが出るので、家が密集する場所や密閉された部屋で作る場合には注意が必要なようです。
 それでも作る人が全国で増えているのは、はかりしれない魅力が黒ニンニクにあるからでしょう。
 それでは、作り方を詳しくご紹介します。

準備するもの

◎電気炊飯器…1台(古いものや中古品でOK)
◎生ニンニク…炊飯器に入る量(5合炊きなら約1㎏)
◎キッチンペーパー、またはざる(ニンニクから水が出るので下に敷く)
◎作る場所…においが発生するので、換気がよく風通しのいいところ

黒ニンニクの作り方

❶ニンニクは、玉のままでも、バラして粒にしてもよい。汚れた外皮は取る。

❷炊飯器の底にキッチンペーパーを敷いて、ニンニクを入れる。上にもかぶせる。

❸炊飯器の保温のスイッチをオンにする。保温した状態で1週間置く。

❹7日目に取り出して半日〜1日風に当てる。
❺再び、保温状態にして約1週間置く。ときどきふたをあけて中身の状態を観察することが重要。

❻中が黒くて甘酸っぱくなっていれば完成。

作るときのにおいについて

・熟成中の最初の1週間はニンニクの強いにおいが発生する。その後はおさまる。
・炊飯器は、ニンニクのにおいがつくので、他の用途には使えなくなる。中古でOK。

作る期間や味について

・熟成期間が短いと、ニンニクの辛味やにおいが残る。
・熟成期間は、ニンニクの大きさや、玉のままか粒の状態かによっても若干異なる。
・ニンニクの産地や時期、作り方によって味や色に違いが出る。

食べ方

・1日1〜2片を食べる。おいしいので食べすぎには注意する。
・においは、生ニンニクと違って、ほとんどない。
・スライスしてヨーグルトに入れたり、ピザにのせたりしてもおいしい。酒のつまみにしてもいい。

保存

・冷蔵庫で保存する。

なぜ炊飯器で黒ニンニクが作れるのか

 黒ニンニクを作るには、次の2つの条件が必要です。
❶温度を50〜70℃に保つ。
❷湿度を70〜80%に保つ。
 これらの条件は作る人の工夫で適宜変えることもたいせつです。

 この2つの条件を最も手軽に維持できるのが、炊飯器を保温状態にすることです。
 ただし、温度と湿度によって、味や出来上がりが異なります。温度が高いほど(限界はあります)化学反応が速くなり、早く熟成します。
 また、湿度が低すぎるとニンニクがあまり軟らかくなりません。逆に高すぎると、出来上がったときベタベタします。その場合は、干して乾燥させるといいでしょう。熟成させる期間は、2週間が目安です。

 ちなみに、黒ニンニクは微生物が介在しないので、発酵食品ではなく熟成食品です。
 熟成中はにおいが発生しますが、黒ニンニクはすばらしい機能性食品なので、ぜひ手作りして健康増進に役立ててください。

ささき じんいち
1940年、岩手県生まれ。弘前医療福祉大学教授、医学博士。アメリカ国立衛生研究所(NIH)やベルギーパスツール研究所などに招聘され研究に従事する。専門分野は免疫学、微生物学、食品機能学。黒ニンニクの抗腫瘍活性(2007年)、黒ニンニクのNK細胞の活性化(2009年)を英国学術誌に発表。これらは黒ニンニクの生理活性作用の最初の研究報告となる。協同組合青森ニンニク協会顧問。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)