MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「糀(こうじ)水」の作り方

【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「糀(こうじ)水」の作り方

糀(こうじ)水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。また「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです。【解説】山﨑京子(山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ)

日本の気候風土に合った生きている食材をとろう

私は、新潟県の阿賀町で糀屋を営んでいます。
創業は明治元年で、私は六代目に当たります。

店では、昔ながらの製法を守って糀を作っています。
新潟産米のコシイブキに、特別配合の糀菌で作った「黄糀」と呼ばれる物です。

黄糀は、特に糖度が高く、発酵力が強いことが特長です。
一般的な白糀と違って熱に強いので、加熱しても糀菌が失われることがありません。

そのため、糀が持っている、美容や健康に役立つ力が最大限生かされるんです。
そもそも、日本人は、日本でできた食材を食べるのが、本来あるべき姿だと思います。

私たちの体は、日本の気候風土に合ったようにできているはずだからです。
だからこそ、昔の日本では、花粉症もアトピーもありませんでしたよね。

また、ふだん私たちが口にしているあらゆる食材は、生きている物と死んでいる物とに分けられます。
できるだけ、生きている食材をとるべきです。

私が作った糀は、すべて生きています。
これを体の中に入れれば、ほんとうの意味で生きたまま腸に届き、本来の効果が得られるんです。

「糀水(こうじみず)」の作り方

最近、甘酒がブームになっていて、うれしい限りです。
うちでは、甘酒を糀と水だけで作ります。

そのほかには、何も加えません。
今回は、この昔ながらの甘酒の簡易版である、「糀水」をご紹介します。

糀水の材料は糀と水だけ

飲むだけではなく、化粧水・入浴剤として使用するのもお勧め

私も毎日愛用しているので、古希を過ぎてもこんなに美肌(笑)。
作り方は甘酒よりも簡単なので、お客様にもお勧めしています。

飲んでも塗っても非常に重宝します。
糀水を作るときに使うのは、糀と水だけ。

もちろん、「生きている」糀を使っていただきたいのですが、目安としては、糀を食べてみておいしい、と感じた物で作っていただければいいと思います。
糀水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。

疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。
7㎏のダイエットに成功したかたもいるんですよ。

糀のすばらしさをご紹介するため、私は、全国各地で講演会を開いています。
そこにお見えになったかたがたも、その効果を実感されています。

例えば、ある70代の男性は、いつも180mmHg以上あった最大血圧が、ほんの3週間ほど糀水を飲んだだけで、130mmHg台に下がったんです(最大血圧の基準値は、140mmHg未満)。
また、43歳の男性は、糀水を2ヵ月ほど飲んだところ、正常値の倍くらいあった中性脂肪値とコレステロール値がたちまち半減して、すっかり正常化したんです。

これには、大学病院の先生が驚いて、「何か怪しい薬を飲んでない?」と疑われるほどだったそうです。
糀水は飲むだけでなく、スプレー容器に入れて化粧水がわりに使うのもお勧めです。

肌にうるおいが出て、とてもしっとりするんです。
さらに、糀水を3回ほど作ったあとは、糀の入った袋をお風呂に入れて使ってください。

入浴剤としてぴったりです。アトピーが解消したかたもいますし、乾燥肌が解消して美肌になる効果もあります。
花粉症の症状が軽くなったというお声もたくさんいただいています。

こんな声も届いています。
「幼いころからのアトピーに加え、春先には花粉症にも苦しめられてきましたが、糀水を飲み始めたら顔の赤みが消えてとてもうれしいです」

強力な抗酸化作用が薬科大学で実証された

こんなふうに、糀水は皆様の健康に役立っています。
でも、どうして糀が血圧を下げたり、皮膚を若返らせたりするのか、私は不思議に思っていました。

そこで、今年、専門の機関で研究していただきました。
すると、「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです(新潟薬科大学『黄糀の抗酸化活性評価と抗酸化物質の解析』)。

実は、私はスキー大回転のマスターズの現役選手。
新潟県では、70歳以上で出場している女性選手は私だけなんです。

これからも、糀水からパワーをもらって、80歳で世界一を獲得するのが目標です(笑)。

解説者のプロフィール

山﨑京子
山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ。
毎日の糀作りに加え、全国各地を飛び回り、糀のすばらしさを伝える講演会を開催している。「23歳でここに嫁いで以来、店を切り盛りしてきました。でも、それだけでは飽き足らず、副業でスナックのママもやったし、町会議員も2期務めましたよ(笑)」

●山﨑糀屋
http://www.yamazakikoujiya.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt