【ちょっとしたコツ】黒ニンニクの作り方 臭い対策は「酢に漬けること」

【ちょっとしたコツ】黒ニンニクの作り方 臭い対策は「酢に漬けること」

私が黒ニンニクを作ろうと思ったのは、2012年の春先のことです。その何年か前に、隣町の企業が異業種参入して黒ニンニクの製造を始め、このあたりでもちょっとしたブームになりました。私も初めて黒ニンニクを食べましたが、ニンニクとは思えないおいしさでした。【解説】高井治成さん(71歳 農業 岐阜県)


黒ニンニクを持つ高井さん。これが5合炊きの炊飯器1回で仕上がった量

母の言葉をヒントに酢を使ってみる

 私が黒ニンニクを作ろうと思ったのは、2012年の春先のことです。その何年か前に、隣町の企業が異業種参入して黒ニンニクの製造を始め、このあたりでもちょっとしたブームになりました。私も初めて黒ニンニクを食べましたが、ニンニクとは思えないおいしさでした。

 その頃は、製造方法もわからず、素人には製造できないと思っていましたが、しばらくしてから黒ニンニクの作り方が巷で流布し、炊飯器で簡単に作れることがわかりました。わが家もニンニクを栽培しているので、黒ニンニクを作ってみようと思い立ちました。
 とはいえ、作った人からは、ニンニクのにおいがきつく、鼻がひん曲がりそうだとか、郵便配達員さえもその家の前は顔をそむけて通るといった噂を聞いていました。インターネットで検索しても、においは避けて通れないようでした。

 そんなときに思い出したのが、母の言葉でした。元気だった頃、母は口ぐせのように「ニンニクは酢に漬けるとにおいが抜ける」と言っていました。
 そこで、一晩酢に漬けて作ってみることにしました。
 使う炊飯器は、知り合いから譲り受けた不要品です。2週間連続して通電するので、安全面で不安があったため、私は寝室の枕元のコンセントに差し込んで、出来上がりを待つことにしました。

2週間、炊飯器を枕元に置いて作った

 さて、問題のにおいです。普通はにおいを避けるために、黒ニンニクは居宅から離れた車庫や物置で作るのが定石だそうです。それを枕元で作るのですから、いくらおばあちゃんの知恵とはいえ、はたしてどれだけにおいが消えるか、半信半疑でした。
 ところが、それほど心配することはありませんでした。黒ニンニクを作っている2週間の間、くさくて目が覚めたり、眠れないということはありませんでした。

 においはまったくゼロというわけにはいきませんが、「鼻がひん曲がるほど」のにおいに比べたら、激減と言えると思います。
 いっしょの部屋で寝ている家内からも、「くさい」という言葉は聞かれませんでした。家族の苦情もなく、においが部屋にこもることもなく、さすがに昔の人の知恵はたいしたものだと思いました。
 しかし、においの感覚は人それぞれです。ですから、私のやり方で作っても「くさい」と感じる人はいるかもしれません。それでも、私のレシピで作った人たちから、「くさくて困った」という話は一度も聞いていません。

 酢は黒ニンニク専用にして、継ぎ足しながら何回も使っています。また、うまみを増すために、私は塩こうじをまぶして黒ニンニクを作っています。
 私のレシピで作る黒ニンニクは、塩こうじを使うせいか、まわりの皮まで真っ黒になります。この皮にもエキス(私は「養醇液」と呼んでます)がねっとりついているので、取っておいてお茶にして飲んでいます。黒ニンニクの皮茶です。フルーティな香りがほのかにします。

 黒ニンニクは毎晩1〜2片食べます。毎年の健康診断も問題ありません。もともと健康な私ですが、さらに元気になったようです。

最初、黒ニンニクは枕元で作った(右隅にあるのが炊飯器)

高井式 黒ニンニクの作り方

[準備するもの]
◎炊飯器(5合炊き)
◎ニンニク(炊飯器に入る量)
◎酢(できれば米酢)適量
◎塩こうじ 適量
◎ビニール袋
※塩こうじは、都合がつかなければ使わなくてもかまわない

❶ニンニクは汚れた外皮だけを取り除く。
❷炊飯器の内釜にニンニクを入れ、ニンニクが隠れるくらい酢を注ぎ、24時間置く。(この浸した状態を24時間保持するので、酢は朝に入れるとよい)

❸翌朝、酢から取り出して、半日(曇天なら1日)天日に干す。(使い終えた酢は、また次回使うので、容器に入れて保存する)

❹ビニール袋に大さじ2杯の塩こうじを入れ、そこにニンニクを5〜7個ぐらい入れて、表面に塩こうじがまんべんなく付くように袋をよく振る。全量終わるまで繰り返す。

❺塩こうじをからめたニンニクを炊飯器に移して、隙間なく詰め、ふたをする。
❻保温スイッチを入れて、そのままの状態で2週間待つ。(仕上がり予定日を紙に書いてふたに貼っておくとよい)
❼2週間たったら完成。(表面のねばりが強い場合は天日で乾燥させるとよい)

食べ方・飲み方

・おいしいので食べすぎてしまいがちだが、食べるのは1日1〜2片。
・皮にも「養醇液」がついているので、熱湯を注いでお茶として飲む。

備考

・塩こうじを使わない方法も試しましたが、においに差はありませんでした。
・私の場合、保温スイッチを入れたら2週間はふたをあけないで作っています。

酵素の働きが弱くなりにおい物質が少なくなる(弘前医療福祉大学教授 佐々木甚一)

 黒ニンニクを作るときに発生するにおいは、アリインというイオウ化合物が分解されて生じる、アリシンという香気成分が主体です。アリナーゼという酵素が働いて、アリインがアリシンに変化します。しかし、ニンニクを酢に一晩漬けると、酵素のアリナーゼの活性が弱くなるのではないでしょうか。酵素はたんぱく質でできており、たんぱく質は酸や熱に弱い性質があります。酢によってアリナーゼが壊れると、アリインがアリシンに変化せず、におい物質も生じなくなります。「酢に漬けるとニンニクのにおいが消える」といった先人の知恵は、経験則に基づくものです。昔の人の知恵はすごいものだと改めて思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


黒ニンニクの効果

関連する投稿


【黒ニンニクの効能と作り方】抗酸化力は28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果

【黒ニンニクの効能と作り方】抗酸化力は28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果

報道によると、往年の名俳優、宝田明さんは、59歳のときに狭心症で倒れて一命をとりとめたそうです。その宝田さんが健康のために食べているのが黒ニンニク。80歳になる今も、狭心症が再発することなく、むしろパワーがみなぎっているそうです。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

黒いニンニクを一口食べたときの驚き!鼻を突くようなにおいはなく、甘みと適度な酸味があって、まるでフルーツのよう。ニンニクとはとても思えませんでした。ニンニクを長年研究してきた私にとっても、それは衝撃的な出合いでした。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

甘酸っぱくてプルーンのような、フルーツのような黒ニンニク。白いニンニクからは想像もできない味わいです。しかも、薬効は生のニンニクよりはるかに高い。そんな黒ニンニクが、生のニンニクと炊飯器があれば自宅で作れるとあって、今、全国でブームになっています。【監修】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【黒にんにくの最強効果】まるでドライフルーツ LDLコレステロールを減らすと注目

【黒にんにくの最強効果】まるでドライフルーツ LDLコレステロールを減らすと注目

ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。最近では悪玉コレステロールを減らすとして、抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用でも注目を浴びています。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授 山東省科学技術協会最高顧問)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)