MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)

鳥は高血糖でも長生きなのはインスリンがないから

トリは高血糖だが動脈硬化にならない

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。
 ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。
 それでいて、トリは動脈硬化にならず、しかも長生きです。

 実は、トリの体内ではインスリンが分泌されず、外からインスリンを補っても作用しません。
 トリは、長い時間、空を飛び、筋肉を動かし続けます。このとき、筋肉のエネルギー源になるのが血中のブドウ糖です。そのため、常に高血糖である必要があるのです。

 さらにトリは、飛んでエサを見つけることができるので、飢餓のリスクがありません。そのため、エネルギー源(脂肪)を蓄える必要がないのです。
 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンです。その働きの本質は、血糖値を下げることではありません。
 インスリン本来の働きは、血糖値上昇分を中性脂肪に変換して、飢餓に備えるため、脂肪をためこむことにあります。
 脂肪をためこむことで肥満を招くことから、インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。

 前述のとおり、インスリンには、動脈硬化を進める活性酸素を増やしたり、老化や低血糖をもたらしたりするなどマイナス面があります。

 インスリンを持たないトリは、このマイナス面から逃れ、高血糖でも肥満にならず、糖尿病はもちろん、動脈硬化をはじめとする合併症とも無縁なのです。

合併症の真犯人はインスリン

 ヒトの場合にも同じことがいえます。
 1型糖尿病の人や、BMI25未満(体格指数のことで、計算式は体重÷身長(m)の2乗)のやせていて高血糖の人は、インスリンの分泌が少なく、トリと同じタイプといえます。

 このタイプは、インスリンの影響が小さいので動脈硬化が進みにくく、合併症も起こりにくい不老長寿体質といえます。
 逆に、BMIが25以上で、太っていて高血糖という人(メタボ型)は、インスリンが過剰に分泌され、脂肪をためこみやすく、動脈硬化を進行させて、合併症を起こしやすいタイプといえます。

 ただし、体形だけで判断してはいけません。
 やせて見えても筋肉量が少なく、体脂肪率が25%以上あれば、やはりインスリンの分泌が過剰な状態です。
 この場合も、肥満タイプと同じく、合併症を起こしやすいといえます。

 多くの患者さんの経過を診ていえることは、高血糖そのものは、たいした問題ではないということです。
 インスリン過多の状態こそが動脈硬化を進め、糖尿病の合併症を引き起こしているのです。悪いのはインスリンなのです!

 そうはいっても、やせ型糖尿病だとしても、高血糖だと健康診断で引っかかります。そうなると気になるかたも多いでしょう。では、どうすればいいのでしょうか。
 やせ型・メタボ型それぞれに最適な低インスリン療法のやり方をご紹介します。

解説者のプロフィール

新井圭輔
1981年京都大学医学部卒業。あさひ内科クリニック院長。上中里医院特別顧問。臨床の中で多くの糖尿病患者の治療に携わり、「定説は真実とは限らない」として、定説を覆す「低インスリン療法」を提唱。インスリンを補わない、分泌させない治療で、糖尿病の合併症を防ぐ治療に効果を上げ、多くの医師の賛同を得ている。著書『糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい』(幻冬舎)が好評発売中。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt