医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


鳥は高血糖でも長生きなのはインスリンがないから

トリは高血糖だが動脈硬化にならない

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。
 ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。
 それでいて、トリは動脈硬化にならず、しかも長生きです。

 実は、トリの体内ではインスリンが分泌されず、外からインスリンを補っても作用しません。
 トリは、長い時間、空を飛び、筋肉を動かし続けます。このとき、筋肉のエネルギー源になるのが血中のブドウ糖です。そのため、常に高血糖である必要があるのです。

 さらにトリは、飛んでエサを見つけることができるので、飢餓のリスクがありません。そのため、エネルギー源(脂肪)を蓄える必要がないのです。
 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンです。その働きの本質は、血糖値を下げることではありません。
 インスリン本来の働きは、血糖値上昇分を中性脂肪に変換して、飢餓に備えるため、脂肪をためこむことにあります。
 脂肪をためこむことで肥満を招くことから、インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。

 前述のとおり、インスリンには、動脈硬化を進める活性酸素を増やしたり、老化や低血糖をもたらしたりするなどマイナス面があります。

 インスリンを持たないトリは、このマイナス面から逃れ、高血糖でも肥満にならず、糖尿病はもちろん、動脈硬化をはじめとする合併症とも無縁なのです。

合併症の真犯人はインスリン

 ヒトの場合にも同じことがいえます。
 1型糖尿病の人や、BMI25未満(体格指数のことで、計算式は体重÷身長(m)の2乗)のやせていて高血糖の人は、インスリンの分泌が少なく、トリと同じタイプといえます。

 このタイプは、インスリンの影響が小さいので動脈硬化が進みにくく、合併症も起こりにくい不老長寿体質といえます。
 逆に、BMIが25以上で、太っていて高血糖という人(メタボ型)は、インスリンが過剰に分泌され、脂肪をためこみやすく、動脈硬化を進行させて、合併症を起こしやすいタイプといえます。

 ただし、体形だけで判断してはいけません。
 やせて見えても筋肉量が少なく、体脂肪率が25%以上あれば、やはりインスリンの分泌が過剰な状態です。
 この場合も、肥満タイプと同じく、合併症を起こしやすいといえます。

 多くの患者さんの経過を診ていえることは、高血糖そのものは、たいした問題ではないということです。
 インスリン過多の状態こそが動脈硬化を進め、糖尿病の合併症を引き起こしているのです。悪いのはインスリンなのです!

 そうはいっても、やせ型糖尿病だとしても、高血糖だと健康診断で引っかかります。そうなると気になるかたも多いでしょう。では、どうすればいいのでしょうか。
 やせ型・メタボ型それぞれに最適な低インスリン療法のやり方をご紹介します。

解説者のプロフィール

新井圭輔
1981年京都大学医学部卒業。あさひ内科クリニック院長。上中里医院特別顧問。臨床の中で多くの糖尿病患者の治療に携わり、「定説は真実とは限らない」として、定説を覆す「低インスリン療法」を提唱。インスリンを補わない、分泌させない治療で、糖尿病の合併症を防ぐ治療に効果を上げ、多くの医師の賛同を得ている。著書『糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい』(幻冬舎)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


玄米とオリーブオイルは糖尿病改善コンビ 美味しくて効果あり!と好評

玄米とオリーブオイルは糖尿病改善コンビ 美味しくて効果あり!と好評

玄米とオリーブオイルをいっしょにとると、より多くの抗酸化物質や、ビタミン・ミネラルを摂取できます。糖尿病で高血糖状態になると、血管が傷んで血管の病変が進行しやすくなります。そこで、豊富な抗酸化物質が、血管の病変を防ぐ働きをしてくれるのです。【解説】横山淳一(オリーヴァ内科クリニック院長・医学博士)


最新の投稿


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

抗がん剤の世界的権威が考案!「最強の野菜スープ」&「夏の野菜スープ」レシピ

熊本大学名誉教授の前田浩先生は、ノーベル化学賞の候補にも名が挙がる、抗がん剤の世界的研究者です。前田先生が、病気予防とアンチエイジングに考案したスープの本『最強の野菜スープ』が今、大きな反響を呼んでいます。【監修】前田浩(熊本大学名誉教授)【レシピ・料理】古澤靖子(料理研究家)


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)