MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【骨盤のゆがみを取る】ダイエット効果 腰痛 ひざ痛を改善「おしり枕」のやり方

【骨盤のゆがみを取る】ダイエット効果 腰痛 ひざ痛を改善「おしり枕」のやり方

私の治療院には、腰やひざなど各所の痛み、コリに悩むかたをはじめ、重篤な内臓疾患も含めて、日々多くのかたが来院されます。こうして日常の癖をなくすことを心がけたうえで、自分で骨盤のゆがみを直すセルフケアを行うといいでしょう。それが、今回ご紹介する「おしり枕」です。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)

骨盤のゆがみが全身の不調を招いている

私の治療院には、腰やひざなど各所の痛み、コリに悩むかたをはじめ、重篤な内臓疾患も含めて、日々多くのかたが来院されます。
なかには、腰が90度近くに曲がって歩くのもままならないかたや、寝たきりのかたも少なくありません。

このようなかたがたの体を見ていると、ある共通した特徴に気がつきます。
それは、体の屋台骨である骨盤にゆがみが生じていることです。

私たちは、常に重力に逆らって直立しています。
このとき、上半身を重力から必死に支えているのは骨盤です。

骨盤の上には全身を支える背骨が乗っており、S字状のカーブを描いてその先の重い頭を支えています。
常時、骨盤には大きな負荷がかかっているのです。

背骨の土台となる骨盤がゆがんでしまうと、体への影響はどうなるでしょうか。
骨盤とともに背骨もゆがみます。

首は前に突き出して、ネコ背の姿勢になるでしょう。
その結果、背骨を支えている筋肉は常に緊張を強いられます。

過緊張を起こした筋肉によって、神経の圧迫も予想されます。
これらによって、腰や背中の痛み、肩や首のコリなど多くの不調を招くのです。

さらに、骨盤は上半身と下半身との接続部分でもあります。
骨盤が正しい位置からずれれば、当然足にも悪影響が生じます。

ひざや股関節への負担が増し、慢性的な痛みの原因となるでしょう。
弊害は、これだけではありません。

骨盤や背骨がゆがみ、周囲の筋肉が緊張することで血流が悪くなり、内臓も本来あるべき正しい位置からずれて圧迫されます。
臓器の機能低下を引き起こし、さまざまな内臓疾患を招きかねません。

毎日30秒続ければ骨盤のゆがみが直る

そもそも、骨盤のゆがみは日々の生活から生じます。
その根本の原因は、日常の癖です。

例えば、いつも同じほうの手で荷物を持ったり、足を組んで座ったり、片方の足にばかり重心をかけて立っていたりしていませんか。
いつも決まった体の使い方をしていると、体の重心がずれてきて、骨盤のバランスが徐々にくずれてくるのです。

大事なのは、まずはそのような癖を見直し、なるべく体を左右対称に使うこと。
荷物は片方の手でばかり持たずに、左右の手を均等に使って持つようにし、足を組んで座るのはやめましょう。

こうして日常の癖をなくすことを心がけたうえで、自分で骨盤のゆがみを直すセルフケアを行うといいでしょう。
それが、今回ご紹介する「おしり枕」です。

手でタオルを持ち、おしりに当てて寝るだけ。
ほんとうに簡単な方法です。

まず、あおむけになり、両足をまっすぐ伸ばしてください。
そして、両足のつま先のうち、どちらがより外側に開いているか確認しましょう。

確認が済んだら、両ひざを立てて、開きが大きかったほうの手のひらにタオルを乗せます。
そして、開きが大きいほうのおしりにタオルを当ててください。

30秒ほどそのままの姿勢をキープしましょう。
これを、1日1回行ってください。

タオルはフェイスタオルぐらいの大きさの物を、八つ折りに畳んで使います。
詳しいやり方は次項で紹介していますので、そちらをご覧ください。

タオルをおしりに当てる動作により、知らず知らずのうちにゆがんでいた骨盤があるべき状態に戻ります。
日々続けることで、骨盤のゆがみが直るのです。

なお30秒というのは、あくまで目安になります。
もちろんそれ以上行ってもかまいません。

1日朝晩の2回行えば、より高い効果が期待できます。
とはいえ、まずは毎日続けることを心がけてください。

回数や時間よりも、毎日継続することがなによりも重要です。
1ヵ月程度続けてみましょう。

おしり枕をすると、全身がリラックスしてくるはずです。
私は、来院される患者さんのほとんどにおしり枕を勧めていますが、なかには気持ちよくてそのまま寝てしまうかたもいらっしゃいます。

慢性的な痛みやコリなどにお悩みのかたは、ぜひ一度お試しください。

骨盤のゆがみを直すセルフケアが「おしり枕」

寝るだけで腰痛、ひざ痛、肩こりが解消!30秒おしり枕のやり方

おしり枕は、30秒寝るだけのとても簡単なセルフケアです。骨盤のゆがみを整え、痛みやコリを解消します。
毎日の習慣にして、まずは1ヵ月続けましょう!

❶あおむけになり、両足をまっすぐに伸ばす。
左右どちらのつま先がより外側に開いているか確認する。(確認は毎回行う)

❷両ひざを立て、開きが大きかったほうの手のひらに八つ折りに畳んだフェイスタオルを乗せる。
開きが大きかったほうのおしりにタオルを当てる。(写真は左足が開いている場合)

❸そのままの姿勢で30秒キープする。これを、1日1回以上行う。

まずあおむけになり両足をまっすぐに伸ばす

次に両ひざを立て、開きが大きかったほうのお尻にタオルを当てる

解説者のプロフィール

三野喜邦
シンキュウタカオ院長

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt