医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


ピント調整力が改善し見え方がクリアに一変!

老眼や近視の患者さんに、私がお勧めしているセルフケアがあります。
「100円メガネ」を使う視力回復法です。

100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。

老眼とは、目のピント調整力が低下して、近くの物が見えにくくなる目の老化現象です。
目のレンズに当たる水晶体は、毛様体筋という筋肉の働きで、厚くなったり薄くなったりして、近くの物や遠くの物にピントを合わせています。

毛様体筋は、体のほかの筋肉同様、老化によってこり固まってきます。
すると、近くの物を見るときにレンズを厚くすることができず、文字などが見えにくくなるのです。

100円メガネをかけて遠くを眺めると、視界がぼんやりします。
これは、毛様体筋が緩んだ状態です。
こうして、1日のうち数分でも、毛様体筋を緩める習慣をつけることで、柔軟性が回復し、ピント調整力が改善します。

最近は、パソコンやスマートフォンの普及で、若い人にも老眼のような症状を訴える人が増えてきました。
手もとを長時間凝視することも、毛様体筋が固まる原因となります。
俗にいう「スマホ老眼」です。
スマホ老眼の人にも、100円メガネ視力回復法は効果的です。

やり方は、簡単です。
老眼鏡をかけて、1日5分ほど、1~3m先をぼんやり眺めるだけです。

見よう見ようと、がんばってはいけません。
あくまでも「ぼんやり眺めて」ください。

視界がぼんやりしているのが、毛様体筋が緩んでいる状態だからです。
老眼鏡の度の強さは、中程度の「+2」が最適です。

「弱・中・強」と表示された老眼鏡の場合は、「中」を選びます。
先ほど申し上げたように、これから購入するなら、100円ショップの老眼鏡で十分です。

手もとに+2度の老眼鏡があったら、もちろんそれを使用してもかまいません。
読書やパソコン作業、スマートフォン操作の合間に行うと、そのあと、見え方がクリアになるのを実感できると思います。

タイミングとしては、できれば寝る前に行うと、睡眠中に毛様体筋の疲労が回復しやすくなるので、お勧めです。

100円メガネ視力回復法は1日1回就寝前がお勧め

水晶体がかたくならず白内障を予防できる

100円メガネ視力回復法は、近視にも効果があります。
近視の場合も、毛様体筋が緊張し、かたくなっています。

遠くを見るときに毛様体筋が動かず、水晶体が薄くならないため、よく見えないのです。
「近視の人は、ぼんやり遠くを見るといい」とよくいわれます。

しかし、誰もが視界の開けた環境に住んでいるとは限りませんし、実際には近くの物も視野に入ります。
そうなると、毛様体筋を完全に休ませることはできません。

近視の人が老眼鏡をかけると、1~3m離れた物を見ることで、遠くを眺めるときのように、毛様体が緩みます。
ふだん、近視用のメガネやコンタクトレンズをしている人は、その上からかけてください。

ピントが合わない状況を、老眼鏡によって強制的に作ることで、毛様体筋を緩められます。
老眼鏡をかけて1~3m先を5分間ぼんやり眺めたあとで老眼鏡を外すと、毛様体筋の柔軟性が回復するため、視界がクリアになっているはずです。

老眼鏡を外してよく見えるということは、逆にいうと、日ごろ、ピント調整力が低下しているということです。
100円メガネ視力回復法を続けることで、毛様体筋の柔軟性がアップし、近くも遠くも、よく見えるようになります。

この方法は、お子さんが行っても効果的ですが、顔の幅が老眼鏡をかけられる程度になってからにしましょう。
仮性近視には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。

100円メガネ視力回復法は、白内障の予防にも有効です。
白内障は、水晶体がかたくなって白濁し、視力が低下する病気です。

毛様体筋の緊張が解けて、柔軟性が回復すると、水晶体の厚みの調整もスムーズになります。水晶体がかたくなりづらいので、白内障を予防できるのです。
そのほか、疲れ目の予防・解消にも効果的です。

「今日は目が疲れたな」という日には、寝る前に老眼鏡をかければ、スーッと入眠でき、翌朝の目の状態もよくなるでしょう。
ただし、目の病気やトラブルで通院中の人や、斜視や弱視の治療中の人は、医師に相談のうえで行ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

視力が向上!老眼とも無縁!私の「まぶたつまみ」体験談

ある日、いつものように食事をしたあと、なにげなく新聞を読んでいました。しかし、その最中に、老眼鏡を忘れていたことに気づいたのです。私は、「自分が老眼鏡なしで、何不自由なく新聞を読んでいる」事実に驚きました。これも、まぶたつまみのおかげなのは間違いありません。【体験談】中井宏二(神奈川県・76歳・自営業)


血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

血流アップで目の疲れを撃退!1分で全身が温まる「指こすり」のやり方

私は、青森県の特産品であるリンゴやニンニクの農園を運営するかたわら、鍼灸師として患者さんの治療に当たっています。指こすりは、左右の手の指を交互に組み合わせて、指の側面を刺激します。非常に簡単にできるうえに、老眼や眼精疲労、ドライアイなど、目のさまざまな症状を改善するのに役立ちます。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)