【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


入浴中に行うのが習慣化しやすくお勧め

さまざまな目の病気や不調を持つ患者さんに、私が必ず勧めているセルフケアが、「目の温パック」です。
特に、緑内障の患者さんには、点眼薬とともに、目の温パックを宿題にします。

現在、日本人の失明原因の第1位となっているのが、緑内障です。
緑内障は、ゆっくり進行するため、初期の段階では気づきにくい病気です。

症状が現れたときには、かなり進行していることが多いのです。
しかし、早期に発見できれば、点眼薬で進行を抑えることができます。

さらに、目の温パックを併用することで、目の状態が非常によくなるのです。
目の温パックは簡単です。

タオルを2本用意します。タオルを水に浸して軽くしぼり、電子レンジで約40秒温めます。
熱過ぎない温度(約40度)になったら、目を閉じてまぶたの上にのせるのです。

冷めてきたら、もう一つのタオルに替え、合計で5分ほど温めましょう。
これを、朝と夜の2回行ってください。

目の奥がジワーッと温かくなり、気持ちよく感じるはずです。
目の温パックは、いつ行ってもかまいませんが、入浴中がお勧めです。

40度前後のお風呂のお湯は、目を温めるのに最適な温度です。
湯船やシャワーのお湯でタオルをしぼれば簡単なので、習慣化しやすいでしょう。

物が見えやすくなり点眼薬の効果も高まる

なぜ目の温パックが、緑内障をはじめとした目の病気に有効なのでしょうか。
涙は水分だと思っている人が多いのですが、実は、油も混ざっています。

上下のまぶたの縁にあるマイボーム腺から油が分泌されて、目の表面に油の膜を張ります。
水分だけでは蒸発して、すぐに乾いてしまうところ、油の層が表面にあるため、目が乾きにくくなります。

しかし、目の周りの血流が悪いと、まぶたが冷えて、マイボーム腺から出る油が固まり、分泌されなくなってしまうのです。
現代人は、運動不足や睡眠不足、ストレス過多な生活などによって、内臓や血管を調整する自律神経の働きが乱れています。

そのため、体温を調整する力が弱く、低体温や冷え症の人が非常に多くなっています。
特に、緑内障の患者さんの多くは、まぶたが冷えていて、油が分泌されにくくなっています。

目の表面を覆う油の層が薄くなると、涙がどんどん蒸発して目が乾燥します。
その結果、目が痛くなったり、物が見えにくくなったり、頭痛が起こったりすることがあるのです。

目の温パックでまぶたを温めれば、マイボーム腺が開通して油が分泌され、涙の質がよくなります。
目の不快症状が改善して、見えやすくなるばかりでなく、点眼薬の効果も高まります。

薬が目にとどまって、吸収されやすくなるからです。
さらに、パックのあとに、まぶたを指でさする「まぶたさすり」を行うと、より効果的です。

マイボーム腺の走行に沿って、手の指で優しくさすると、油の分泌がよくなるのです。
目を閉じ、人差し指を横にして上まぶたに当て、まぶたの左・中央・右の3ヵ所を、上から下に3回ずつ軽くさすります。

次に下まぶたの左・中央・右の3ヵ所を下から上に3回ずつさすります。
これを左右の目に行いましょう。

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。
緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。

これらの方法を実践して、眼圧が下がったという患者さんがいらっしゃいます。
目薬の効きがよくなり、手術を回避できた人も少なくありません。

さらに、実用視力(後述)が回復し、「物が見えやすくなった」というかたもいました。
一般的な視力検査は、ランドルト環という「C」の切れめが一瞬でも見えれば、「見えた」ことになります。

「最大瞬間視力」といっていいでしょう。
一方、実用視力とは、日常生活でどの程度見えていて、その見え方をどのくらい持続できているか、を表します。

「平均視力」というイメージでしょうか。
一般的な視力検査では1・0でも、実用視力を測ると0・7しかない、というケースも多く見られます。

これはつまり、日常生活では、0・7の視力の範囲しか見えていないということです。
目の温パックを行うと、目の潤いが保たれるため、瞬間的な視力ではなく、持続的な視力が向上します。

「見えやすい状況が長続きする」のです。
最後に注意点ですが、目にかゆみや腫れがある場合や、目の手術をした直後は、目の温パックや、まぶたさすりは行わないでください。

それ以外のかたは、ぜひ、これらのセルフケアを実践し、視力回復と目の健康維持に役立てましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


目を温める 近視 緑内障

関連する投稿


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

加齢などによって動脈硬化が進むことに加え、欧米風の食生活の影響で血液がドロドロになります。その結果、目の健康が阻害され、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性など、重大な目の疾患を引き起こすのです。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

東洋医学的な視点から、「肝」と「腎」を養い、血液をきれいにして、目を含む全身の血流を向上させる料理をご紹介します。肝と腎が良好な状態を保ち、血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)