MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)

貧血の患者さんに干しブドウを勧めてきた

 干しブドウには、さまざまな栄養素が含まれていますが、注目すべき点は、鉄分が豊富に含まれていることではないでしょうか。その量は、プルーンの約2倍だとか。
 このほか、干しブドウには、鉄の吸収を促進したり、活性酸素を除去したりする銅や、体内の余分なナトリウムを排出し、高血圧や動脈硬化の予防、むくみの解消にも役立つカリウム、骨や歯を強くするカルシウムやマグネシウムといった栄養素も含まれています。

 また、ブドウには、アンチエイジングや美肌効果が期待できるポリフェノールが含まれていることは、皆さんよくご存じだと思います。
 普段はブドウの皮を食べない人も、干しブドウなら、ポリフェノールの宝庫である皮ごと食べることができます。赤ワインもいいけれど、アルコールが含まれていない分、干しブドウのほうが、より健康的です。

 これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。

干しブドウを酢に漬けることによる効果

 私が担当している患者さんのうち、貧血が心配なかたの多くはレバーが苦手でしたが、干しブドウなら、手軽においしく食べられるうえ、前述した栄養素も一緒にとることができるため、一挙両得です。

 ところが、お年寄りの中には、干しブドウなどのドライフルーツを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。
 何かいい方法はないかと、常々思っていたところ、今回、『安心』編集部さんから「干しブドウ酢」のお話を聞いて、「なるほど、その手があったか!」と、思わずひざを打ちました。酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒にとることができるからです。

 過去に、他のフルーツを酢に漬けて食べるアイデアは、いろいろ見聞きしましたが、干しブドウと酢の組み合わせは思い付きませんでした。
「よさそう!」と思ったことは、なんでも試してみたくなる私は、さっそく作って食べてみることにしました。

ヨーグルトに入れて食べるのがお気に入り

 干しブドウ酢の作り方はとても簡単で、リンゴ酢に干しブドウを漬けるだけです。酸味がきつい場合は、ハチミツを適宜加えるといいそうです。
 実際に作って食べてみたところ、これが本当においしい! 干しブドウの甘味に、リンゴ酢の酸味が加わって、干しブドウをそのまま食べるよりも、飽きがきません。

 酢に漬けることで、干しブドウが軟らかくなるので、これならお年寄りのかたでも食べやすそうです。
 本当に気に入って、1回目に作った干しブドウ酢は、2週間もたたないうちに食べ切ってしまいました。
 そのまま食べてもおいしいのですが、私のお勧めは、ヨーグルトと一緒に食べることです。

 私の健康法の一つに、「毎朝、無糖ヨーグルトを食べる」というものがあります。腸内環境を整え、免疫力(病気に対する抵抗力)をアップさせる乳酸菌は、一度にたくさんとっても蓄積できないので、毎日とる必要があるためです。
 飽きがこないように、ハチミツや黒ゴマを入れたり、納豆を混ぜたり、ザク切りにしたトマトを入れたりして、変化をつけるよう工夫してきましたが、今回、それに干しブドウ酢が加わったことで、さらに味のバリエーションが広がりました。おかげで、これからも飽きることなく続けられそうです。

「なぜ、もっと早く試さなかったのだろう」と思うほど、干しブドウと酢とヨーグルトは好相性で、とても気に入りました。
 干しブドウ酢を食べることで、ダイエットできた例や、血圧や尿酸値が下がったという声が報告されているそうです。干しブドウがもともと持つ健康効果に、酢の健康効果が加わって、1+1が3にも4にもなることは想像に難くありません。

 例えば、干しブドウ酢とヨーグルトを朝食に置き換えたり、甘いおやつやスナック菓子の代わりに干しブドウ酢を食べたりすることで、無理なく摂取カロリーがカットできます。

 また、食事前に、干しブドウ酢とヨーグルトを食べると、満腹感が得られるので、食欲を抑えることも可能です。このように利用すれば、ダイエットにはとても有効だと思われます。
 干しブドウ酢のカロリーも、1日10~20粒程度であれば、心配することはないでしょう。上手に取り入れて、ぜひ健康増進に役立ててください。

解説者のプロフィール

里見英子
里見英子クリニック院長、内科医。ダイエットや美容への造詣が深く、テレビや雑誌などでも幅広く活躍している。『ナニワの美女医がこっそり教えるほんまにキレイな美容術』(主婦の友社)など、著書多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)
更新: 2018-12-08 18:00:00
私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)
更新: 2018-09-11 16:24:51
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-18 15:39:29
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt