【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は "脇のマッサージ" で改善!五十肩にも効果

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は "脇のマッサージ" で改善!五十肩にも効果

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


炎症ではなく筋肉のこわばりが痛みの原因!

整形外科では、痛みに対して、消炎鎮痛剤の処方や関節内注射、湿布、温熱治療などを行うのが一般的です。
私も、以前はこれらの治療と、最新の理学療法を取り入れた運動療法を行っていました。

しかし、薬で痛みを抑えたり、温めたりしても、けっきょくはまた痛みがぶり返すことが多いのです。
筋肉を鍛える運動療法を行っても、効果が出るまでに時間がかかりますし、逆効果となることもあります。

そして、私はなるべく手術をしない主義ですが、保存療法でよくならなければ手術というのが、通常の現代医学の考え方です。
私は2016年に、健康プロデューサーの杉本錬堂氏が考案した独自のメソッド(天城流湯治法)と出合って、従来の治療法と全く違う理論を知りました。

錬堂氏によると、痛みの原因は血液やリンパ液などの滞りによって、筋肉がこわばっているせいだといいます。
かたくなった筋肉が骨に張りつき、その先につながっている組織(筋肉や線維)が引っ張られることで、痛みが起こるとのこと。

つまり、炎症が生じて痛みが起こっているわけではないのです。
確かに、慢性的な痛みを訴えて来られる患者さんの患部を見ると、多くの場合、熱を持っていたり、赤く腫れ上がったりはしていません。

一時的に炎症が起こっていたとしても、それ自体は数日で治まります。
痛みの原因が炎症でない以上、消炎鎮痛剤で治るわけがありません。

また、痛みの疾患には筋力の衰えが原因といわれているものも多くあります。
しかし、錬堂氏の理論でいくと、筋肉を鍛えるようなリハビリを行っても意味はなく、かえって筋肉がかたくなり逆効果となります。

痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要だということです。
今回紹介する「わきもみ」は、数ある筋肉のなかでも、大胸筋をほぐす手当て法です。

大胸筋は、胸についている大きな筋肉です。
この筋肉がこわばってかたくなると、肋骨に張りつきます。

それによって起こる代表的な痛みが、「五十肩(正式名称=肩関節周囲炎)」です。
また、大胸筋は手首とつながっているため、かたくなった大胸筋に引っ張られて手首の痛みが起こることもあります。

特に多いのは、手首の親指寄りに痛みが生じる「腱鞘炎」です。
さらに、大胸筋は股関節の前側にもつながっています。

大胸筋がこわばり、その先の組織が引っ張られると、股関節に圧がかかって軟骨がすり減り、「変形性股関節症」を引き起こします。
ですから、わきもみで大胸筋をほぐせば、五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。

関節にかかる圧を逃せば軟骨は再生する!

私のクリニックでは、天城流湯治法を取り入れて、治療効果が劇的に上がりました。
わきもみでは、もう手術しか方法がなかったような変形性股関節症が改善した人もいます。

●Aさん(50代・女性)
Aさんは、先天性股関節脱臼があり、7年前から変形性股関節症の症状が出ていました。

2015年2月に当院に来られた当初は、かなり痛みが強く、杖を使っておられました。
レントゲン写真を見ると、左右ともに軟骨がすり減り、股関節にほとんどすきまがありません。

骨の変形もあり、一般的な整形外科では、ほぼ間違いなく手術を勧められる状態でした。
ところが、2016年2月からわきもみを始めたところ、3月には痛みが軽減。

7月には杖を使わずに歩けるほど改善しました。
それどころか、Aさんのレントゲン写真を撮ると、股関節に薄いすきまができて、軟骨が再生していたのです(写真を参照)。

現代医学では、いまや50代という若さでも人工股関節にする手術が勧められています。
しかし、若いうちから人工股関節にすると、金属が劣化する約20年後に、再び手術をする必要が出てきます。

そんなリスクを負わなくても、かたくなった筋肉をほぐし、関節にかかる圧を逃しさえすれば、軟骨は再生するのです。
Aさんの症例が、それを証明してくれています。腱鞘炎にも、わきもみの効果は絶大です。



●Bさん(30代・男性)
美容師のBさんは、はさみを持つのもつらいほどの手首の痛みを訴えて、当院に来られました。

しかし、わきもみを中心としたリハビリを1~2回行っただけで、すっかり治りました。
腱鞘炎の人は皆さん、1~2回で来なくなるので、治りは非常に早いようです。

五十肩の患者さんも、わずか1~2ヵ月でよくなっているケースが少なくありません。
自分でもわきもみをしっかり実践している人は、きちんと効果が現れています。

●Cさん(60代・男性)
Cさんは典型的な五十肩で、肩の高さより少し上までしか腕が上がりませんでした。

わきもみを教えると自宅で熱心に実践し、翌日には腕が真上まで上がるようになりました。
それ以来、痛みは出ていないそうです。

わきもみのやり方は、次のとおりです。
わきの下の肋骨部分に、反対の手の親指以外の4本の指を当てます。

肋骨と大胸筋の間に指を入れる感じで大胸筋をつかみ、骨からはがすように内側に動かします。
指を少しずつ下にずらし、バストの下辺りまではがしていきます。

最初は、肋骨と大胸筋の間に指が入りづらいかもしれませんが、やっているうちにだんだん奥まで入るようになります。
なお、五十肩には大胸筋のほかに、肋骨の外側についている前鋸筋、肩甲骨についている棘下筋・小円筋・三角筋の三つの筋肉も関係します(下の図参照)。

大胸筋が肋骨に張りつくと、かたくなった大胸筋がじゃまをして、腕が前方に上がらなくなります。
前鋸筋がかたくなってわきの奥の肋骨に張りつくと、腕が横から上がるのをじゃまします。

肩甲骨周りの筋肉がかたくなると、腕を背中に回す動きがやりづらくなります。
ですから、大胸筋とともに、これらの筋肉も骨からはがすようにほぐしておきましょう(やり方は下の図解②、③を参照)。


股関節痛の場合は、わきもみとともに、ひざ裏に張りついている腓腹筋の上部をはがすと、より効果的です(やり方は上の図解①を参照)。

腱鞘炎には、わきもみだけでけっこうです。
いずれも1回1~2分程度を、1日に3~4回以上行ってください。

痛みが片方だけの場合は、痛みのある側だけ行います。
最初はもむ場所に痛みを伴いますが、無理のない範囲で続けてください。

平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室入局。新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年、北九州市小倉北区にひらの整形外科クリニックを開院。日本整形外科学会認定専門医。東洋医学や天城流湯治法などを加えた独自の治療法を駆使し成果を上げている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

体もフォームも出来上がっていない小学生には、投球動作の基本を投球とは違う動きで覚えさせたほうが効果的です。より実際のイメージに近い方法として「真下投げ」がお勧めです。ここでは簡単で、初心者でもできる「ZERO真下投げ」を紹介しましょう。やり方は、右投手の場合です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )