MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は "脇のマッサージ" で改善!五十肩にも効果

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)

炎症ではなく筋肉のこわばりが痛みの原因!

整形外科では、痛みに対して、消炎鎮痛剤の処方や関節内注射、湿布、温熱治療などを行うのが一般的です。
私も、以前はこれらの治療と、最新の理学療法を取り入れた運動療法を行っていました。

しかし、薬で痛みを抑えたり、温めたりしても、けっきょくはまた痛みがぶり返すことが多いのです。
筋肉を鍛える運動療法を行っても、効果が出るまでに時間がかかりますし、逆効果となることもあります。

そして、私はなるべく手術をしない主義ですが、保存療法でよくならなければ手術というのが、通常の現代医学の考え方です。

私は2016年に、健康プロデューサーの杉本錬堂氏が考案した独自のメソッド(天城流湯治法)と出合って、従来の治療法と全く違う理論を知りました。

錬堂氏によると、痛みの原因は血液やリンパ液などの滞りによって、筋肉がこわばっているせいだといいます。
かたくなった筋肉が骨に張りつき、その先につながっている組織(筋肉や線維)が引っ張られることで、痛みが起こるとのこと。

つまり、炎症が生じて痛みが起こっているわけではないのです。
確かに、慢性的な痛みを訴えて来られる患者さんの患部を見ると、多くの場合、熱を持っていたり、赤く腫れ上がったりはしていません。

一時的に炎症が起こっていたとしても、それ自体は数日で治まります。
痛みの原因が炎症でない以上、消炎鎮痛剤で治るわけがありません。

また、痛みの疾患には筋力の衰えが原因といわれているものも多くあります。
しかし、錬堂氏の理論でいくと、筋肉を鍛えるようなリハビリを行っても意味はなく、かえって筋肉がかたくなり逆効果となります。

痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要だということです。
今回紹介する「わきもみ」は、数ある筋肉のなかでも、大胸筋をほぐす手当て法です。

大胸筋は、胸についている大きな筋肉です。
この筋肉がこわばってかたくなると、肋骨に張りつきます。

それによって起こる代表的な痛みが、「五十肩(正式名称=肩関節周囲炎)」です。
また、大胸筋は手首とつながっているため、かたくなった大胸筋に引っ張られて手首の痛みが起こることもあります。

特に多いのは、手首の親指寄りに痛みが生じる「腱鞘炎」です。
さらに、大胸筋は股関節の前側にもつながっています。

大胸筋がこわばり、その先の組織が引っ張られると、股関節に圧がかかって軟骨がすり減り、「変形性股関節症」を引き起こします。
ですから、わきもみで大胸筋をほぐせば、五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。

関節にかかる圧を逃せば軟骨は再生する!

私のクリニックでは、天城流湯治法を取り入れて、治療効果が劇的に上がりました。
わきもみでは、もう手術しか方法がなかったような変形性股関節症が改善した人もいます。

●Aさん(50代・女性)
Aさんは、先天性股関節脱臼があり、7年前から変形性股関節症の症状が出ていました。

2015年2月に当院に来られた当初は、かなり痛みが強く、杖を使っておられました。
レントゲン写真を見ると、左右ともに軟骨がすり減り、股関節にほとんどすきまがありません。

骨の変形もあり、一般的な整形外科では、ほぼ間違いなく手術を勧められる状態でした。
ところが、2016年2月からわきもみを始めたところ、3月には痛みが軽減。

7月には杖を使わずに歩けるほど改善しました。
それどころか、Aさんのレントゲン写真を撮ると、股関節に薄いすきまができて、軟骨が再生していたのです(写真を参照)。

現代医学では、いまや50代という若さでも人工股関節にする手術が勧められています。
しかし、若いうちから人工股関節にすると、金属が劣化する約20年後に、再び手術をする必要が出てきます。

そんなリスクを負わなくても、かたくなった筋肉をほぐし、関節にかかる圧を逃しさえすれば、軟骨は再生するのです。
Aさんの症例が、それを証明してくれています。腱鞘炎にも、わきもみの効果は絶大です。



●Bさん(30代・男性)
美容師のBさんは、はさみを持つのもつらいほどの手首の痛みを訴えて、当院に来られました。

しかし、わきもみを中心としたリハビリを1~2回行っただけで、すっかり治りました。
腱鞘炎の人は皆さん、1~2回で来なくなるので、治りは非常に早いようです。

五十肩の患者さんも、わずか1~2ヵ月でよくなっているケースが少なくありません。
自分でもわきもみをしっかり実践している人は、きちんと効果が現れています。

●Cさん(60代・男性)
Cさんは典型的な五十肩で、肩の高さより少し上までしか腕が上がりませんでした。

わきもみを教えると自宅で熱心に実践し、翌日には腕が真上まで上がるようになりました。
それ以来、痛みは出ていないそうです。

股関節痛、五十肩、腱鞘炎によく効く、わきもみのやり方

わきもみのやり方は、次のとおりです。
わきの下の肋骨部分に、反対の手の親指以外の4本の指を当てます。

肋骨と大胸筋の間に指を入れる感じで大胸筋をつかみ、骨からはがすように内側に動かします。
指を少しずつ下にずらし、バストの下辺りまではがしていきます。

最初は、肋骨と大胸筋の間に指が入りづらいかもしれませんが、やっているうちにだんだん奥まで入るようになります。
なお、五十肩には大胸筋のほかに、肋骨の外側についている前鋸筋、肩甲骨についている棘下筋・小円筋・三角筋の三つの筋肉も関係します(下の図参照)。

大胸筋が肋骨に張りつくと、かたくなった大胸筋がじゃまをして、腕が前方に上がらなくなります。
前鋸筋がかたくなってわきの奥の肋骨に張りつくと、腕が横から上がるのをじゃまします。

肩甲骨周りの筋肉がかたくなると、腕を背中に回す動きがやりづらくなります。
ですから、大胸筋とともに、これらの筋肉も骨からはがすようにほぐしておきましょう(やり方は下の図解②、③を参照)。

五十肩の症状で、もむ場所が異なる


股関節痛の場合は、わきもみとともに、ひざ裏に張りついている腓腹筋の上部をはがすと、より効果的です(やり方は上の図解①を参照)。

腱鞘炎には、わきもみだけでけっこうです。
いずれも1回1~2分程度を、1日に3~4回以上行ってください。

痛みが片方だけの場合は、痛みのある側だけ行います。
最初はもむ場所に痛みを伴いますが、無理のない範囲で続けてください。

解説者のプロフィール

平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室入局。新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年、北九州市小倉北区にひらの整形外科クリニックを開院。日本整形外科学会認定専門医。東洋医学や天城流湯治法などを加えた独自の治療法を駆使し成果を上げている。
●ひらの整形外科クリニック
http://www.hirano-ortho-clinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:15:15
野球肘は予防が第一。もし、野球肘になっても、早く発見し適切な対策を行えば、早期復帰につながり、野球を諦める必要もありません。野球が大好きな子どもたち、野球をしているお子さんを持つ保護者の方々、少年野球の指導者の方々に、この記事をぜひ読んでいただきたいと思います。【構成】ケンカツ!編集部
更新: 2018-10-08 00:51:41
手首や指の付け根に腫れや痛み、動かしにくさが生じる「腱鞘炎」。腱鞘炎は適切な治療を行えば、短期間で確実によくなる病気。ここでぜひ知っていただきたいのが、腕や手・指を専門的に治療する診療科「手外科」の存在です。【解説】福本恵三(埼玉成恵会病院 埼玉手外科研究所所長)
更新: 2018-09-11 13:59:40
上腕二頭筋の下端は、ひじ関節をまたぎ、橈骨と尺骨に付着しています。上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺とひじ関節周辺の血行がよくなります。その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)
更新: 2018-09-26 18:15:18
産後腱鞘炎が増えています。赤ちゃんの世話や家事で手に負担がかかることで、親指に痛みやしびれが発症したり、病院でドケルバン病、手根管症候群と診断されたりすることも。ホルモンバランスの変化が原因のことが多いのですが、私は、それ以外にお腹の「筋肉」も原因の一つと考えています。【解説】高林孝光(アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)
更新: 2018-06-01 14:32:03
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt