【本当に知ってる?】スロージョギングの基本のやり方 走り方・速度・時間について

【本当に知ってる?】スロージョギングの基本のやり方 走り方・速度・時間について

準備運動もいらない、着替えなくてもいい、食後すぐでも、寝起きすぐでも、とにかく始められるのがスロージョギング。なんとスロージョギングの消費カロリーは、ウォーキングの約2倍!運動が苦手で走るのが大嫌いな人でも、やればどんどん体が変わっていきます。【解説】田中宏暁(福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室教授・医学博士)


 準備運動もいらない、着替えなくてもいい、食後すぐでも、寝起きすぐでも、とにかく始められるのがスロージョギング
 運動が苦手で走るのが大嫌いな人でも、やればどんどん体が変わっていきます!

→スロージョギングの解説はコチラ

田中宏暁
福岡大学スポーツ科学部教授、福岡大学身体活動研究所所長。1947年生まれ。東京教育大学体育学部卒、医学博士。専門は運動生理学で、肥満や動脈硬化性疾患などの生活習慣病の治療と予防に有効な運動処方に関する研究が主なテーマ。高齢者や運動経験のない人でも、らくに楽しく続けられることができ、しかも生活習慣病の予防や改善に役立つ「スロージョギング」を提唱。世界中から注目され、脳機能の改善やサルコペニアの改善に効果的であることもわかっている。著書多数。

【正しい歩き方】体幹を鍛えてケガを防ぐ!フォームの矯正法
ノルディックウォーキング【歩き方と効果】

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


スロージョギングの効果

関連する投稿


【スロージョギング】室内でもOK 糖尿病の血糖値を下げ うつ病にも効果あり

【スロージョギング】室内でもOK 糖尿病の血糖値を下げ うつ病にも効果あり

突然ですが、ジョギングはお好きですか? 嫌いな人がほとんどかもしれません。ジョギングは疲れるし、苦しい。そう思っているようでしたら、それは走るペースが速すぎるのです。私の提唱する「スロージョギング」なら、そんなことはありません。【解説】田中宏暁(福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室教授・医学博士)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】