【アシタバ】劇症1型糖尿病になった私の改善体験談 インスリンの使用量が減少!

【アシタバ】劇症1型糖尿病になった私の改善体験談 インスリンの使用量が減少!

不治の病といわれている1型糖尿病だと私が診断されたのは、2015年1月13日のことです。この病は、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」をつくる膵臓のβ細胞が壊され、インスリンが分泌されなくなってしまう病気です。【解説】和地義隆(東京大学大学院理学系研究科・研究員)


和地義隆
 1948年茨城県勝田市(現ひたちなか市)に生まれる。植物の新品種育成・開発を行い、研究成果としてトマピーパプリカや源生林あしたば等の開発に成功。2007年から筑波大学でのアシタバ機能性の研究に参加し、2009年からは東京大学でアシタバのCO₂の吸収能力を研究。著書に『自然の中で育てる源生林あしたば』(チクマ秀版社)、『不治の病・劇症1型糖尿病から回復へ』(風詠社)が好評発売中。

血糖値が823mg/dlになっていた!

 不治の病といわれている1型糖尿病だと私が診断されたのは、2015年1月13日のことです。
 この病は、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」をつくる膵臓のβ細胞が壊され、インスリンが分泌されなくなってしまう病気です。

 当時、私は東京大学で「アシタバ」という植物のCO2の吸収能力の共同研究をするかたわら、福島の農家の原発事故による損害賠償の請求訴訟にかかわっていました。
 体に変調を感じたのは、年が明けて10日も過ぎた頃です。体がだるく、トイレに行く回数が増えて、のどが異常に渇きました。

 カゼだろうと思いましたが、3日後に裁判所への出廷を控えていたので、念のために病院を受診しました。
 そこで、血糖値が823mg/dlもあると判明し(正常値は110mg/dl未満)、「糖尿病性ケトアシドーシス劇症1型糖尿病」と診断され、緊急入院となったのです。

 それまで病気らしい病気にかかったこともなく健康体だった私には青天のへきれきでした。ですが、「あと4時間遅れていたら、助からなかった」と医師から言われ、初めて事の重大さを知ったのです。

必ず治る方法はあると希望を捨てなかった

 入院中は、劇症1型糖尿病についていろいろ調べました。

 枯渇したインスリンを補うために、一生、インスリン注射を打ち続けなければならないことなど、病気のことを知れば知るほどショックは大きく、「不治」という言葉が頭の中でグルグル回りました。
 しかしその一方で、私は希望を捨てませんでした。

 きっと治せる方法があるはずだと、私の中の研究者魂がささやき続けたのです。
 治すには、まず、原因を突き止める必要があります。

 劇症1型糖尿病は、1週間ほどの短い間に突然発症する病気で、原因はわからないそうです。
 ウイルス説やストレス説がありますが、私は年末から発症がわかるまでの2週間、誰とも接触せず、研究室に閉じこもっていました。ですから、ウイルス説は考えられません。

 となると、ストレス説です。私は、年明けに開かれる裁判に備えて、資料の整理や書類の作成に、ずっと忙殺されていました。
 私の判断で、福島の農家のみなさんの将来がかかっている裁判だったため、極度のストレスにさらされていたことは、間違いありません。

 ストレスが増大すると、活性酸素が過剰に産生されて、体の組織を傷つけます。それが引き金となって膵臓のβ細胞が破壊され、インスリンが出なくなったのではないか……?

 私はそう仮定し、ならば、活性酸素を除去して、膵臓の環境をよくすれば、β細胞が復活するかもしれないと考えました。

研究してきたアシタバが役立つかもしれない

 活性酸素を効率よく除去する食品として、真っ先に思い浮かべたのが、私が長年、研究をしてきたアシタバです。

 実は、病気を宣告されてから、私は漠然と、アシタバが、この病気に有効ではないかと思っていました。
 というのも、これまでの研究で、アシタバにインスリン様作用や、強い抗酸化作用があることがわかっていたからです。

 私は独断で、アシタバを大量に食べることにしました。
 自宅で栽培しているアシタバをおひたしにして、食べられるだけ食べ、さらにパウダー状にした乾燥アシタバを毎食時15gずつとったのです。

 自分の仮説が正しいのか正しくないかなど、わかりません。しかし、納得いくまでとことん追究するのが研究者です。仮説が外れていたらやり直せばいい。それだけです。しつこくやれば、必ず答えが出るはずだと思っていました。

 退院後は、私は速効性インスリン注射を朝12、昼10、夜12単位ずつ、緩効性インスリン注射を夜18単位、打つように指導されました。

 1型糖尿病になるとわかりますが、薬による血糖値コントロールは、それはもう大変です。 特に苦しめられたのが、1日3回打つ速効性のインスリン注射です。効きすぎれば低血糖を起こし、効かなければ血糖値が下がりません。
 低血糖や高血糖を起こさないように食事で調整するのですが、これがなかなか思うようにコントロールできないのです。

 せめて、この注射が減ってくれればと、何度思ったことでしょう。
 こうして注射を1日3回打ちながら、アシタバを食べ始めて1ヵ月後、初めて変化がありました。

 夜中に、低血糖を起こしたのです。その前日から朝のインスリンを2単位減らしていましたが、それでも低血糖を起こしたということは、薬が効きすぎているということです。

 このことがあって、翌日の速効性インスリンは、朝、昼、夜とも8単位に減らしました。
 それでもインスリンが効きすぎて再び低血糖を起こすので、私は医師と相談して、インスリンの量を徐々に減らしていきました。

 ちなみに、糖尿病の人がアシタバを食べても、低血糖を起こすことはありません。

インスリンの量がみるみる減っていった

 3月に入ると、昼のインスリン注射が必要なくなりました。さらに翌月の半ばには、速効性インスリンは朝3、夜4単位だけの注射になり、夜の緩効性インスリンも9単位に減って、ヘモグロビンA1cは、6・4%になったのです(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、正常値は6・5%未満)。

 これは、劇症1型糖尿病としては、非常によい状態です。
 そして7月には、ついに速効性インスリンがゼロになりました。

 緩効性インスリンだけは使用していますが、日中のインスリンがなくなれば、生活にまったく支障はありません。私の中では、治ったも同然でした。

 以来、今(2017年12月現在)に至るまで、速効性インスリンはまったく使用していません。夜1回の緩効性インスリンだけで過ごしていますが、なんの支障もありません。

 本当は、夜1回の注射もなくしたいのですが、医師の同意が得られないため続けています。
 食事も、ラーメンでもケーキでも、好きなものを食べてもまったく問題ありません。夜1回の注射をしているので、むしろこういった糖質は必ず食べるようにしているくらいです。

 こうして私は「治らない」「不治の病」「一生インスリン注射を打ち続けなければならない」と言われた1型糖尿病から、みごと回復したのです。

 現時点では、劇症1型糖尿病は「絶対に治らない」とされています。では、私が回復したというこの矛盾を、どう解釈したらいいのでしょうか。

 ここで、私の研究者としての血が騒ぎ始めました。アシタバの効果は、ほかの人にも当てはまるのだろうか? ほかの劇症1型糖尿病の人を救うことができるのだろうか、と。

 そこで私は、アシタバの効果について検証するため、新たなプロジェクトを立ち上げることにしたのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】