【筋トレのすごい効果】糖尿病が改善 高齢者のヘモグロビンA1cも下がると判明

【筋トレのすごい効果】糖尿病が改善 高齢者のヘモグロビンA1cも下がると判明

糖尿病の治療の基本が、食事と運動であることは、みなさん十分にご存じでしょう。かかりつけの医師に「運動をするように」と言われているかたも多いのではないでしょうか。しかし残念なことに、実際の臨床では、糖尿病に対する運動療法の効果はあまり上がっていません。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


宇佐見啓治
うさみ内科理事長。1955年福島県郡山市生まれ。1982年福島県立医科大学を卒業後、同大学付属病院第二内科に入局。1988年より福島赤十字病院に約10年間勤務、1997年にうさみ内科開業。専門分野は内科全般。消化器、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などの生活習慣病治療(特に運動療法)。所属学会は、日本内視鏡学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会。日本内視鏡認定医、日本内科学会認定医、日本医師会スポーツ認定医、日本体育協会スポーツ認定医。ひょうたんで作る「ひょうたんランプ」作家の顔も持つ。作家名は「瓢太」。

ヘモグロビンA1cが8週間で2%以上低下

 糖尿病の治療の基本が、食事と運動であることは、みなさん十分にご存じでしょう。かかりつけの医師に「運動をするように」と言われているかたも多いのではないでしょうか。
 しかし残念なことに、実際の臨床では、糖尿病に対する運動療法の効果はあまり上がっていません。正しい運動療法が指導されていないからです。

 そのため、十分な運動療法が行われないまま、薬物療法に移行する患者さんが少なくありません。
 この状況をなんとかしたいと考えた私は、糖尿病の治療に筋トレを取り入れ、成果を上げてきました。

 勤務医時代のデータでは、2型糖尿病の患者さん62名に週3回の筋トレと食事療法を行ってもらったところ、4週間で空腹時・食後血糖値とも大幅に下がり、8週間でヘモグロビンA1cが平均2・4%低下しました(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、6・5%を超えると、糖尿病の可能性大)。

 一般に、糖尿病の治療薬でも3ヵ月で0・8%程度の改善しかありませんから、筋トレの効果がいかに大きいかがわかります。
 しかし、「筋トレ」と聞くと、「そんなハードな運動は無理!」と思う人がいるかもしれません。

 しかし、私が勧めている筋トレは、たったの二つ。「スクワット」と「プッシュアップ」だけです。これを週3回、15~20分行うだけで、目覚ましい効果があるのです。

 実際の症例をご紹介しましょう。

●Aさん(39歳・男性)

 高血圧の治療で通院していたAさんは、2016年7月の血液検査で、今まで正常だったヘモグロビンA1cが、いきなり11・1%に上がっていました。「即入院」になってもおかしくない数値です。
 この時点から、Aさんに運動療法を指導し、食事にも少し気をつけてもらいました。すると、その翌月にはヘモグロビンA1cが9・7%になり、翌々月には6・6%に下がったのです。1年半たった現在も、6%前後で安定しています。また、100㎏を超えていた体重が、92㎏になりました。
 Aさんは病歴が浅い症例ですが、もっと長い慢性糖尿病患者さんの例もご紹介します。

●Bさん(44歳・男性)

 EDの治療で泌尿器科に行き、糖尿病を指摘されて、当院を受診しました。EDのような糖尿病の合併症は、発症するまでに5~10年はかかりますから、Bさんの糖尿病歴もそれくらいはあると思います。

 初診時のBさんのヘモグロビンA1cは11・8%と高く、本来は入院が必要ですが、体の状態が悪くなかったので、外来で運動療法を始めました。また、病気への意識を持ってもらうために、軽い糖尿病の薬(グリコラン)も処方しました。

 すると、2ヵ月ほどでヘモグロビンA1cが下がり、半年後には6%台になりました。この時点で、薬はやめて運動だけにし、1年たった現在、ヘモグロビンA1cは6・3%です。

 お二人とも若い患者さんですが、70代、80代という高齢の患者さんでも、筋トレで改善した例は、数多くあります。

やればやるほど筋肉に糖が取り込まれる

 一般的に日本では、糖尿病の運動療法として、ウオーキングが推奨されています。
 もちろん、ウオーキングのような有酸素運動でも、インスリンの抵抗性(インスリンが体内で効きにくくなっている状態)は改善しますが、効果が出るまでに時間がかかります。しかも、一日に1万5千~2万歩歩かないと、効果が出ません。

 しかし筋トレなら、きちんと行えば、1ヵ月後には効果が出ます。それは、以下のような理由によります。

①血中の糖が使われる

 運動をするとき、筋肉を動かす主なエネルギー源は、筋肉中に蓄えられたグリコーゲンです。これは、ブドウ糖が鎖のようにたくさんつながったもので、これを分解して、エネルギーのもとを作ります。
 このグリコーゲンがなくなったとき、筋肉は血中の糖を引き込んでグリコーゲンを再合成します。そのため、筋トレすればするほど、血中の糖が使われて、血糖値が下がるのです。
 しかも、グリコーゲンの再合成にインスリンは関与しませんから、インスリン分泌が低下した糖尿病患者でも、効果が期待できます。 

②筋肉が太くなる

 筋トレをすると、筋肉が引き伸ばされて小さな傷ができます。翌日体を休めると、その傷は修復され、その修復によって筋肉が少し大きくなります。
 それをくり返すことによって、筋肉は太く、大きくなっていきます。
 筋肉が大きくなれば、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)が上がり、エネルギーを燃やしやすくなります。それによって糖が消費され、太りにくい体になるのです。

 中高年以降、糖尿病患者が増えるのは、運動不足によって筋肉が萎縮するからです。
 血中の糖の8割は、筋肉で使われますから、筋肉が萎縮すれば、そのぶん糖が使われなくなり、糖尿病を発症しやすくなります。実際に、2型糖尿病患者の筋肉量は、健常人の半分程度しかありません。

 では、どの筋肉がいちばん減るのかというと、人体の中で最も大きい、太もも前部の筋肉(大腿四頭筋)です。
 私が勧める筋トレでは、スクワットで大腿四頭筋を、プッシュアップで胸の大きな筋肉(大胸筋)を鍛えます。こうした大きな筋肉を鍛えると、より効率よく基礎代謝が上がり、糖を消費しやすくなります。

 このように、筋トレは、非常に理にかなった糖尿病の運動療法です。しかも、「カッコイイ体になる」というおまけつきですから、糖尿病のかたに限らず、ダイエットや健康維持のためにも、ぜひやっていただきたいと思います。
 ただし、毎日すると筋肉が大きくなりませんから、1日おきにするといいでしょう。

糖尿病を撃退する筋トレ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】