【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました。「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです。【体験談】塩田幸雄(無職・83歳)


「入院が必要なほど重い」と言われ大ショック

 2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました(身長は160cm)。

「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、6・5%を超えると、糖尿病の可能性大)。

 当時はのどの渇きもひどく、先生から「これは入院が必要な糖尿病だ」と言われて、大ショックでした。

 それまで、ヘモグロビンA1cが問題になったことはありませんでした。しかし、この受診の少し前に、仲のよい友人を亡くしたばかりでしたから、そのショックで、糖尿病という病が顔を出したのかもしれません。

 宇佐見先生の話では、私のようにヘモグロビンA1cが高くても、筋トレをしっかりやれば、入院しなくても大丈夫とのこと。それを聞いて、「とにかく、がんばってみよう」と心に決めました。

 それからは、毎週月曜日と金曜日に、宇佐見先生のクリニックで開かれている運動教室に通っています。先生から、水曜日も自宅でするように言われていますが、一人でするのはさすがにつらく、やっていません。
 その代わり、運動教室には必ず出席しています。その回数は、もう254回目を迎えました。この2年半、一度も休んだことがありません。それが、私の自慢です。

 運動教室では、スクワットとプッシュアップの筋トレを10回ずつ、交互に3セットずつ行います。しかし、この年齢ですから、最初は「きつい」なんてものではありませんでした。とても全部はできず、最後までできるようになったのは、30回目を過ぎてからです。

 それにしても、これだけ回数をやっていれば、少しはらくになりそうなものですが、今でもやはりきついです。それでもがんばれるのは、この運動が、間違いなく自分のためになっているからです。

ぎっくり腰、ひざ痛も起こらなくなった

 筋トレの効果は、思った以上に早く現れました。あんなに高かったヘモグロビンA1cが、翌々月には6・7%に下がり、その後ずっと、6・5%前後で落ち着いています。

 一時、6・0%まで下がったこともありますが、私のような高齢者は、下がりすぎるのもよくないそうです。また、これはいいのか悪いのかわかりませんが、急激に落ちた体重も、元に戻りました。

 さらに、ひざの痛みもなくなりました。私は体重が86kgあるので、何をするにもひざに負担がかかってつらく、特に、階段の上り下りは地獄のようでした。一段上るたびに、ひざ関節にギクッという痛みが走り、這うように上っていました。這うように上るのは今も同じですが、痛みはまったくありません。

 また、以前はギックリ腰をよく起こしていましたが、それも起こらなくなり、腰痛とも縁が切れました。肩こりもないし、カゼをひいたりしても、治りが早くなったような気がします。ですから、83歳という自分の歳を忘れそうです。

 さらに、精神面でも強くなったと思います。筋トレを続けてきたこのがんばりが、あらゆる面で生きていて、困難なことに直面しても「できないわけがない」という自信につながっています。

 ただ、残念なのは、体重が少しも減らないことです。先生から、甘い物や果物はあまり食べないようにと注意されていますが、もともと甘い物が好きなうえに、福島は果物がおいしいので、つい食べてしまいます。これを改めていたら、もっとやせて、カッコいい体形になっていたかもしれません。

 このように、これだけ体によい運動ですから、休んだら損します。体が動く限り、続けるつもりです。 

→「筋トレ」の解説とやり方はコチラ

年齢に関係なく効果が得られる(うさみ内科理事長 宇佐見啓治)

 70代、80代という高齢の患者さんでも、筋トレをすることで、ヘモグロビンA1cや血糖値は改善します。塩田さんはその好例で、まじめに筋トレに取り組むことで、薬を使わなくても、糖尿病のコントロールができています。

「筋トレはきつい」と思うかたもいるかもしれませんが、初めはきつくても、続けていれば必ずできるようになりますし、それとともに、効果も確実に上がってきます。まずはできる範囲でいいので、ぜひトライしてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】