医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【整形並み】息子の彼女に間違われるほど!「耳輪ゴム」の若返り効果

【整形並み】息子の彼女に間違われるほど!「耳輪ゴム」の若返り効果

普通の主婦だった私が、「さとう式リンパケア」の勉強を始めたのは、テレビで佐藤青児先生の肩こり解消メソッドを見たのがきっかけです。現在、上級インストラクターの資格を取って、1年10ヵ月になります。耳輪ゴムは、その名のとおり、耳に輪ゴムをかけるだけ。これだけでその場で小顔になります。【体験談】石部まや(自営業・38歳)


鼻の形まで変わる!

 普通の主婦だった私が、「さとう式リンパケア」の勉強を始めたのは、テレビで佐藤青児先生の肩こり解消メソッドを見たのがきっかけです。現在、上級インストラクターの資格を取って、1年10ヵ月になります。

 さとう式リンパケアには、いろいろなセルフケアメソッドがありますが、どれもとても簡単にできて、副作用もなく、すぐ効果が出るものばかり。その中でも、最も「簡単!」といえるのが、「耳輪ゴム」です。

 耳輪ゴムは、その名のとおり、耳に輪ゴムをかけるだけ。これだけで本当にその場で顔が引き上がり、小顔になります。
 試しにみなさんも一度、左右どちらかの耳に輪ゴムをかけて、顔の変化を見てみてください。輪ゴムをかけてすぐに、かけた側のフェイスラインが引き上がるのがわかります。さらに、肩を回してみましょう。輪ゴムをかけたほうが軽く、回しやすいと実感できるはずです。

 私自身も、1年ほど前に耳輪ゴムのことを知ってから、ほぼ毎日実践し、現在までにさまざまな効果を実感しています。
 まずはフェイスラインが引き締まり、輪郭がシャープになりました。口角も上がっています。
 肌の状態もよくなりました。以前の私は、肌のたるみによる毛穴の開きが目立ち、小鼻の黒ずみや、目の下の小ジワ、たるみなども気になっていました。

 それが現在では、「近くで見ても、毛穴が見えない」と言われるほどの肌になり、小鼻の黒ずみや目の下の小ジワ、たるみも消えたのです。

 以前は、しっかりファンデーションをぬってフルメイクをしていましたが、今はポイントメイクのみで、ファンデーションはぬっていません。ぬらないほうが、肌がきれいに見えるからです。肌自体も柔らかくモチモチで、触ってもらうと、みなさんに「赤ちゃんの肌みたい!」と驚かれます。

 あと、すごいのが「鼻の形が変わる」ということ。小鼻が小さくなって、鼻の穴もタテになり、立体感が出るのです。
 加齢などにより、顔の筋肉が固まると、それに引っぱられて、鼻が横にペッタリと広がりがちになるのですが、それが、耳に輪ゴムをかけるだけで戻るのです。

 鼻の印象が変わると、全体の印象も変わります。本当に、整形並みの効果です!

 加えて、バストが3カップアップして、DカップからFカップになりました。私は、もともと胸はわりとあるほうでしたが、出産して授乳をしたことで、胸がけっこうしぼんでしまいました。それが、現在ではFカップでもきついくらいで、もうこれ以上大きくならなくてもいい、という感じです。

 胸自体が大きくなるというよりは、姿勢が整うことで、胸の位置が上がることと、アンダーバストが細くなることで、バストアップにつながるのです。

まるで別人のように変わった!

 耳輪ゴムのやり方はこちら

「髪の毛が増えた」というお客さまもいる

 私は現在、さとう式リンパケアの施術をしており、サロンにいらっしゃるお客さますべてに、セルフケアとして、耳輪ゴムをお勧めしています。

 まず、初めは左右どちらかの耳に輪ゴムをかけてもらい、ご自身でその変化を見ていただくのですが、みなさん、即効性に驚かれます。特に、肩の痛みやこりが即座に改善した、という実感をお持ちになるかたが多いですね。

 続けていると、肌の状態もよくなるので、シワやシミ、目のくまが消えた、という声も多く聞かれます。頭皮のこりやこわばりも取れて軟らかくなるので、「髪の毛が増えた」などの声も聞かれます。

 それと、不思議なことに、みなさんどんどん若返っていかれます。
 私自身も、現在38歳ですが、うれしいことに「20代?」とよく言われます。中学3年生の息子がいるのですが、先日、息子といっしょに歩いていたら、「彼女ですか?」と聞かれたこともありました(笑)。

 こういう話をすると、「私はもう年で、シワもたくさんあるし、たるんでるし、もういいわ」というかたもいるかもしれません。

 でも、あきらめは禁物です。年は関係ありません。そういうかたのほうが、耳輪ゴムの効き目は顕著に出ます。
 逆に言えば、「若返りの伸びしろがある」ということ。ラッキーだと思って、まずはやってみませんか? 絶対、変われるはずです!

現在。20代にしか見えない!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


「脳マッサージ」で顔はここまで変わる!  雑念が消えてスッキリ前向きに

「脳マッサージ」で顔はここまで変わる! 雑念が消えてスッキリ前向きに

上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

言い訳だらけの人生に決別できた「脳マッサージ」顔の印象も明るく変化!

わかったのは、私が「言い訳だらけの人生」を送ってきたということでした。うまくいかないことがあると、「親のせいだ」「お金がないせいだ」と、常に何かのせいにし、被害妄想の意識にとらわれて生きたのです。【体験談】伊藤千恵(セラピスト・50歳)


面長・しゃくれを自力で改善「1分小顔矯正術」内臓下垂を正すと顔が変わる!

面長・しゃくれを自力で改善「1分小顔矯正術」内臓下垂を正すと顔が変わる!

顔が長い人には共通した特徴があります。体の前側に肩が巻き込まれた姿勢で、バストが下がって肋骨下部が広く張り出し、下腹がポッコリと出た人が多いのです。頭蓋骨は、たくさんの骨が歯車のように複雑に嚙み合ってできていて、連動しながら柔軟に形を変えています。【解説】山口さゆり(小顔矯正サロン・ボディクラシック代表)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)