【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


取るべきはオレイン酸、リノレン酸、注意すべきはリノール酸、トランス脂肪酸

それでは、良質な脂質について説明しましょう。
まず、脂質には、大きく分けて2種類あります。

一つは、飽和脂肪酸です。
動物性脂肪に多く含まれており、漢字で「脂」と書きます。

もう一つは、不飽和脂肪酸です。
植物油や魚油に多く含まれ、漢字で「油」と書きます。

不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の数によって、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。
一価不飽和脂肪酸の代表格は、オレイン酸です。

いわゆるオメガ9系に属し、オリーブオイルやアボカド、アーモンドなどに多く含まれています。
オレイン酸には、LDL(悪玉)コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

糖尿病のかたは、積極的にオレイン酸を摂取しましょう。
多価不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の位置によって、オメガ3系とオメガ6系に分類されます。

オメガ3系の不飽和脂肪酸といえば、α‐リノレン酸です。
エゴマ油や亜麻仁油、シソ油、クルミなどに含まれ、中性脂肪を減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあります。

また、魚油に豊富な、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系です。
どちらも、動脈硬化を防ぐ働きがあり、生活習慣病の予防・改善に力を発揮します。

魚を食べれば、これらを多く摂取できます。
オメガ6系の不飽和脂肪酸は、リノール酸やアラキドン酸が有名です。

菜種油、ゴマ油、ヒマワリ油などに含まれています。
オメガ6系は、「悪い脂肪酸」という印象がありますが、血糖値や血圧、血中コレステロール値の低下、血栓(血液の塊)の予防など、大切な機能を持っています。

ただ、過剰摂取すると、動脈硬化の進行やアレルギー症状の悪化などの弊害が出るので、注意が必要です。
オメガ3系とオメガ6系は、どちらも体内で合成することができない必須脂肪酸です。

そのため、食品からとるしか方法はありません。
摂取するバランスも大切です。オメガ3系とオメガ6系を摂取するときは、1:4の割合が理想とされています。

しかし、現代の日本人は、この摂取バランスが1:10と、極端にくずれてきているのです。
肉や乳製品中心の食事になれば、やはり動脈硬化の原因になります。

欧米人に追随するように、日本人の脳梗塞や心筋梗塞が激増しているのには、こうした背景があるのです。
食事メニューとしては、古き良き伝統的な和食がお勧めです。

和食にすれば、魚を食べる機会が増えるので、自然とオメガ3系の比率が高まります。
また、ダイズ製品もα‐リノレン酸が含まれているので、意識して食べましょう。

和食を作ったり食べたりするのが難しい人は、まず、オメガ3系と9系の食品や油を積極的にとるように心がけましょう。
オメガ6系は、意識しなくても不足することは、ほとんどありません。

前述したように、過剰摂取にだけ注意しましょう。
そして、なるべく避けてほしいのが、トランス脂肪酸です。

化学処理を施して人工的に作られた脂肪酸のことで、主にサラダ油やマーガリン、ショートニングなどに使われています。
LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らすうえ、アレルギー疾患の発症リスクが高まるという、まさに危険な油です。

原材料名に、「ショートニング」「植物油脂」「加工油脂」「ファットスプレッド」と書かれた食品は、すべてトランス脂肪酸が含まれているので、避けるようにしましょう。

良質な脂質の積極的摂取で、ヘモグロビンA1cが7%から5%に下がった

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。
2年前から私のクリニックに通っているAさん(55歳・女性)は、糖質制限食によって、ヘモグロビンA1cが7%台から5%台に下がりました。

さらに、合併症予防のため、良質な脂質を積極的にとるように勧めたところ、動脈硬化の原因の一つであるプラーク(血管内壁の脂肪の塊)が減り、動脈硬化が改善したのです。
また、血管年齢も測定したところ、1年間で5歳も若返っていました。

Aさんは、血流がよくなったことで、体が軽くなったと喜んでいます。
当然、血糖値も全く問題ありません。

私自身、糖尿病ではありませんが、遺伝的な脂質異常症なので、オリーブオイルやエゴマ油を摂取するように心がけています。
そのおかげか、LDLコレステロール値は下がり、肌の調子もよくなっています。

糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。
良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)