MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)

取るべきはオレイン酸、リノレン酸、注意すべきはリノール酸、トランス脂肪酸

それでは、良質な脂質について説明しましょう。
まず、脂質には、大きく分けて2種類あります。

一つは、飽和脂肪酸です。
動物性脂肪に多く含まれており、漢字で「脂」と書きます。

もう一つは、不飽和脂肪酸です。
植物油や魚油に多く含まれ、漢字で「油」と書きます。

不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の数によって、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。
一価不飽和脂肪酸の代表格は、オレイン酸です。

いわゆるオメガ9系に属し、オリーブオイルやアボカド、アーモンドなどに多く含まれています。
オレイン酸には、LDL(悪玉)コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

糖尿病のかたは、積極的にオレイン酸を摂取しましょう。
多価不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の位置によって、オメガ3系とオメガ6系に分類されます。

オメガ3系の不飽和脂肪酸といえば、α‐リノレン酸です。
エゴマ油や亜麻仁油、シソ油、クルミなどに含まれ、中性脂肪を減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあります。

また、魚油に豊富な、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系です。
どちらも、動脈硬化を防ぐ働きがあり、生活習慣病の予防・改善に力を発揮します。

魚を食べれば、これらを多く摂取できます。
オメガ6系の不飽和脂肪酸は、リノール酸やアラキドン酸が有名です。

菜種油、ゴマ油、ヒマワリ油などに含まれています。
オメガ6系は、「悪い脂肪酸」という印象がありますが、血糖値や血圧、血中コレステロール値の低下、血栓(血液の塊)の予防など、大切な機能を持っています。

ただ、過剰摂取すると、動脈硬化の進行やアレルギー症状の悪化などの弊害が出るので、注意が必要です。
オメガ3系とオメガ6系は、どちらも体内で合成することができない必須脂肪酸です。

そのため、食品からとるしか方法はありません。
摂取するバランスも大切です。オメガ3系とオメガ6系を摂取するときは、1:4の割合が理想とされています。

しかし、現代の日本人は、この摂取バランスが1:10と、極端にくずれてきているのです。
肉や乳製品中心の食事になれば、やはり動脈硬化の原因になります。

欧米人に追随するように、日本人の脳梗塞や心筋梗塞が激増しているのには、こうした背景があるのです。
食事メニューとしては、古き良き伝統的な和食がお勧めです。

和食にすれば、魚を食べる機会が増えるので、自然とオメガ3系の比率が高まります。
また、ダイズ製品もα‐リノレン酸が含まれているので、意識して食べましょう。

和食を作ったり食べたりするのが難しい人は、まず、オメガ3系と9系の食品や油を積極的にとるように心がけましょう。
オメガ6系は、意識しなくても不足することは、ほとんどありません。

前述したように、過剰摂取にだけ注意しましょう。
そして、なるべく避けてほしいのが、トランス脂肪酸です。

化学処理を施して人工的に作られた脂肪酸のことで、主にサラダ油やマーガリン、ショートニングなどに使われています。
LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らすうえ、アレルギー疾患の発症リスクが高まるという、まさに危険な油です。

原材料名に、「ショートニング」「植物油脂」「加工油脂」「ファットスプレッド」と書かれた食品は、すべてトランス脂肪酸が含まれているので、避けるようにしましょう。

良質な脂質の積極的摂取で、ヘモグロビンA1cが7%から5%に下がった

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。
2年前から私のクリニックに通っているAさん(55歳・女性)は、糖質制限食によって、ヘモグロビンA1cが7%台から5%台に下がりました。

さらに、合併症予防のため、良質な脂質を積極的にとるように勧めたところ、動脈硬化の原因の一つであるプラーク(血管内壁の脂肪の塊)が減り、動脈硬化が改善したのです。
また、血管年齢も測定したところ、1年間で5歳も若返っていました。

Aさんは、血流がよくなったことで、体が軽くなったと喜んでいます。
当然、血糖値も全く問題ありません。

私自身、糖尿病ではありませんが、遺伝的な脂質異常症なので、オリーブオイルやエゴマ油を摂取するように心がけています。
そのおかげか、LDLコレステロール値は下がり、肌の調子もよくなっています。

糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。
良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt