MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
生活習慣病を改善!リコピン吸収率を高める「ホットトマトジュース」を朝飲むとよい!

生活習慣病を改善!リコピン吸収率を高める「ホットトマトジュース」を朝飲むとよい!

私は、長年にわたり、トマトの健康への寄与成分について研究してきました。なかでも、特に注目したいのが、リコピンという成分です。リコピン摂取のために、さらにお勧めの工夫があります。それは、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜ、加熱して飲む方法です。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授)

トマトジュースの常飲でヘモグロビンA1cが低下

私は、長年にわたり、トマトの健康への寄与成分について研究してきました。
なかでも、特に注目したいのが、リコピンという成分です。

リコピンは、トマトの赤い色を作る色素で、活性酸素を消去する強い抗酸化作用があることで知られています。
活性酸素は、細胞を傷つけ、生活習慣病や老化の原因となる物質です。

血液中のLDLコレステロールが、活性酸素によって酸化すると、悪玉コレステロールという過酸化脂質に変わります。
つまり、古い油となるのです。

それが、血管内皮に入り込むことで動脈硬化が起こり、高血圧や、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こします。
しかし、リコピンは、血中のLDLコレステロールなどに蓄積されるため、いち早くリコピンが活性酸素を消去し、過酸化脂質の発生を抑えてくれるのです。

ですから、リコピンをたくさんとると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防・改善に役立つと考えられます。
実際に、糖尿病の患者さん12名を対象にした、次のような臨床データがあります。

試験内容は12名を二つのグループに分け、一方のグループには、トマトジュースを毎日1本(200ml、うちリコピン含有量は28mg )飲み続けてもらいました。
もう一方は、トマトジュースを飲まないグループです。

すると、平均値が7.9%だったトマトジュースを飲んだグループのヘモグロビンA1cは、摂取1年後に6.8%まで低下したのです。
そして、少人数の試験ではありますが、飲まないグループとのヘモグロビンA1cの平均値にも、大きな差が出ました。

ところで、リコピンは、どんなトマトにも同じ量が含まれているのでしょうか。
実は、そうではありません。

日本では、トマトを生で食べる機会が多いため、生産量の約9割を、皮の薄いピンク系のトマトが占めています。
これらは、100g 中のリコピン含有量が約3〜5mgと、あまり多くありません。

一方、トマトを調理して使うことが多いヨーロッパでは、皮の厚い赤系のトマトが主流です。
日本でもトマトケチャップやトマトジュースには、赤系のトマトが使用されます。

こちらには、リコピンが100g 当たり、約10mgも含まれるのです。
ですから、リコピンを摂取するうえでは、リコピン含有量の多い、赤系のトマトから作られるトマトジュースのほうが効率的といえます。

オリーブオイルと加熱でリコピン吸収率がアップ

リコピン摂取のために、さらにお勧めの工夫があります。
それは、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜ、加熱して飲む方法です。

私たちは、次の実験を行いました。
成人女性13名にご協力いただき、トマトジュースをそのまま飲んだときと、オリーブオイルを加えて飲んだときの、血中へのリコピン吸収率を比べてみました。

すると、そのまま飲んだときよりも、オリーブオイルを加えて飲んだときのほうが、吸収率が約4.5倍も高いという結果になったのです。
また、別の実験では、オリーブオイルをかけただけの生のトマトよりも、オリーブオイルを使って加熱調理したトマトのほうが、リコピンの吸収率が高いことが明らかになっています。

さらに、オリーブオイルは、ほかの植物油と比べ、最もリコピンの吸収率を向上させる油だとわかりました。
リコピンの吸収率は、時間によって異なります。

吸収率が最も高いのは朝で、次に夜、そして昼、の順です。
また、吸収量も、朝が最も多いと報告されています。

これらの研究結果を考え合わせると、「トマトジュース」を、「オリーブオイル」と混ぜて、「温めて」「朝に飲む」のが、最もリコピンを摂取しやすい方法、といえるのです。
ちなみに、ヨーロッパの人に比べると、日本人のトマト消費量は10分の1程度。

1人当たりの年間消費量は8.3kgで、1日に換算すると、ミニトマトを1〜2個しか食べていない計算になります。
リコピンの優れた健康効果を考えれば、もっと積極的にトマトを摂取してほしいものです。

糖尿病を改善したいかたや、血糖値がやや高めで心配なかたは、ぜひオリーブオイル入りのトマトジュースをお試しください。

ホットトマトジュースの作り方

稲熊隆博
1952年生まれ。大阪府出身。帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授。農学博士、技術士。同志社大学大学院工学研究科博士課程(前期)修了後、カゴメ株式会社に入社。カゴメ㈱総合研究所主席研究員を経て、現職。トマトをはじめ、野菜のスペシャリストとして研究を重ねている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt