MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。それは、トマトです。トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成 分が豊富に含まれています。この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)

糖尿病の人は血中のリコピン濃度が低い!

私のクリニックには糖尿病外来があり、糖尿病の患者さんが多く来院します。
糖尿病を改善するには、食事や運動が大きな比重を占めるので、食事や運動のアドバイスは、治療の基本中の基本といえます。

例えば、炭水化物・たんぱく質・脂質の三つが三大栄養素と呼ばれていることは、皆さんもご存じでしょう。
しかし、栄養素ごとに血糖値の上昇率は、全く異なります。

炭水化物(糖質)を100%とすると、たんぱく質は50%、脂質が10%。つまり、糖質は、脂質の10倍も血糖値を上昇させる働きがあるのです。
このため、糖尿病を改善するには、どうしても糖質の摂取を制限する必要があります。

そこで、当院では糖質を、「1日の摂取量を150g以内に抑える」「1回の食事では50g以内」「間食は10g以内」といった目安で、糖質制限を実践してもらいます。
糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。

それは、トマトです。
トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成分が豊富に含まれています。

リコピンには、病気や老化の原因となる活性酸素を消す、強力な抗酸化作用があります。
その効力は、ビタミンEの100倍以上ともいわれているのです。

興味深いことに、糖尿病のかたの血液を調べると、血中のリコピン濃度が低い傾向にあります。
糖尿病は、血液中に含まれる糖の量が増え、血管などを障害する病気です。

血液中の糖を細胞内に取り込む働きをしているのが、血糖値を調節する、インスリンというホルモンです。
活性酸素が増えると、このインスリンの効きが悪くなります。

それが、糖尿病を発症させ、悪化させる要因となります。
リコピンは、過剰な活性酸素消去し、インスリンの効きをよくするため、糖尿病によい影響をもたらすのです。

また、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンに、アディポネクチンという物質があります。
これは、いわば、「超善玉ホルモン」です。

これが増えると、血糖値や血圧が下がり、内臓脂肪が減るなど、多くの健康効果をもたらします。
リコピンが、このアディポネクチンを増やすことも、動物実験でわかっています。

ヘモグロビンA1cが 6.2→5.8に降下!

では、この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、どうしたらよいのでしょうか。
私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。

トマトジュースには、完熟した赤いトマトがふんだんに使われます。
そのリコピンの含有量は、市販のトマトの約3倍を誇ります。

ですから、生のトマトを食べるよりも、効率的にリコピンを摂取できるのです。
また、トマトジュースにオリーブオイルを加えて摂取すると、リコピン吸収率が4.5倍にアップした、という研究データもあります。

リコピンは、脂溶性の性質を持つため、油といっしょに摂取することで、吸収率が高まります。
ですから、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜて飲めば、リコピンをより多く摂取できるのです。

加熱すれば、スープのような味わいになり、さらに飲みやすいでしょう。
私が、トマトジュースの健康効果についてテレビ番組でお話ししたところ、大きな反響がありました。

そして、私のクリニックの患者さんで、トマトジュースを試したいというかたが現れました。
ある50代の男性は、ヘモグロビンA1cが6.2%でした。

やや高めという程度ですが、少し気になるので、数値を下げたいというご希望でした。
ところが、食事内容に気をつけてはいますが、血糖値に変化がなかなか現れません。

とはいえ、治療薬を使って無理に下げるほど悪くはない状態です。
そこで、毎朝1杯のトマトジュースを飲んでもらったところ、およそ半年で、ヘモグロビンA1c が、5.8%まで下がったのです。

この男性以外にも、トマトジュースで血糖値が下がったかたはいらっしゃいます。
トマトジュースを食生活にプラスしただけで得たその効果に、私も驚きました。

ただ、なかにはトマトジュースが苦手というかたもいるでしょう。
その場合は、トマトをたっぷり使ったスープや煮込み料理を作りおきし、毎日食べるとよいでしょう。

リコピンは、熱に強いので、調理をしても減ることはありません。
なお、生のトマトを選ぶ際は、フルーツトマトは糖度が高いため、注意が必要です。

リコピンは、1日当たり15㎎とるといいでしょう。
継続してとることが大切です。生のトマトなら3〜4個、トマトジュースならコップ1杯分で補える量です。

糖尿病の予防・改善のための一助として、トマトやトマトジュースを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

解説者のプロフィール

泰江慎太郎
銀座泰江内科クリニック院長。
三重大学医学部医学科卒業。
京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。
京都大学医学部附属病院などを経て、2012年、銀座泰江内科クリニックを開院。
合併しやすい糖尿病と心臓病(循環器)を包括的に診療するため、日本糖尿病学会と日本循環器学会の二つの分野で専門医資格を取得。

●銀座泰江内科クリニック
https://www.ginza-ys-clinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)