医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

【血糖値を下げたい】朝1杯のトマトジュースが糖質制限に効果的と専門医が回答

糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。それは、トマトです。トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成 分が豊富に含まれています。この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


糖尿病の人は血中のリコピン濃度が低い!

私のクリニックには糖尿病外来があり、糖尿病の患者さんが多く来院します。
糖尿病を改善するには、食事や運動が大きな比重を占めるので、食事や運動のアドバイスは、治療の基本中の基本といえます。

例えば、炭水化物・たんぱく質・脂質の三つが三大栄養素と呼ばれていることは、皆さんもご存じでしょう。
しかし、栄養素ごとに血糖値の上昇率は、全く異なります。

炭水化物(糖質)を100%とすると、たんぱく質は50%、脂質が10%。つまり、糖質は、脂質の10倍も血糖値を上昇させる働きがあるのです。
このため、糖尿病を改善するには、どうしても糖質の摂取を制限する必要があります。

そこで、当院では糖質を、「1日の摂取量を150g以内に抑える」「1回の食事では50g以内」「間食は10g以内」といった目安で、糖質制限を実践してもらいます。
糖質制限食を行う際の補助食として、私がお勧めしたい食材があります。

それは、トマトです。
トマトには、血糖値を上げにくくする「リコピン」という成分が豊富に含まれています。

リコピンには、病気や老化の原因となる活性酸素を消す、強力な抗酸化作用があります。
その効力は、ビタミンEの100倍以上ともいわれているのです。

興味深いことに、糖尿病のかたの血液を調べると、血中のリコピン濃度が低い傾向にあります。
糖尿病は、血液中に含まれる糖の量が増え、血管などを障害する病気です。

血液中の糖を細胞内に取り込む働きをしているのが、血糖値を調節する、インスリンというホルモンです。
活性酸素が増えると、このインスリンの効きが悪くなります。

それが、糖尿病を発症させ、悪化させる要因となります。
リコピンは、過剰な活性酸素消去し、インスリンの効きをよくするため、糖尿病によい影響をもたらすのです。

また、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンに、アディポネクチンという物質があります。
これは、いわば、「超善玉ホルモン」です。

これが増えると、血糖値や血圧が下がり、内臓脂肪が減るなど、多くの健康効果をもたらします。
リコピンが、このアディポネクチンを増やすことも、動物実験でわかっています。

ヘモグロビンA1cが 6.2→5.8に降下!

では、この有用なリコピンを効率的に摂取するためには、どうしたらよいのでしょうか。
私がお勧めしたいのは、トマトジュースです。

トマトジュースには、完熟した赤いトマトがふんだんに使われます。
そのリコピンの含有量は、市販のトマトの約3倍を誇ります。

ですから、生のトマトを食べるよりも、効率的にリコピンを摂取できるのです。
また、トマトジュースにオリーブオイルを加えて摂取すると、リコピン吸収率が4.5倍にアップした、という研究データもあります。

リコピンは、脂溶性の性質を持つため、油といっしょに摂取することで、吸収率が高まります。
ですから、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜて飲めば、リコピンをより多く摂取できるのです。

加熱すれば、スープのような味わいになり、さらに飲みやすいでしょう。
私が、トマトジュースの健康効果についてテレビ番組でお話ししたところ、大きな反響がありました。

そして、私のクリニックの患者さんで、トマトジュースを試したいというかたが現れました。
ある50代の男性は、ヘモグロビンA1cが6.2%でした。

やや高めという程度ですが、少し気になるので、数値を下げたいというご希望でした。
ところが、食事内容に気をつけてはいますが、血糖値に変化がなかなか現れません。

とはいえ、治療薬を使って無理に下げるほど悪くはない状態です。
そこで、毎朝1杯のトマトジュースを飲んでもらったところ、およそ半年で、ヘモグロビンA1c が、5.8%まで下がったのです。

この男性以外にも、トマトジュースで血糖値が下がったかたはいらっしゃいます。
トマトジュースを食生活にプラスしただけで得たその効果に、私も驚きました。

ただ、なかにはトマトジュースが苦手というかたもいるでしょう。
その場合は、トマトをたっぷり使ったスープや煮込み料理を作りおきし、毎日食べるとよいでしょう。

リコピンは、熱に強いので、調理をしても減ることはありません。
なお、生のトマトを選ぶ際は、フルーツトマトは糖度が高いため、注意が必要です。

リコピンは、1日当たり15㎎とるといいでしょう。
継続してとることが大切です。生のトマトなら3〜4個、トマトジュースならコップ1杯分で補える量です。

糖尿病の予防・改善のための一助として、トマトやトマトジュースを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

→【トマトジュース】オリーブオイルでリコピン吸収率アップ!

解説者のプロフィール

泰江慎太郎
銀座泰江内科クリニック院長。
三重大学医学部医学科卒業。
京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。
京都大学医学部附属病院などを経て、2012年、銀座泰江内科クリニックを開院。
合併しやすい糖尿病と心臓病(循環器)を包括的に診療するため、日本糖尿病学会と日本循環器学会の二つの分野で専門医資格を取得。

●銀座泰江内科クリニック
https://www.ginza-ys-clinic.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)