【柔道整復師解説】全身のコリは「骨盤ほぐし」で解消できる!不眠が治り、9kg痩せを実証済

【柔道整復師解説】全身のコリは「骨盤ほぐし」で解消できる!不眠が治り、9kg痩せを実証済

「腰が痛くて長時間同じ姿勢で座れない」「いつも肩が重い」「ひざの痛みで歩くのもままならない」といった症状にお悩みのかたは多いのではないでしょうか。 このような体の痛みやコリの多くは、骨盤のゆがみが原因だと私は考えています。【解説】竹内武男(柔道整復師・鍼灸師)


仙骨と腸骨をつなぐ重要な関節のゆがみを直す

「腰が痛くて長時間同じ姿勢で座れない」「いつも肩が重い」「ひざの痛みで歩くのもままならない」といった症状にお悩みのかたは多いのではないでしょうか。
このような体の痛みやコリの多くは、骨盤のゆがみが原因だと私は考えています。

骨盤は、いわば体の屋台骨です。
骨盤の上に全身を支える背骨が乗っており、S字状のカーブを描いてその先の重い頭を支えています。

しかし、骨盤がゆがんでいると、全身のバランスがくずれ、背骨やひざに余計な負荷がかかります。
それが、背骨や各関節を支える筋肉の過緊張を招き、腰やひざ、股関節の痛みを引き起こすのです。

また、姿勢が悪くなると重たい頭を支えきれず、首にも過度な負担がかかります。
よく、背中を丸めて頭を前につき出しているかたを見かけるでしょう。

それは、骨盤がゆがんで背骨が曲がっている証拠です。
その姿勢が慢性化すると、見た目が悪くなるだけでなく、首・肩のコリ、五十肩、頭痛などを招くのです。

姿勢の悪化が招く不調は、これだけではありません。
体のバランスが悪いと、内臓の位置も本来あるべき正しい位置からずれて、圧迫されます。

それが、臓器の機能低下や血流の悪化につながります。
内臓疾患の一因にもなりかねません。

実際、治療院で多くの患者さんと接してきましたが、骨盤のゆがみを整えることで、便秘やアレルギー疾患が改善したり、肥満が解消したりしたかたは多くいらっしゃいました。
しかし、骨盤がゆがんでいると自覚していても、治療に通うのが難しいかたも多いでしょう。

そこで、自宅で簡単にできるセルフケア法として考案したのが「骨盤ほぐし」です。
その名のとおり、こりかたまった骨盤の関節をやわらかくほぐし、ゆがみを直す体操です。

骨盤には、中央に仙骨、それを挟む形で腸骨という骨がありますが、この二つの骨をつなぐ関節を仙腸関節といいます。
骨盤ほぐしは、この仙腸関節のゆがみを直します。

さらに、骨盤を支えている大腰筋と腸骨筋という重要な筋肉の緊張も緩和されます。
これらの筋肉のこわばりをほぐすことも、骨盤のゆがみ矯正には欠かせません。

曲がった腰がその場でまっすぐになり驚いた!

骨盤ほぐしは、とても簡単な動作なので、1回につき2分ほどでできるでしょう。
寝ながら行い、特別な道具はいりません。
行っているうちに体の緊張がほぐれて、心身ともにリラックスしていきます。

実際に骨盤ほぐしで症状が改善した例をご紹介しましょう。

75歳の女性Aさんです。
Aさんは、若いときからひどい頭痛に苦しんできました。
そのせいで、夜も眠れないことが多かったといいます。

さらに年を重ねるにつれ、腰痛や肩こりも慢性化し、まさに全身が不調といっていい状態でした。
そこで、私がAさんに骨盤ほぐしを指導したところ、それ以降、朝晩に行ったそうです。

そしてしばらく続けていると、ある日、頭痛が全く起こらなくなっていることに気がついたといいます。
さらに、腰痛や肩こりも解消して、夜もグッスリ眠れると喜んでいました。

Aさんのように腰痛や肩こり、頭痛が解消したかたは、実に多くいらっしゃいます。
私は現在、体操教室でこの骨盤ほぐしを教えていますが、ひざや股関節の痛みが改善したり、その場で曲がった腰がまっすぐになったりしたかたもいました。

珍しい例としては、アトピー性皮膚炎が改善した中学生の女の子もいました。
骨盤ほぐしを毎日行うようにしてから3ヵ月で、カサカサに乾燥していた肌に潤いが出て、とてもキレイになったのです。

おそらく、骨盤のゆがみによって圧迫されていた臓器の働きが活性化し、血流が改善したことが影響したのではないでしょうか。

実は、何を隠そう私自身も、骨盤ほぐしの効果を身をもって実感している1人です。

今から10年以上も前になりますが、当時の私は、長年にわたる仕事の疲労もあり、体はボロボロの状態でした。
関節はかたく、骨盤もゆがんでいたと思います。
腰や股関節などが痛み、慢性的な疲労感や不眠症状など、さまざまな不調を抱えていました。

しかし、骨盤ほぐしを毎日行っているうちに、慢性的な疲労感が徐々に抜けてきたのです。
寝つきもよくなって、毎晩グッスリと熟睡できるようになりました。

以前は、坂を上るとすぐに息が切れて胸が痛くなったものでした。
しかし、足が軽くなり息を切らすことなく軽快に歩けるのです。

かたかった股関節もやわらかくなり、可動域が広がりました。
おかげで、股関節や腰の痛みも感じなくなったのです。

そしてなにより驚いたのが、体重が自然に落ちたことです。
もともと、75kgだった体重が66 kgにまで減少しました(身長166cm)。

もちろん、特別な運動や食事制限はいっさいしていません。
おそらく代謝がよくなったのでしょう。

このように骨盤ほぐしが有効なのは、私が身をもって実証済みです。
若々しく元気な体づくりに、ぜひお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)