【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

私の歯科医院では、あごや歯の治療と並行して、足の指の調整を行い、症状の改善に効果を上げています。足の指の調整を行って、体のゆがみを取り除くことで、症状の再発を防ぐこともできるのです。【解説者】笠茂享久(笠茂歯科医院院長)


足裏の緊張が緩むポイントが中指にある

私の歯科医院では、あごや歯の治療と並行して、足の指の調整を行い、症状の改善に効果を上げています。
足の指の調整を行って、体のゆがみを取り除くことで、症状の再発を防ぐこともできるのです。

あるとき、「あごが痛くて口を開けられない」という女子中学生が来院しました。
私はあごの治療より先に、足の中指(第3趾)の調整を行いました。
すると、あごには全く触れなかったのに、口が開くようになったのです。

また、「噛み合わせが悪い」と受診した40代の女性には、足の指を調整したのちに、噛み合わせの治療を行いました。
そして、自宅でも「足の中指もみ」を行うように勧めました。
すると2ヵ月後には、噛み合わせが治り、そればかりか、口角が上がってほおの位置が高くなり、あごがスッと細くなって小顔になりました。

現代人は、前かがみの姿勢を取る時間が長く、足を組んだり、ほおづえをついたり、利き腕だけで作業をしたりするため、どうしても体がねじれたままになりがちです。
これが、骨格のゆがみにつながります。

骨格のゆがみは顔にも影響し、噛み合わせが悪くなったり、あごが痛くなったり、顔がゆがんだり、ほうれい線ができたりします。
必要に応じて歯科治療を受けるのはもちろんですが、セルフケアとしてお勧めしたいのが、「足の中指もみ」です。

やり方をご紹介しましょう。

左足の中指から始めます。
もむ場所は、中指のつけ根にある、左右の2ヵ所のくぼみです。
この場所は、足の裏を前後に引っ張る足底筋膜と、指と指の間をつなぐ浅横中足靭帯が交差しています。
そのため、ここをもみほぐすと、足裏の緊張が緩み、重心が体の真ん中にきて、全身のバランスが整うのです。

足の中指の根元に、乳液やクリームなどを塗って滑りをよくしておきます。
顔に塗った余りで十分です。

足の甲を左右からつかみ、手の親指を、足の中指の根元の左右にあるくぼみに当てます。
指先をくぼみに入れるようにして、「痛気持ちいい」くらいの強さで2~3分押しもみします。

右足の中指も、同様に刺激しましょう。

私たちの体は、睡眠中に細胞が修復され、正しい状態に戻ろうとします。
ですから、足の中指もみも、就寝前に行うと効果的です。

それ以外にも、いつ、何回行ってもかまいません。
テレビを見ながら、音楽を聴きながら、行うといいでしょう。

重心が体の中心を通れば筋肉に負担がかからない

皆さんは、小学生か中学生のときに、理科室で全身骨格標本を見たことがあるでしょう。
骨の一つ一つはバラバラで、細い糸でつながれていたはずです。

標本の示すとおり、人体の骨は、靭帯や腱などの組織でつながっていますが、本来バラバラです。
ですから、骨を取り囲む筋肉や筋膜の状態によって、骨の位置は簡単に変わります。

もちろん、これは体を動かすために必要な機能です。
ただ、直立したときに骨が正しい位置にあり、バランスの取れた、体に負担のかからない状態でいることは、実際には非常に難しいことなのです。

バランスの取れた状態とは、重心が体の真ん中を通っていること。
重力線(地球の中心に向かう線)に対して、体の中心が重なると、私たちは最小限の力で立つことができます。
余計な力を入れず、筋肉に負担をかけず、楽に立てるのです。

しかしながら、重心がきっちりと体の中心を通っている人は、ほとんどいません。

私たちが2本足で体重を支えた状態で、作業をしたり動き回ったりする際に、重力線と体の中心が合わなくなり、ねじれが生じます。
すると、筋肉の一部が緊張し、骨の位置もずれます。
これが固定し、体調不良の原因となっているケースが多いのです。

体のゆがみや不調を感じている人は、重心を体の中心に戻すために、足の中指もみを試してください。
患者さんのなかには、肩こりや頭痛が改善した人もいます。
毎日の習慣にするといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【整形並みの威力】ブルドッグ顔・だんご鼻を引き締める「顔ヨガ」の効果を写真が証明!

【整形並みの威力】ブルドッグ顔・だんご鼻を引き締める「顔ヨガ」の効果を写真が証明!

顔は生まれつきだから変えられない。年相応だから、シワもたるみもしかたない。そう思っていませんか?と・こ・ろ・が!顔にある「表情筋」という筋肉を動かせば、たるみは引き締まり、シワが消え、目もパッチリと、変化するのです。そうです。顔は、よくなります!【解説】間々田佳子(顔アスリート・顔ヨガ講師)


【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)